膀胱炎の症状 男性・女性について初期症状チェック

膀胱炎の症状 男性・女性について初期症状チェック

膀胱炎で発生する初期症状について

膀胱炎の初期症状として
最もわかりやすいものとなるのは
頻尿の症状です。

 

一日の回数がなんとなく
増えたように感じるという程度であれば
まだ、膀胱炎と確定出来るわけではありません。

 

例えば、一日のうちに10回以上
トイレに行くようになった、
などであれば、膀胱炎を強く疑えることになります。

 

これがさらに進行すると、
10分に1回のペースで
トイレにいかなくてはならなく、
などのことにもつながりますから、
もしそうなったのであれば
早めに泌尿器科を受診するべきでしょう。

 

回数がそこまで増えていないという場合で
あっても、排尿時に違和感や
痛みを感じるという症状があった場合には
注意が必要です。

 

痛みが発生する部分としては
下腹部や尿道といった場所が挙げられますが、
こうした場所につんと走るような痛みが
感じられるなどの症状は
膀胱炎の初期症状の一種です。

 

排尿後にまだ尿が残っているように
感じる残尿感についても
膀胱炎の初期症状のひとつですから、
これらの症状が併発しているということで
あれば膀胱炎を疑うべきでしょう。

 

膀胱炎は女性の二人に一人が発症すると
言われるほどにポピュラーな病気
となっていますから、
少し怪しいと思った時には
初期症状ではないかどうか確認し、
必要に応じて病院で検査を
受けられるようにしておくことが大切です。

 

 

スポンサードリンク



 

膀胱炎の症状が女性に多い理由は?

膀胱炎は膀胱に細菌が侵入することで
起こる炎症です。

症状としては頻尿や排尿時、
排尿後の違和感、
排尿時の痛みなどがあります。

時には血尿がでることもあります。

膀胱炎は女性に多い症状です。

 

その理由としては、
女性は尿道が短く4センチ程度なので
細菌が侵入しやすい構造になっています。

そのため、男性と比べると
はるかに膀胱炎になりやすいのです。

おしっこの出口が膣や
肛門のちかくにあるので、
大便をしたときに
尿道に菌が侵入しやすくなっています。

性行為によっても雑菌が混入することもあります。

 

また、

トイレを我慢するくせのある人は
膀胱炎になりやすいといわれています。

それは、尿をすることで尿道付近の雑菌を
洗い流すことができるのですが、
尿をがまんしていると
雑菌がたまりやすくなります。

 

また、

膀胱の粘膜には
感染を防ぐ役目がありますが、
長時間尿をがまんしていると
粘膜の血行が悪くなり、
雑菌が侵入しやすくなります。

生理のとき、
ナプキンを頻繁に変えないと
雑菌が繁殖して、
膀胱炎になる可能性があります。

 

さらに

女性は妊娠すると抵抗力が下がり、
免疫力も低下するので、
あらゆる感染症にかかりやすくなります。

特に妊娠中は
おりものも増えるので、
膀胱炎になりやすくなります。

 

膀胱炎の女性症状チェックポイント

女性は尿道が短いという身体的な構造のため
男性よりも膀胱炎になりやすく、
実際の患者数も
男性より女性の方が上回っています。

 

妊娠や生理などで子宮側から膀胱に
圧力がかかりやすいことも
膀胱炎を増加させる一因です。

 

身体的な構造以外にも、
トイレに行くときに人目を気にして、
我慢してしまったり、

生理の影響で一時的に
雑菌が尿道に入りやすくなったり、

トイレでのビデの使用の影響など、

生活の中には
膀胱炎の原因がたくさんあります。

 

女性症状チェックポイント

・トイレに頻繁に行きたくなる、

・採尿の際に痛みや違和感がある、

・きちんと排尿しているのに残尿感がある、
・尿の色がおかしい、

 

などの症状がある場合は
膀胱炎の疑いがありますので
病院で診てもらいましょう。

 

中には
排尿中でなくても
下腹部に痛みを感じたり、
血尿が出るケースもあります。

 

色の異常、頻度の異常、痛み、
この3つは膀胱炎の3大特徴です。

若い女性に多い膀胱炎ですが、
生活習慣やストレスなど
原因は多岐にわたります。

 

排尿時に異常を感じても
放置して悪化させる人も少なくありません。

トイレを我慢しない、
局部を清潔に保つなど、
日頃から気をつけましょう。

 

 

男性の膀胱炎の症状について

膀胱炎は、通常は尿道を通って
雑菌が膀胱に侵入するため、
尿道が長い男性よりも
女性の方がなりやすい病気です。

 

男子の場合に膀胱炎に掛かる原因は、
手術後の入院中に
尿道カテーテルを入れた時や、
尿道炎や前立腺炎などで
炎症を起こした時や、
長期間のストレスにより
抵抗力が落ちた時になります。

 

膀胱炎の症状は、初めに頻尿などで
トイレが近くなる症状がでます。

その後に、膀胱内部に雑菌が繁殖して、
白濁した尿や膀胱内で
炎症を起こした時の血が混じって出る場合もあります。

 

初期の膀胱炎では、
1日10回以上の尿意に襲われて、
排尿が終わった後に尿道のもとが
つーんというしみる様な痛みを感じます。

 

膀胱炎の症状を放置して悪化していくと、
慢性的な残尿感により
排尿後もすっきりしないで
トイレに行きたいような感じが残ります。

 

もっと悪化すると、膀胱で増殖した菌が
腎臓に入り腎炎を起こしたり、
血管に入って全身に回り
発熱などを起こす事もあります。

 

高齢者が膀胱炎になると
免疫力が弱いので
悪化するスピードも早いので、
早めの処置が必要です。

膀胱炎が初期の場合は、
原因のストレスが無くなり、
体の免疫力が回復すれば治ることもあります。

 

ある程度悪化した場合には、
医療機関で尿検査を受けて、
炎症の原因菌を調べて、
その菌に対して、効果的な抗生物質を
飲む事が治すための最善の方法です。

 

膀胱炎の男性症状チェックポイント

男性にとっての膀胱炎は、
女性に比べてあまり馴染みのない症状です。
しかし、
男性も膀胱炎になることがあります。

男性症状チェックをして、
自分が膀胱炎なのかどうかを調べてみましょう。

 

まず、男性の場合は
尿道の炎症が膀胱炎と繋がっていきます。

その感染が、前立腺から膀胱まで
広がっていくことで起こってしまうのです。
繰り返してしまう原因には、
細菌感染をしたまま放置をしていて、
慢性化してしまう場合が多いでしょう。

 

男性症状チェックポイント

・尿をし終わった後、しみるような痛みはありませんか

・尿が近くなりましたか

・尿が濁ったり、血が混じることはありませんか

・残尿感を感じませんか

・下腹が重く、気持ちが悪くありませんか

 

このようなチェック項目が当てはまる人は、膀胱炎の可能性が高いです。

 

治療法としては、抗生物質を飲み、
水分を多く摂ることで改善できます。

 

一度膀胱炎になってしまうと、
繰り返してしまう人も多く、
予防していくことが
とても大切になってきます。

 

予防法としては、水分を良く摂ること、
尿を我慢しないようにすること、
便秘にならないようにすること、
陰部を清潔にしておくこと、
腰回りを冷やさないようにすることが
予防に繋がっていきます。

症状を感じた場合は、我慢せずに病院へ行くようにしてください。

 

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/811/trackback

PAGE TOP