メッシも苦痛、尿管結石の悪夢、激痛、痛み止めも効かない!?

バルセロナのアルゼンチン代表
FWリオネル・メッシが、17日に行われた
FIFAクラブワールドカップ準決勝の
広州恒大(中国)戦を尿管結石で欠場したが、
痛み止めも効かないほどの激痛に
苦しんでいたことが明らかになった。

 

20日の南米王者リバープレートとの決勝戦出場に
暗雲が漂っている。
スペイン地元紙「マルカ」が報じている。

ウルグアイ代表FWルイス・スアレスの大会史上初となる
ハットトリックで3-0と快勝したバルサだが、
試合前には激震に襲われた。

 

メッシ バルセロナ 負傷 尿管結石

 

クラブが公式ツイッターでエースの離脱を発表。

メッシは腎臓内に結石ができていたために、
腹部に痛みを訴えたという。「重症ではないが、
究極の痛みだった。

 

結果としてアルゼンチンの魔法使いは
痛み止めを処方されたにもかかわらず、
ひどい夜を過ごした」と
記事ではレポートされている。

痛み止めも効果を持たないほどの激痛と
戦っているメッシは、
20日の決勝戦に間に合うだろうか。
<Soccer Magazine ZONE WEBより>

 

尿管結石について

尿管結石については、
尿を出すために必要な部分である管に
結石と呼ばれる石ができてしまい、
詰まってしまうことで
起こってしまう病気です。

尿を出すときに必要な部分である、
腎臓から尿管にかけて出てくる症状となっており、
どこかで石ができてしまうと、

それが詰まってしまうことで
強い痛みを出すようになります。

 

自然に出てくる人もいますが、
痛みが強くて
なかなか出てこないこともあります。

結石というのは、
基本的に体から出てくる老廃物の中から、
硬いものが残ってしまったことでできるものです。

これが自然と出てくる人は別にいいのですが、
詰まって痛みを出すような人は、
次々と尿管結石になってしまうことがあります。

再発も多く、苦労する病気の1つです。

 
 

尿管結石 症状について

この病気になってしまうと、
症状としては下腹部の痛みを
覚えるようになります。

詰まっている部分が相当痛くなってしまい、
立つことすらできないような
激痛になってしまうこともあります。

 

痛みに耐えられる人というのはいないので、
そのまま医師の診察を受けることが多く、
適切な処置を取ってもらうことになります。

場合によっては症状が出てこないまま、
色々な検査をしたら
結石がありますという話をされることもあります。

 

尿管結石というのは、
自覚症状が出てこないこともあり、
かなり小さなものであれば
特に影響が出ることはありません。

後からこうしたものが残っているから、
取り除くための措置を取っておきます
という話をされることもあります。

 

かなりの痛みが出やすいとされている
病気の1つとなっていますが、
小さいものが詰まっている場合は
自覚症状が出てこないので、
痛くも何とも無いケースがあります。

ただ
尿が分散するなどの問題が出ることもあります。

 

尿管結石 痛み

  

尿管結石 痛みについて

1度起こった人にしか
分からないといわれている尿管結石の痛みですが、
おなかが下痢などによって
痛むというのではなく、
チクチクとする激痛が
一気に襲い掛かってきます。

 

激痛となってしまうだけでなく、
突然のように
痛みが出てしまうことが多いので、
何も無い状態から
突然すごく痛い思いをすることになります。

 

結石が詰まってしまうと、
その部分の管がせき止められるようになり、
さらに管の中で
結石が色々な部分を刺激するようになり、
下腹部の激痛が襲い掛かるようになります。

 

ただ小さいものであれば、
そもそも痛くないといったこともあるので、
大きさによって
その違いは生まれてくるものと考えてください。

大きいものだと、
激痛どころか失神するくらいの
状態になるケースがあります。

 

この痛さというのは、
実際に大きな結石を
患ったことのある人じゃないと
分からないとまで言われています。

大きさによって
その痛さは大きく変わることとなり、
弱かったり相当強かったりと様々です。

 

尿管結石 原因とは

原因とされていることは、
メタボリックシンドロームなどの問題と
大体同じとされているので、
これを解消していけば
ある程度抑えることができます。

 

特に塩分の多いものを大量に食べている人、
夜間になると食事を大量に食べてしまう人が、
尿管結石になりやすいといわれています。

夜遅くになってから食べることは避けておけば、
結石ができる要因は減らせます。

 

またお酒についても、
結石を作ってしまう要因になっているので、
あまりのみ過ぎないように
気をつけなければなりません。

そのときは気にならなかったとしても、
その後で痛みが出てしまったり、
寝ている間に
結石ができて痛みが出てしまうこともあります。

 

基本的に太ることが
結石に繋がりやすいとされているので、
運動をしっかり行って、
石が作られないようにする
取り組みが重要になってます。

 

うまくやっていけば、
大きさを抑えることができるだけでなく、
そもそも石ができてしまうような
要素を取り除けるのです。

  

スポンサードリンク



 
 

尿管結石チェック項目

尿管結石のチェック方法については、
医師の診察を受けることが一番楽ですが、

それ以外の方法でも
確認することが可能となっています。

尿の出方に気をつけておくと、
もしかしたら
結石があるのかもしれないと考えられます。

 

シャワーのような出方をしている場合、
痛みがなくても
石が管に入り込んでいる可能性があります。

また、
メタボなどのチェックをしていくと、
一緒に結石についてのチェックも
可能となります。

 

もしメタボとなっていて、
尿の状態が酸性という
結果が出ていたのであれば、
かなり危ない状態と考えてください。

そのまま放置していると、
どこかで結石のできるような
状態になってしまうので、
尿の状態を変えるための
運動などを行う必要があります。

 

以下のような症状がでた場合は注意が必要です。

・尿を出すのに時間がかかってしまう
・尿を出す回数が多くなっており、
出した後もまだ残っているような状態が続いている

・尿の量があまりにも少ない状態である
・尿の中に石のようなものが混ざってでていることがある

・運動をした後に血の混じっている尿が出てくる

・背中の肋骨付近が延々と痛むが、
私生活に影響が出ることがない

・体のむくみが出て、なかなか解消しない
・メタボリックシンドロームの診断を受けている方

・尿検査で酸性と診断を受けている方、
または極端にアルカリ性の方

・野菜や海藻類をあまり食べていない方
・家族が結石を患ったことのある方
・痛風の経験を持っている方

 

尿管結石 食事治療(食事療法)について

尿管結石 治療のためには、
食事による方法も考えていかなければならず、

これによってある程度
抑え込むことが可能になります。

特に必要なのは食物繊維であり、
便秘などに効果のあるとされている成分として
着目されています。

 

これは結石を抑えることができる
要素でもありますので、
体の健康を保ちたいなら
摂取しておくと良いです。

またカリウムと呼ばれる成分が、
結石を作らないために必要なものとなっています。

カリウムは腎臓の炎症などを
引き起こすことを防ぐとされている成分で、
腎臓病の患者でなければ
必要量を取らなければなりません。

 

これを取っていれば、
結石を防げるようになり、
様々な症状を解消できることがあります。

オレンジなども、
かなり有効な食材とされていて、
食べることによって
防ぎやすくなることが分かっています。

 

基本的には、
野菜を中心とする生活に変えることにして、
欧米化と呼ばれるような
食事をしないように気をつけていれば、
治療を行うことができます。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/88/trackback

PAGE TOP