熱中症の3つの原因を知り、対策して、暑い夏を乗り切ろう

熱中症はならないのが一番!熱中症の対策について知っておこう

暑い季節になると、特に注意が必要なのが熱中症です。

具合を悪くされる方が非常に多く、しかも最悪の場合、死に至る危険性もあるため、しっかりとケアしておく必要があります。

熱中症は、なってしまったあとの対処法も大切ですが、そもそも熱中症にならなければ、対処する必要もないわけです。

 

そういった意味では、きちんとした対策をとって、しっかり予防をするというのが、まずは最優先となります。

以下に熱中症の対策についてご紹介していきますので、参考にしていただければ幸いです。

 

熱中症の対策で知っておきたい、熱中症の3つの原因とは?

熱中症になってしまうのには、さまざまな原因があります。これらの原因を減らしていくことが、熱中症の対策へとつながっていきます。

体温が上がり過ぎて健康に害が出てしまうのが熱中症ですから、熱中症の原因とは、なぜ体温が上がり過ぎてしまうか、ということでもあります。

 

熱中症の原因には、大きく分けて、3つあります。

それぞれ、環境、行動、体となります。

このうち、環境とは、日射しの強さや気温、湿度などのことです。

日射しが強ければ体温も上がりやすくなりますし、また、気温が高いと体も一緒に温められてしまいます。

また、湿度が高い場合には、せっかく汗をかいても、なかなか蒸発してくれません。

 

スポンサードリンク



汗は蒸発しないと体温を下げる効果は期待できませんから、湿度が高くて汗が蒸発しにくい場合には、汗による体温調節はあまり効果がないということになります。

他にも、無風状態や、閉め切った部屋の中、あるいは、扇風機もエアコンも点けない、といった環境も、体温の上昇につながりやすいです。

次に行動についてですが、これは、どのような行動をとっているかによって、熱中症へのなりやすさが変わるということです。

 

具体的には、暑い中での激しい運動や、炎天下の屋外での長時間の作業などがあります。

特に、休憩をきちんととらず、水分の補給もしない状態だと、熱中症になる危険性は非常に高くなります。

最後の体とは、ご本人の体力や体調などのことです。

 

これは、同じ環境や行動でも、ご本人の状態などによっては、熱中症へのなりやすさが変わってくる、ということです。

たとえば、小さなお子様や高齢者の方の場合には、体温調節が効果的に行なわれない場合が多いため、熱中症になりやすい傾向があります。

また、体調が悪かったり、持病があるなどの体力面でのハンディがある場合も、熱中症になりやすいです。

熱中症対策には、これらの点を考慮しておく必要があるのです。

 

3つの原因に対応した熱中症の対策とは?

熱中症の原因には、環境、行動、体の3つがありますから、熱中症の対策も、それぞれに対応すると考えると、イメージしやすくなります。

まず、環境についてですが、屋内にいる場合には、部屋を閉め切らないようにするか、あるいは扇風機、うちわ等で適度に風が当たるようにする、ということです。

 

また、屋外にいる場合には、強い日射しを防ぐため、日傘を使う、できるだけ日陰に入る、などもよいでしょう。

次に行動についてですが、できれば、激しい運動や長時間の屋外での作業は避けた方が無難です。

しかし、現実的には、なかなか、そうもいかない場合もあるでしょう。

 

その場合には、時間を区切って日陰等に入り、休憩して体温を下げる、適度に水分や塩分を補給する等がおすすめです。

最後に体についてですが、小さなお子様や高齢者の方の場合には、体温調節の機能自体を上げることは難しいです。

 

そのため、熱中症になりやすいことを意識して、環境や行動について、特に注意を払っておく必要があります。

また、体調や持病等でハンディがある場合には、一年を通して、できる範囲での改善に努めておくことが大切です。

夏になってから改善しようと思っても、なかなか難しい面がありますので、長い目で見て、コツコツと努力しておくことが重要です。

 

スポンサードリンク


熱中症の対策に関するまとめ

以下に、熱中症の対策について、簡単にまとめさせていただきます。

 

・熱中症対策には、熱中症の原因を抑えることが重要。

 

・熱中症の原因には、環境、行動、体の3つがある。

 

・環境面では、強い日射しを避ける、適度に風に当たるなどすることが大切。

 

・行動面では、できれば激しい運動や長時間の作業は避け、やむを得ない場合には休憩を入れつつ、日陰で水分補給等、行なう。

 

・体に関しては、改善できるものは長期計画で改善し、改善できないものに関しては、ケアが必要だと理解して、きちんと注意しておくことが必要。

 

・特に、小さなお子様や高齢者の方の場合には、体温調節機能に限界がある場合が多いため、熱中症になりやすいので注意が必要。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/973/trackback

PAGE TOP