熱中症の初期症状と症状チェック、対策について

熱中症の初期症状と症状チェックリスト

熱中症の初期症状と症状チェックリスト

熱中症は初期症状を早めに察知して対処しないと命にもかかわる身体の緊急事態です。

熱中症のサインを見分ける方法として、下記の症状チェックリストを参考にしてみてください。

 

1.めまいやふらつき

熱中症の初期症状のほとんどで見られる症状であり、めまいやふらつきといった症状は、熱中症以外でも起こる症状なのですが、最初から熱中症では???、と疑う人は少ないので、これから暑くなってくるので、そういった症状がでたら注意が必要です。

 

2.身体の倦怠感

身体の倦怠感は、風邪や夏バテなどと似ており、間違いやすい症状なので、熱中症の初期症状の可能性もあるので注意が必要です。

 

3.顔が赤くなってくる

熱中症になると身体の体温調節機能が低下してしまうため、身体が熱くなり、顔がほてったように赤くなってきます。

  

スポンサードリンク



 

4.大量の汗をかく

体温が一気に上昇するために、大量の発汗が起きます。
熱中症の初期症状として発汗することがありますが、熱中症が重度化してくると、逆に汗を全くかかなくなってきます。

 

5.筋肉の硬直
全身の筋肉がこわばり、硬くなってしまうので、歩行や足元などがスムーズに動かせなくなるので注意が必要です。

 

6.頭痛
偏頭痛のような頭痛が始まり、次第に頭痛がひどくなり、ガンガンと頭を叩かれるような症状がでてきます。
立っているのも困難になってきますので注意が必要です。

これは熱中症が中度の状態に移行しようとしていることを意味しています。

 

7.吐き気

頭痛が始まると同時に吐き気も起きてきます。

この段階で熱中症はかなり危険な状態になっているので、ここまでに然るべき処置をしなければ大変危険です。

意識も低下している時に嘔吐物が喉に詰まってしまうと窒息の可能性も出てくるので注意が必要です。

 

熱中症の症状、頭痛、吐き気、腹痛について

熱中症によって起こる代表的な症状の頭痛や吐き気、腹痛などは初期から中期の熱中症の代表的なものですが、これは室内や屋外での気温が異常に高い場合に身体の働きを司っている自律神経が狂ってしまうために、体温調節や血液循環機能などが衰えて引き起こすものです。

 

熱中症の初期段階から見られるのですが、初期では単なる体調不調でゆっくりしていれば良いと自己判断をしてしまいがちです。

実はこれらの症状が出てきた場合、早めの段階で病院へ行って、熱中症の処置を受けるのが一番良いのです。

 

しかし、実際の熱中症は、上記のような症状が出たら、すぐに対処することができれば、重症化することはありません。

無理をして頭痛や吐き気、腹痛などといった症状を我慢していると、徐々に危険な状況になってしまいます。

 

病院に行かなくて大丈夫な軽症の場合、涼しいところに移動して、身体を横にし、ゆっくりと身体を休めることが大切です。

この時に、しっかり水分補給をすることで熱中症を回避することができます。

特に頭痛の場合、熱中症によって軽い脱水症状が起きていることが多いので、水分補給をしましょう。

 

水分補給をする場合、熱くなった身体を冷やそうと冷たい水や冷たいお茶を飲むと、胃腸に負担がかかるのでやめましょう。

熱中症によって、身体の内臓機能が低下しているので、冷たいものを飲んでしまうと、さに腹痛や吐き気を引き起こしてしまう可能性があるからです。

 

あくまでも室温の水や麦茶などを少しずつゆっくり飲んで水分補給をすることが大事です。

熱中症は、初期ですと安静と水分補給などで回復する場合があり、タイミングをしっかりと見極めて、速やかな対処をすることがとても重要になってくるのです。

 

しかし、熱中症の症状が回復して治っても、1週間前後、引きずることがあるので注意が必要です。

一旦、体調を崩した身体は、調節機能が完全に元に戻るまで、ある程度の時間が必要です。
その間に無理をして、また、熱中症になってしまうことがあるので、注意して生活するようにしましょう。

  



 

熱中症 対策、処置について

熱中症の対策、処置について、症状や段階によって異なりますが、緊急性のない初期の熱中症の場合、身体に異常を感じたときは、とにかく涼しいところに移動して、衣服をゆるめて、うちわで扇いだりして体温を下げるようにしましょう。

 

水分もしっかりとって、数時間休んでいれば体温調節機能も回復してきます。

しかし、中度から重度の熱中症になると意識障害なども出てくるので、一刻も早い治療が必要になります。

 

重症化してしまった熱中症は、病院へ速やかに搬送して、体温を下げるために全身を氷嚢で冷やしたり、輸液で急速水分補給を行ったりといった処置を行うことになります。

重症の場合は、そのまま入院して治療を続ける必要があります。

 

このように熱中症は放置していると簡単に重症化してしまうものなのです。

適切な対処をしないと命を脅かしてしまう症状です。

ですから決して甘く考えずに少しでも早めに異変に気づくことがとても大切なのです。

 

特に高齢者の方は、暑さの感覚が鈍化しているため、気温が非常に高いにもかかわらずクーラー無しの部屋で過ごしてしまうと、知らず知らずのうちに熱中症を引き起こして、意識不明になってしまい、そのまま命を落としてしまうケースもあるので気をつけましょう。
近年、そういった高齢者が多いので、身近な人たちで助け合いましょう。
一人暮らしの高齢者がいる方は、日頃から常に注意するようにしましょう。

 

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/766/trackback

PAGE TOP