子供の咳が止まらないときの原因と対策

夜間、寝ている間でも、子供の咳が止まらないと、
子供だけでなく、親にとっても非常につらいものです。

咳が止まらないと、
じゅうぶんな睡眠をとることもできませんから、
回復も遅くなってしまいます。

子供の咳が止まらないのには、
どのような原因が考えられるのか、

また、
そのような時の対策はどうしたら良いのでしょうか。

 

咳が出る原因

咳が出る原因として、
まず考えられるのが、風邪ですが、
止まらない程に咳が続いている場合には、
ただの風邪ではない場合も
考えられるので注意が必要です。

咳が続いているとき、他の症状として、
どういったものがあるのか、
しっかりと観察して確認することが大切になります。

 

まず、
鼻水が出ているか、
高熱が出ているかなどについてです。

熱が高く、咳も激しい場合には、
早急に医師の診察を受けることが必要となってきます。
もし、
熱がなくて、または、熱があっても、
それほど高くなく、元気もある、という場合には、
鼻水が出ているか、について観察します。

鼻水として垂れてこないからといって、
鼻水が出ていないと考えるのは、
正しい判断とはいえない場合があるので
注意が必要です。

 

特に、

鼻が詰まっているような場合、
また、
起きているときよりも、
横になって寝ているときの方が、咳がひどくなる、
といったケースでは
鼻水がのどから流れおちていっている場合があります。

 

スポンサードリンク


鼻をかむことで、鼻水を取り除くことができれば、
それほど問題はないのですが、
どんどん、鼻水や痰がのどに流れていってしまうと、
しだいに、気管にまで到達してしまい、
気管支炎を引き起こすことにもなりますので、
注意が必要です。

 

ですから、

そのような可能性がある場合には、
気管支炎を疑って、受診することが大切になります。

咳というものは、
体内の異物を体から出すためにも必要なものですし、
自然と収まる場合もあるかもしれません。

 

しかし、

子供の咳が止まらない状態が
数日間も続くようであれば、
気管支炎や肺炎などの
可能性もあると考えた方が良いでしょう。

絶え間なく咳を続けることで、
体力も消耗してしまいますから、
特に子供の場合には、
なるべく早く医療機関を受診して、
適切な処置を受けることが重要です。

 

もし、

いつも風邪をひくたびに、鼻水がのどに流れて、
咳の原因となることが分かっているような場合には、

小児科だけでなく、耳鼻科を
受診するようにしたいものです。

耳鼻科では、
鼻吸引をしてもらうことができるので、
効果的といえるでしょう。

鼻吸引のために頻繁に
耳鼻科を訪れることが困難な場合には、
自宅用の吸引器も市販されていますので、
上手に使用したいものです。

 

もちろん、
子供の場合には、始めは嫌がるかもしれませんが、
吸引することで鼻がすっきりすると
実感できるだけでなく、咳も出にくくなるので、
慣らしていくことが大切といえます。

 

その他にも、咳が止まらないときには、
ざまざまな病気が原因となっている可能性もあるので、十分に気を付けたいものです。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/84/trackback

PAGE TOP