妊婦コロナ感染、沖縄8月急増162人

県は8月31日、新たに10代から90代の計554人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。


先週火曜日より196人減少し、6日連続で先週と同じ曜日を下回った。

また、県は8月1~29日までに、新型コロナに感染した妊婦が162人になったと発表した。

8月に入って急増した現状に、県の糸数公医療技監は「感染により早産が起きやすい事例もある。感染予防のため、主治医の了解のもと、ワクチン接種を検討してほしい」と述べた。

妊婦の感染は春から増加し、4月22人、5月35人、6月30人、7月34人だったが、8月は162人で前月比約5倍となった。

20~30代で感染が拡大したことが要因とみられる。

県によると、感染した妊婦の出産は県立中部病院と琉大病院が対応していたが、宮古島市や石垣市、北部病院でも対応できるように調整しているという。また、治療のため入院できる病院を拡充するという。

31日の感染者のうち、感染経路が確定した271人の内訳は、家族内195人、職場内22人、施設内14人、友人・知人17人、飲食5人、その他18人だった。入院患者は703人(重症32人、中等症534人)。

重症者の病床占有率は83%だった。

糸数技監は「重症者や妊婦の対応で医療現場のひっ迫は続いている」とし、新規感染者は減少傾向だが「学校再開もあり、気を緩める状況ではない」と述べた。  米軍関係の感染は30人だった。


<琉球新報社>


びっくり、日に日にコロナの感染者が増えている、
大丈夫なのか、沖縄
東京よりも人口比率的に高い、全国一
ワクチン対象を沖縄にいるひとに早く対応して、
感染率をさげないと医療体制が崩壊してロックダウンするだおう





カテゴリー スキャンダル・暴露健康 タグ .

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください