膀胱炎で知っておきたい血尿の基礎知識ウイルス腎臓、膀胱、尿道

膀胱炎の血尿について知っておこう!

膀胱炎の症状のひとつに、血尿が出るというものがあります。
尿に血が混じるというのは見た目にショッキングでもありますし、非常に心配になるものです。
ここでは膀胱炎の血尿に関する基礎知識をご紹介していきますので、参考にしていただければ幸いです。

膀胱炎で知っておきたい血尿の基礎知識(1):
膀胱炎の血尿は、どこから出血しているの?

血尿とは、体の内部から出血した血液が尿に混じってしまっている状態のことです。
では一体どこから出血しているのかということになりますが、実は膀胱炎だからといって、かならず膀胱から出血しているとは限りません。
膀胱炎の血尿の出血場所は、腎臓、膀胱、尿道の3か所のうちのどれかです。
もちろん、出血しているということ自体が異常なことですので、注意が必要です。

 

スポンサードリンク


膀胱炎で知っておきたい血尿の基礎知識(2):
膀胱炎の血尿には、見ただけでは分からないものがある?

血尿と言えば、色自体がちがうのだから目で見ただけで分かる、とお考えの方が多いのですが、実はそうとは限りません。
実は血尿は、見た目によって2種類に分けられます。
目で見て分かる血尿のことを肉眼的血尿、そうでない血尿のことを顕微鏡的血尿と呼んでいます。
これは血尿全般に当てはまることですが、もちろん膀胱炎の血尿にも当てはまります。
ひとくちに血尿と言いましても、出血の量が少ない段階では、目で見ただけでは血尿と分かりません。

ただし、顕微鏡を使って観察すれば、尿に血が混じっていることが分かります。

これが顕微鏡的血尿です。
出血の量が多くなると、わざわざ顕微鏡を使わなくても、目で見ただけで血が混じっていることが分かるようになります。

肉眼で見て分かるレベルの血尿ですので、肉眼的血尿と呼んでいます。
ですから、

見ただけで血尿と分かるという場合には、すでに出血が多くなっている状態だとお考えいただければと思います。

膀胱炎で知っておきたい血尿の基礎知識(3):
膀胱炎の血尿は、早めに病院に行った方がいいの?

膀胱炎で血尿が出ている場合、早めに病院に行かれるのがおすすめです。
理由は2つあります。
ひとつは、前項でもお伝えしました通り、目で見て血尿と分かるということは、出血の量がすでに多くなっている状態だからです。
そして、

もうひとつは、その血尿が膀胱炎によるものかどうかは、病院できちんと確認しないと分からないからです。
実は、膀胱炎以外にも、症状として血尿が出る病気はたくさんあります。

しかも、中には深刻な病気もありますから、注意が必要です。
深刻な病気の一例としましては、腎がん、膀胱がんなどがあります。

 

また、

尿管結石などの結石の他、前立腺肥大症や腎炎など、さまざまな病気で血尿が出ます。
血尿が出る場合、このような病気のサインということも考えられますから、一度、病院できちんと検査してもらった方がよいのです。

 

スポンサードリンク


膀胱炎で知っておきたい血尿の基礎知識(4):
出血する膀胱炎の代表、出血性膀胱炎ってどんなもの?

膀胱炎の中には、出血性膀胱炎という名前のものがあります。
急性出血性膀胱炎と呼ばれることもあり、出血を伴う膀胱炎の代表的な存在です。
出血性膀胱炎の場合、目で見て分かるほどの肉眼的血尿で、しかも尿が白く濁っていないという特徴があります。

ちなみに白く濁っていないのは、膿が混じっていないからです。
なお、念のため書き添えておきますが、出血性膀胱炎以外の膀胱炎でも血尿が出ることはあります。

血尿が出る膀胱炎イコール出血性膀胱炎ではありませんので、ご注意ください。
出血性膀胱炎はウイルスが原因となることが多いのですが、中でもアデノウイルスというウイルスによって出血性膀胱炎になった場合には、薬による治療ができないという特徴があります。
これはなぜかといいますと、アデノウイルスに効果的な薬がまだ開発されていないからです。

そのため、アデノウイルスによる出血性膀胱炎の場合には、自然治癒を待つしかない、ということになります。
ただし、

アデノウイルスによる出血性膀胱炎を発症後、安静にする等、自然治癒のための適切な対応をした場合には、長くても10日程度で血尿は出なくなることが多いです。

ですから、それほど深刻に考える必要はありません。

 

膀胱炎の出血についてのまとめ

以下に、膀胱炎の出血について、簡単にまとめさせていただきます。

・膀胱炎の血尿に混じっている血は、腎臓、膀胱、尿道のいずれかから出血したもの。
・出血が少ない場合には、目で見ただけでは血尿とは分からない。
・目で見て血尿と分かるということは、すでに出血が多くなっている状態。
・膀胱炎以外の病気が原因で血尿が出ている可能性もあるから、きちんと検査を受けて確認しておくことが必要。
・出血性膀胱炎は、血尿を伴う膀胱炎の代表的な存在。
・アデノウイルスによる出血性膀胱炎は薬が効かないので自然治癒を待つしかないが、通常は10日もすれば血尿は出なくなる。

 

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/892/trackback

PAGE TOP