WHO、「ミュー株」を注目すべき変異株に

【AFP=時事】世界保健機関(WHO)は8月31日、
1月にコロンビアで最初に確認された
新型コロナウイルス変異株「ミュー株」を注視していると明らかにした。

WHOは新型ウイルスのパンデミック(世界的な大流行)に関する週次報告で、
「B.1.621」系統のミュー株を「注目すべき変異株(VOI)」に分類したと明らかにした。

WHOは、
ミュー株にワクチン耐性を持つ恐れのある変異があると説明した上で、
さらなる研究によって理解を深める必要があると強調した。

WHOは現在、
「懸念される変異株(VOC)」に
アルファ株とベータ株、ガンマ株、デルタ株の4種を、
その次に警戒されるVOIにミュー株を含む5種を分類している。
<AFP=時事>

ミュー株は、コロンビア以外の南米諸国と欧州でも確認されている。

WHOによると、ミュー株の有病率は世界では減少して0.1%未満となっているが、コロンビアでは39%となっている。【翻訳編集】 AFPBB News

人類はコロナと共存しないと生きていけないのかもしれないですね。

カテゴリー 健康新型コロナ タグ .

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください