百田尚樹さん「高市が負けたら、日本は苦難の道を行くことになる。今度の総裁選は、日本の未来がかかっている」ツイート

9月17日告示、29日に投開票が予定されている、自民党総裁選。
13日までに岸田文雄議員、高市早苗議員、河野太郎議員が出馬を表明している。

作家の百田尚樹さんは高市議員を押すと宣言し、

自身が出演している「虎ノ門ニュース」でも「ガンガン押しまくる」とツイート。

 

その言葉どおり、「虎ノ門ニュース」には2週連続で高市議員が生出演。

 

また、同じく番組出演者の有本香さんとの共同企画で、

高市議員を招きネットの生放送を行うなどして話題となっている。

今、いろんなメディアが、総裁選では河野が勝つ、みたいな記事を書いてる。
勝負は何が起こるかわからないが、高市が負けたら、日本は苦難の道を行くことになる。
今度の総裁選は、日本の未来がかかっている。

とツイート。

今、『日本国紀』の最後の加筆修正を行なっているところだが、この本の最後は日本憲政史上初の女性総理大臣の誕生で締めたい!
日本の始まりは天照大御神とするなら、まさに素晴らしき対比。

と続け、しばらく後に

高市さんが総裁選に負けたら、今回の衆院選では自民党に投票するのはやめる。

ともツイートを行っていた。ツイートはそれぞれ反響を呼び、さまざまな意見が寄せられていたようである。

 

<Twitter、ガジェット通信>

 

ここまで、ツイートすると狂気すら感じる

政治背景がすごいことになっている。

 

本当に日本の政治は変わるだろうか、コロナになって、

今までの価値観が激変している世の中で、昔の思想をもったやからしかいない政治家に何ができるのだろう

新しい考え方と革命を起こさない限り、何も変わらず、胡坐をかいた政治家がはびこる世の中になってしまうだろう

カテゴリー コロナスキャンダル・暴露ニュース タグ .

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください