赤ちゃんの便秘の原因 対策 トラブルについて、母乳とマッサージ

赤ちゃんの便秘の原因や対策について知っておこう!

せっかく授かって生まれて来てくれた赤ちゃんですが、すくすくと何の問題もなく成長していくとは限りません。

たとえ大病を患わなくとも、生死には関わらないレベルのトラブルが大きな悩みの種になるというのは、よくあることです。

赤ちゃんの便秘も、そのひとつです。

 

とても苦しそうだったり、泣いてしまったりするその様子は、見ていて大変、心配になるものです。

ここでは赤ちゃんの便秘の原因や対策などについて、紹介していきます。

ぜひ参考になさってください。

 

赤ちゃんの便秘と母乳の関係とは?

赤ちゃんには最初、母乳かミルクをあげることになりますよね。

まず、大前提としてですが、ミルクよりも母乳の方が便秘になりにくい傾向にあります。

ですから、便秘を防ぐということからいえば、母乳の方がおすすめです。

 

しかし、ここでもうひとつ、気をつけておかなくてはいけないことがあります。

それは、母乳の量が足りているかどうか、ということです。

ミルクより母乳の方がいいからと母乳だけをあげていても、母乳の量自体が少ない場合には、便秘になりやすくなってしまうのです。

 

これは単純に、赤ちゃんのお腹の中に入る量が少な過ぎるからです。

大人でも同じなのですが、食べる量が少な過ぎると、便の量も少なくなってしまい、出せるほどではなくなってしまうのです。

 

これは、量自体が足りていないことによる便秘ですから、母乳をあげているかどうかは関係がありません。

ミルクより母乳の方が便秘になりにくいのは、量がきちんと足りている場合の話です。

 

量自体が足りていない場合には、母乳だけで育てるというのはあきらめられた方がよいかも知れません。

ただ、ミルクの場合には、あげた量がきっちり分かるのですが、母乳をあげている場合には、どのくらい赤ちゃんが飲んだのか、はっきりと分からないのも、また、事実です。

 

そこでおすすめなのが、赤ちゃんの体重の増え方をチェックすることです。

増え方が少な過ぎる場合には、あげている量が足りていない可能性があります。

 

 

スポンサードリンク


赤ちゃんの汗が、便秘の原因になることがある!?

意外なことですが、赤ちゃんが汗かきの場合には、それが原因で便秘になってしまうことがあります。

これは、汗をかき過ぎた結果、体の中の水分の量が足りなくなってしまうからです。

 

便をスムーズに出すためには、便が適度に軟らかくなくてはいけません。

ところが、汗をかき過ぎてしまって体の中の水分の量が少なくなりますと、便も水気が少なくなり、硬い便になってしまいます。

 

こうなりますと、便をスムーズに出すことができませんから、便秘になってしまうのです。

普通に水分をとらせてあげていると思っていても、汗のかき過ぎで、実は水分が足りなくなっていた、というケースもあります。

赤ちゃんが便秘の場合には、水分不足も疑ってみるとよいでしょう。

 

赤ちゃんの便秘を解消するには?

赤ちゃんの便秘を解消する方法としましては、マッサージや簡単な運動などがあります。

このうち、マッサージに関しては、マッサージする部位によって、いくつか種類があります。

代表的なものは、赤ちゃんのお腹や背中側のマッサージです。

 

お腹側の場合には、赤ちゃんをあお向けにして、お腹に「の」という字を書くように、時計の針と同じ方向に円を描いてマッサージをします。

背中側の場合にはその逆で、赤ちゃんをうつぶせにして、時計の針とは逆回りにマッサージをします。

つまり、「の」の字の裏返しになるようにマッサージをするわけです。

 

簡単な運動としましては、赤ちゃんの足の膝のところを持ってあげて、自転車をこぐ時のように動かしてあげるというものがあります。

股関節が動くように意識して行なうと、より効果的です。

 

ただし、赤ちゃんの体を動かすわけですから、できれば誰かにきちんと教えてもらうなどした方がよいでしょう。

なお、すでにご紹介しました母乳不足や水分不足が原因の場合には、そちらの改善もあわせて行なっていただければと思います。

 

赤ちゃんの便秘に関するまとめ

以下に、赤ちゃんの便秘について、簡単にまとめさせていただきます。

 

・ミルクより母乳をあげた方が、便秘になりにくい。

 

・母乳だけをあげていても、量が足りていない場合には、それが原因で便秘になることがある。

 

・母乳の量は把握しにくいので、赤ちゃんの体重がちゃんと増えているかどうかをチェックするとよい。

 

・体の中の水分の量が足りないと、便が硬くなってしまい、便秘になることがある。

 

・水分を十分にとっていても、汗のかき過ぎなどで、水分が足りなくなることがある。

 

・赤ちゃんの便秘を解消するには、マッサージや運動が効果的。

 

・マッサージでは、お腹の側は「の」の字になるように、背中の側は「の」の字の裏返しになるようにマッサージする。

 

・運動では、自転車をこぐように赤ちゃんの足を動かしてあげるとよい。

 

・母乳不足や水分不足が原因の場合には、そちらの対策もあわせて行なうこと。

 

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/953/trackback

PAGE TOP