ひざの痛み、関節痛、腰痛に良いサプリメントと症状チェックリスト

ひざの痛み、関節痛、腰痛に良いサプリメントと症状チェックリスト

ひざや関節に良い栄養素:グルコサミン

グルコサミンは、グルコースにアミノ基が結合したアミノ糖の一種であり、軟骨の構成成分であります。
グルコサミンの製品の多くが、コンドロイチンと一緒に含まれており、ムコ多糖類の構成成分となっています。

変形性関節症や関節炎などの症状に効果的と言われています。

 

グルコサミンはコンドロイチンと一緒に使用されることが多く、日本や欧米などでの研究結果によると関節の炎症などについて、痛みを和らげる(軽減させる)作用があるとされています。

  
スポンサードリンク


 

グルコサミンの効果

グルコサミンの効果として、障害のある軟骨を修復し再生を促すメカニズムと軟骨を保護する作用があるので、薬などの医薬品を飲むより、全然、身体に優しいのです。

 

また、グルコサミンに含まれているアミノ糖というのは、糖のたんぱく質で構成されており、人体に必要な軟骨、爪、じん帯、皮膚などの細胞間や細胞組織を結合させる役割を持つ成分でもあるのです。

アミノ糖は、年齢を重ねるごとに減少していくのでサプリメントなどで補う必要があるのです。

 

グルコサミンの摂取方法と目安について

グルコサミンの摂取方法としてサプリなどを口から摂取する経口摂取が好ましいとされています。

 

グルコサミン:1日摂取量

1日あたりの目安として、1000mg~1800mg摂取すると良いとされています。一般的に短期間での効果は期待できないので継続して摂取することを良いです。

 

グルコサミンのアレルギー、副作用などの注意について

グルコサミンは、甲殻類系のアレルギーを持っている人には注意が必要です。

副作用として、胸やけや下痢、食欲減退、胃の不快感などといった胃腸の障害がでることがあります。

そういった症状がでた場合は、医師に相談して、グルコサミンの摂取の量を減らすか、使用することを止めるようにしましょう。

 

甲殻類系のアレルギーがある方には、ムコ多糖類が含まれている山いもなどがオススメです。

グルコサミンは、通常の一般的な食材に近い成分をもっているので、健康障害や副作用などの問題は、あまりなく、一般的に販売されているグルコサミンのサプリで十分に補うことができると言えます。

 

注意:ひざの痛み、関節痛の症状チェックリスト

・ひざの痛みがある人
・肥満ぎみ
・腰痛もち
・運動不足
・食欲不振
・衰弱
・変形性関節症
・中高年(40歳以上)
・スポーツをしている人
・肉体労働している人
・女性
・O脚
・歩いているときのひざの痛み
・階段の上り下りでのひざの痛み
・立ち上がるときのひざの痛み
・正座ができない
・ひざにケガや手術した人

上記の症状チェックリストに該当する方は、身体に栄養が不足している可能性があるので、サプリメントなどで栄養を補うようにして痛みを軽減させましょう。

 

スポンサードリンク


 

ひざや関節に良い栄養素:コンドロイチン

コンドロイチンは、ギリシャ語で「軟骨の元」という意味がある、「コンドロス」というのが語源らしいです。

コンドロイチンはグルコサミンと似ており、タンパク質と結合して、関節の軟骨や皮膚などの構成する成分が含まれています。

 

細胞や繊維、臓器などと結合し、保護や維持、水分補給、栄養補給などを助ける役割があります。

その他にも軟骨や骨以外の臓器や脳などの神経組織などにも使用されている栄養素です。

コンドロイチンは、年齢を重ねるごとに体内で生成することが難しくなっていく栄養素で、サプリメントなどで補う必要があります。

 

コンドロイチン効能

コンドロイチンの期待される効能として、
変形性関節症や関節炎などの症状の予防や改善の効果があり、その他にも、抗炎症作用や脂質代謝改善作用、抗動脈硬化作用、抗血栓形成作用などの効能があります。

 

コンドロイチンが含まれている食品

牛や豚、鶏の皮、鶏の軟骨、うなぎ、フカヒレ、ドジョウ、ナマコなどの動物性食品に多く含まれています。

コンドロイチンは、分子が大きいため、消化器官からの吸収率が良くありません。
食事だけで栄養を補うことが難しいので、サプリメントなどで補うことが良いとされています。

 

また、グルコサミンと併用されたサプリメントに多く含まれているので、ひざや関節、腰痛、変形性関節症などの痛みがある人には、とても良いサプリメントと言えます。

 

コンドロイチンが使用される薬

コンドロイチンが使用される薬として、神経痛、五十肩、脱毛症、ネフローゼ症候群、夜尿症などの薬に使用されています。

その他にも、コレステロールや過酸化脂質を除去するために用いられ、動脈硬化や骨折などの治療にも使用されているみたいです。

 

鎮痛薬や非ステロイド系の抗炎症薬との併用で、関節痛やひざの変形性関節症などの痛みの軽減効果があります。

また、グルコサミンなどと併用して、ひざや関節痛、腰痛などの痛みの軽減効果があるとして使用されています。

 

まとめ

ひざの痛みや腰痛、関節痛、変形性関節症などの症状がある人は、グルコサミンとコンドロイチンのサプリメントがオススメです。

どちらもひざの痛みや腰痛、関節の痛みに効く栄養素といえます。

グルコサミンは、甲殻類系のアレルギーがある人は、サプリメントは避け、山いもなどで補うようにしましょう。

 

下記のひざ、関節痛の症状チェックリストに該当する人は栄養素が足りないのでサプリメントで補うようにしましょう。

 

・ひざの痛みがある人
・肥満ぎみ
・腰痛もち
・運動不足
・食欲不振
・衰弱
・変形性関節症
・中高年(40歳以上)
・スポーツをしている人
・肉体労働している人
・女性
・O脚
・歩いているときのひざの痛み
・階段の上り下りでのひざの痛み
・立ち上がるときのひざの痛み
・正座ができない
・ひざにケガや手術した人

 

健康で楽しい生活を送りましょう。

それが本当の楽な人生だと思います。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/704/trackback

PAGE TOP