新型肺炎、どう予防、対策したらいい

新型肺炎、予防、対策

新型肺炎、どう予防、対策メニュー

新型肺炎、予防、対策①

新型肺炎、予防、対策②

新型肺炎、予防、対策まとめ

新型肺炎、予防、対策①

新型肺炎で亡くなる方が増えて来ている中で、予防・対策をしたいならば手っ取り早いのはマスクを付けることです。 ただし、原因である新型コロナウイルスは目には見えないので、手や顔にすでについている可能性があります。

その状態でマスクをしても、逆効果になってしまいます。 マスクを着用するときには、手洗いや洗顔などをして清潔な状態にしてからのほうがいいです。

そのマスクですが、すべての商品が同じではありません。 花粉の大きさは30ミクロンであるのに対ししてウイルスは1ミクロン以下です。

今回の場合にはわずか0.1ミクロンと電子顕微鏡を使ってようやく確認できるくらいの大きさしかありません。 花粉用の目の粗いマスクだと、ウイルスは通過します。

実際には患者が咳をしたときに飛び散る飛沫は、つばの水分を含むのでもう少し大きいですが、万全を期すならば0.1ミクロンでもしっかりと捉えるマスクであったほうがいいです。

なので、薬局やドラッグストアで商品を購入するときには、マスクの性能をよく確認しておきましょう。 ちなみに、マスクをつけるときには鼻を覆っていない人がいますが、それでは意味がありません。 ちゃんと予防・対策をしたいのであれば口と鼻を覆うようにしましょう。

新型肺炎、予防、対策②

新型肺炎の予防・対策をする上で、注意するべきことはウイルスに接触をしないようにすることです。 では、どういう場面で接触をするのかというと、患者が触った階段の手すりやドアノブを掴んだり、患者と話してツバが飛んできたときが考えられます。 でも街を歩いて、すれ違う人にぶつかったという程度では感染するリスクは低いので、そこまで怖がる必要がありません。

ということで、ウイルスのついているところに触った手やツバがついた服について考えなければいけないのですが、手は手洗いをすれば、ウイルスを除去できます。

水洗いでもある程度の効果はありますが、石鹸を使うほうが望ましいです。 あと手洗い後に消毒用アルコールを吹き付けることで感染のリスクを抑えることができます。

消毒用アルコールは服にも吹き付ければ効果がありますから、携帯用をかばんなどに入れておき、外出先でも服や手に吹き付けておくと良いでしょう。 もし、携帯用の消毒用アルコールを持っていなくても、公共施設やスーパーなどの入り口に置かれている事が多いので気がついたときに使えば安心です。



新型肺炎、予防、対策まとめ

・新型肺炎で亡くなる方が増えて来ている中で、予防・対策をしたいならば手っ取り早いのはマスクを付けることです。 ただし、原因である新型コロナウイルスは目には見えないので、手や顔にすでについている可能性があります。 その状態でマスクをしても、逆効果になってしまいます。 マスクを着用するときには、手洗いや洗顔などをして清潔な状態にしてからのほうがいいです。

・花粉の大きさは30ミクロンであるのに対ししてウイルスは1ミクロン以下です。 今回の場合にはわずか0.1ミクロンと電子顕微鏡を使ってようやく確認できるくらいの大きさしかありません。 花粉用の目の粗いマスクだと、ウイルスは通過します。 実際には患者が咳をしたときに飛び散る飛沫は、つばの水分を含むのでもう少し大きいですが、万全を期すならば0.1ミクロンでもしっかりと捉えるマスクであったほうがいいです。 なので、薬局やドラッグストアで商品を購入するときには、マスクの性能をよく確認しておきましょう。 ちなみに、マスクをつけるときには鼻を覆っていない人がいますが、それでは意味がありません。 ちゃんと予防・対策をしたいのであれば口と鼻を覆うようにしましょう。

・新型肺炎の予防・対策をする上で、注意するべきことはウイルスに接触をしないようにすることです。 では、どういう場面で接触をするのかというと、患者が触った階段の手すりやドアノブを掴んだり、患者と話してツバが飛んできたときが考えられます。 でも街を歩いて、すれ違う人にぶつかったという程度では感染するリスクは低いので、そこまで怖がる必要がありません。 ということで、ウイルスのついているところに触った手やツバがついた服について考えなければいけないのですが、手は手洗いをすれば、ウイルスを除去できます。 水洗いでもある程度の効果はありますが、石鹸を使うほうが望ましいです。 あと手洗い後に消毒用アルコールを吹き付けることで感染のリスクを抑えることができます。 消毒用アルコールは服にも吹き付ければ効果がありますから、携帯用をかばんなどに入れておき、外出先でも服や手に吹き付けておくと良いでしょう。 もし、携帯用の消毒用アルコールを持っていなくても、公共施設やスーパーなどの入り口に置かれている事が多いので気がついたときに使えば安心です。



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック URL

https://kenko072ch.xyz/life/2000/trackback

PAGE TOP