熱中症とは、熱失神・熱けいれん・熱疲労・熱射病の4つの症状について

熱中症とは何か、一から知りたい方へ

夏になると注意が呼びかけられる熱中症。
漠然としたイメージはあっても、はっきりどんなものなのか分かっているという方は、あまり多くないのではないでしょうか。
以下に、熱中症とはどのようなものなのか、熱中症について下記を参考にしてください。

熱中症とは、実は総称

意外なことかも知れませんが、そもそも熱中症とは総称なのです。
総称というのは、同じ系統のものをまとめていう時の名前のことです。
人間の体というのは、暑い環境にさらされますと、体の調子がおかしくなってしまうことがあります。
どのように調子がおかしくなるかについては、いろいろと種類があるのですが、いずれも暑さによる熱が原因となっていますので、それらを総合して熱中症と呼んでいるのです。
ですから、熱中症がどのようなものなのかについて知るためには、熱中症に含まれている中身を個別に見ていく必要があります。
熱中症に含まれている中身の代表的なものとしましては、熱失神、熱けいれん、熱疲労、熱射病の4つがあります。
それぞれの具体的な内容については、以下に個別にご紹介します。

熱中症の中身とは(1):熱失神

熱中症の症状の中には、めまいがしたり、顔色が極端に悪くなったり、あるいは一時的に気を失ってしまったり、というものがあります。
これらのケースは、熱中症の中の、熱失神と呼ばれるものです。ちなみに、失神とは気を失うということです。
熱失神は、脳に流れる血液の量が一時的に減ることによって発症します。
たとえば、かんかん照りの校庭に長時間、立っていたりすると、下半身に血が貯まりやすくなります。
下半身に血が貯まるということは、上半身の血液が、その分、減るということです。そのため、脳の血液の量が減り、めまいなどの症状が出やすくなるのです。
また、暑い状態を改善するため、肌の表面に近いところの血管が通常より広がって、いつもより多くの血液を流すようになります。その分、脳に回る血液の量が減って、めまいなどになりやすくなるのです。
熱中症の熱失神とは、このように暑さに関連して脳の血液の量が一時的に減ってしまい、その結果、めまい等の症状が出るというものです。

 

 

スポンサードリンク


熱中症の中身とは(2):熱けいれん

熱中症の症状の中には、筋肉が痛みと共にけいれんするものや、筋肉痛を感じるものがあります。
これらのケースは、熱中症の中の、熱けいれんと呼ばれるものです。足がつったりするような状態をイメージしていただければと思います。
熱けいれんの原因は、血液の中の塩分が薄くなり過ぎてしまったことです。
血液の中には塩分が溶け込んでいて、ふだんは一定の濃さに保たれています。
しかし、暑さによって大量に汗をかきますと、汗と一緒に塩分も外に出てしまいます。
そして、塩分が少なくなった状態で、塩分を補給せずに、ただ水分だけを補給しますと、少ない塩分に大量の水分が加わりますから、さらに薄くなってしまいます。
熱中症の熱けいれんとは、このように血液の中の塩分が薄くなり過ぎてしまったために、けいれんなどの症状が出るというものです。

熱中症の中身とは(3):熱疲労

熱中症の症状の中には、全身のだるさや吐き気、頭痛などを感じるものがあります。
これらのケースは、熱中症の中の、熱疲労と呼ばれるものです。
熱中症の熱疲労とは、汗のかき過ぎなどによって脱水症状になってしまい、その結果、頭痛などの症状が出るというものです。

ちなみに脱水症状とは、体の中の水分が少なくなり過ぎてしまうことです。
熱疲労の状態で、自力では水分や塩分の補給ができない場合には、病院への搬送をおすすめします。また、病院へ到着するまでの間にも、できるだけ体温が下がるよう、工夫してください。

熱中症の中身とは(4):熱射病

熱中症の症状の中には、体がふらついたり、会話がおかしくなったり、意識がなくなってしまうものがあります。
これらのケースは、熱中症の中の、熱射病と呼ばれるものです。
熱中症の熱射病とは、暑さによって体温が上がり過ぎてしまったために、脳に異常をきたし、体が正常に機能しなくなった状態のことです。
そのままにしておきますと、脳以外の部分にも異常が発生しますので、素早い対処が必要です。
死の危険もありますので、すぐに救急車を呼ぶなどし、できるだけ体温が下がるよう工夫しましょう。

熱中症とは何かに関するまとめ

最後に、熱中症とは何かについて、簡単にまとめさせていただきます。

 

・暑さによって起こる、熱失神、熱けいれん、熱疲労、熱射病を総称して、熱中症と呼ぶ。
・熱失神とは、脳の血液の量が一時的に減った影響で、めまいなどの症状が出るというもの。
・熱けいれんとは、血液の中の塩分が少なくなり過ぎて、筋肉がつったりするというもの。
・熱疲労とは、体が脱水症状を起こして、吐き気や頭痛などを感じるというもの。
・熱疲労で、自力で水分補給等できない場合には、すぐに病院へ。
・熱射病とは、体温が上がり過ぎた影響で脳の機能がおかしくなり、意識がなくなるなどの症状が出るというもの。
・熱射病は特に死につながりやすいため、すぐに救急車を呼ぶ等の素早い対処が必要。

 

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/984/trackback

PAGE TOP