乳がん検診マンモグラフィ体験談病院で早期発見が大事

早期発見のためにも乳がん検診は大切 気になるマンモグラフィの痛みは?

芸能人や有名人ががんに疾患した、

闘病しているというニュースをよく見聞きすることが増え、

がん検診に関心を持つ人が増えています。

 

私も30歳になったことを機に

毎年乳がん検診や子宮がん検診を定期的に受けるようにしています。

 

20代の頃は婦人科に行くことにためらいがあったり、

検診を受ける場所が女性にとってデリケートな場所であることから、

恥ずかしいと思ったこともありましたが、

30歳になると友人の影響もあり、

自分の体のためにも率先して検診を受けるようになりました。

 

検診ではマンモグラフィ、エコー、視触診が3セットになっており、

その中でもマンモグラフィは痛みを伴います。

 

私もマンモグラフィを受ける前は

痛みがどのくらいなのか心配になり、

インターネットを使って体験した人の声を検索したりしました。

 

 

スポンサードリンク


人により耐えられないほどの痛みだったという声もあり、

とても怖くなったことがあります。

 

実際にマンモグラフィを体験してみると、

乳房を板で挟んで圧迫することから痛いものの、

耐えられる程度の痛みで拍子抜けしました。

 

ただ、

生理前になると普段から乳腺が張り胸が痛いむため、

生理前に一度マンモグラフィを受けた時は通常よりも痛みが強かったです。

 

痛いと言ってもそれが永遠に続くわけではなく、

マンモグラフィの検査は数分で終わります。

 

がんは早期発見することが大切であると言われるため、

自分の体のためにも多少の我慢は必要だと感じています。

 

私の場合、

年齢からも乳腺がよく発達しているため、

腫瘍ができていても、

マンモグラフィには写らないことがあると

医師から言わたことがあるため、

必ずエコー検査と視触診もしてもらうようにしています。

エコー検査も視触診も全く痛みはありません。

 

はじめのうちは恥ずかしいという気持ちもあり、

女性の医師がいるクリニックを探したこともありましたが、

慣れてしまえば何とも思わなくなり、

評判の良い先生やクリニックで診てもらうようにしています。

 

 

スポンサードリンク



 

病院で乳がん検診を受けるのは案外怖くない

乳がん検診は、

やっておいた方がいいかなという感じのモノでした。

人間ドックのオプションで受けたのが、

最初でした。

 

人間ドックですから、

エコー検査で、

これは比較的心理的にも

身体的にも負担が軽いものでした。

 

エコー検査は、

(機器の名前は分かりませんが)

ジェルを塗り、

ローラーのようなもの

(妊娠時に赤ちゃんの様子を見てもらっていたのと同じだと思います)で、

胸を調べてくれます。

 

どちらかと言えば、

ジェルが冷たくて身体がぎゅっと縮こまる感じと

ローラーでぐりぐりとなぞられることで、

くすぐったく感じます。

拍子抜けするくらい痛さはありません。

 

 

スポンサードリンク



 

エコー検査は、上半身を見せるので、

見たくないだろうけど先生ごめんなさいとさえ感じてしまいました。

上半身を見せるという壁を超えられるかどうかだけで、負担感はありませんでした。
毎年人間ドックで受診しているうちに、

今年も特に異常はないだろうと思っていたところで、

要精検という結果をいただきました。

 

次は病院で精検です。

こちらは緊張しました。

マンモグラフィーが予想されたからです。

痛い、

二度と嫌だというようなことばかり聞かされていたからです。

 

実際、

撮影機がある無機質なレントゲン室は、

寒々として圧迫感さえ感じました。

初めてでしたから、

何をどうされるのかという緊張感もありました。

 

片胸づつ上下から挟んだ写真と

左右から挟んだ写真の4枚を撮影してもらいます。

確かに痛いのですが、一瞬で済みます。

自分の身体のリズムで、

生理前などで胸が張るような時期があると思います。

 

そのような時期に

マンモグラフィーを選ばないのもコツかもしれません。
結果的に良性のものらしかったのですが、

やはり定期的に診てもらうようにしています。

 

胸にあるアレが大きくなっているのかと、

不安に思っているよりも、

まぁまだありますねというように、

自分で納得できるからです。

 

緊張もありますが、

乳がん検診もやってみたら意外と怖くないというのが印象です。

自分の身体や家族のために定期的に病院に行こうと思っています。
 

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/879/trackback

PAGE TOP