鬼龍院翔“10年二股”報道を罰ゲームで謝罪

一般女性との結婚を発表した直後に

別の女性と“二股交際”していたことが報じられた

バンド「ゴールデンボンバー」のボーカル・鬼龍院翔。

その“落とし前”の付け方に賛否が集まっている。

 

9月4日に一般女性との入籍を発表した鬼龍院だが、

わずか4日後に「文春オンライン」によって妻とは別の女性と10年間にわたって男女の関係を持っていたことが報じられることに。

報道後、鬼龍院はブログで「10年来仲良くしている女性の友人がいることは事実」

「私のことで傷付けてしまっていましたら大変申し訳ございません」と謝罪するも、

ネット上では「最低」「女性が不憫すぎる」といった鬼龍院への批判が集まっていた。

 

そんな鬼龍院は、19日夜にニコニコ生放送「月刊ゴールデンボンバー」に出演し、

“10年二股交際”を改めて謝罪。

 

1分ほど頭を下げた後に、自身が考案したという“罰ゲーム”を受け始めたのだ。

 

「配信の冒頭、メンバー3人やマネージャーが鬼龍院にビンタ。

 

謝罪コメントを涙目で語った後に、“くさや風船爆弾”“激辛わさび寿司”“人間ルンバ”など、

自分で考えたという7つの“罰ゲーム”にチャレンジするという内容でした。

 

約1時間の配信で、制作費はすべて鬼龍院持ちだったというそうで、

好意的に受け止めるファンも少なからず多かったようです」(スポーツ紙記者)

 

「ゴールデンボンバーらしく体を使って謝罪をさせて頂きたいと思います」

「本日は原点に返る気持ちで」などと神妙に語り、ゲームが終わるたびに謝罪していった鬼龍院。

企画に込めた意図に共感したファンも少なくなかったのか、

配信後、SNSには評価する声が上がっていた。 《楽しかったです》

《謝罪SP面白かった~これぞ鬼龍院翔よ!》

《そこまでする必要ないのにと思いながらたくさん笑った》

《ニコ生お疲れさまでした!》

 

しかし、二股交際報道への“禊”が罰ゲームであることに疑問を抱く人も少なからずいたようだ。

 

《十年以上も事務所公認の彼女として付き合っていたのに、女性としては辛すぎる》

《ネタにすんなよ》

《10年は長いし、結婚もしたかっただろうに》

《信用できないのでファンを辞めます》

《捨てられた女性に謝らないんですかね。謝る相手がちがう》

鬼龍院が“二股交際報道”で失ったものは、けっして少なくはないようだーー。

<女性自身>

 

女が好きなのは、わかったが、10年二股をしていたのは、ある意味、頭がいっているね

よほど、妻が嫌だったのか、生活が苦しかったのか、そのよりどころを浮気に走ったのかも。

 

男もいろいろだね。

 

カテゴリー スキャンダル・暴露芸能 タグ .

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください