胃潰瘍の吐血の特徴、量、コーヒー、歌舞伎俳優の尾上菊五郎、入院ニュース

胃潰瘍の吐血の特徴について

胃潰瘍はたまに起こる人がいますが、吐血してしまう可能性があるので、すごくビックリしてしまいます。

胃潰瘍で吐血されると何か大きなガンなのではないかと、周りの人や本人もビックリしてしまうと思います。

 

胃潰瘍の吐血の特徴:初期段階

胃潰瘍の初期段階として、みぞおちあたりに痛みを感じる人が多く、個人差があり、ものすごく痛む人から、まったく痛みを感じず進行しているのに気がつかない人もいます。

そして、そのまま進行していけば、次に起こるのが吐血です。

 

胃潰瘍の吐血の特徴:吐血の色と症状

胃潰瘍の吐血の色は、どす黒く、激痛を伴います。

お腹が痛いなと思ったら、急に吐血して激痛がともない、初めて胃潰瘍だと気づく人も少なくありません。

また、胃潰瘍の吐血は胃酸によって黒くなった血を吐血することがほとんどです。

 

これは、潰瘍が出来ている部分の血管が破れる事が原因で起きるものなので、胃潰瘍自体がストレスが原因であることが多く、胃潰瘍の吐血はストレスが原因で起こる事がほとんどなので、ストレスが溜まっている人は気をつけた方が良いです。

 

胃潰瘍はよく聞く病気の一つでもあり、めずらしいものではありません。

そして、一度胃潰瘍と診断された人は病院での通院が必要になることがほとんどです。

しかし、胃潰瘍でも急性期は入院治療が必要になることもあります。

そして、止血や絶食を踏まえた治療があるので入院が必要になります。

 

このように、胃潰瘍には様々な特徴があります。

吐血の多くは胃潰瘍であることが多いので、血を吐いてしまったら必ず病院で見てもらう必要があります。

また、血を吐く前に病院へ行って治療する事が重症かするより、軽い治療で済むので、自分の体調には自分で気を使うことが大切です。

お腹が痛いことが長い間続いたら病院で診察してもらいましょう。

 

 

スポンサードリンク


胃潰瘍の吐血の色と量について

胃潰瘍の吐血の色は、暗赤色など黒っぽい色が多いのです。

それは胃の壁から出血が多く、胃酸で胃の壁を刺激して、出血をともない、血の黒い色へと変化するため、吐血の色が黒くなってしまいます。
タール状と表現されることもあります。

 

吐血したときに黒っぽい血を吐いたら胃潰瘍の可能性があるので、病院へいって検査することをオススメします。

もし、明るい色の鮮血が口から出てきたら肺からの原因がほとんどなので、知っておくと判別はできると思いますが、一応、病院で肺などの検査した方が良いと思います。

 

吐血の量は、人それぞれ異なり、少ない人や多い人と胃潰瘍の状態によって、個人個人異なってきます。

しかし、急性の場合もあるので、急に大量の血を吐くことがある場合は、すぐに病院へ行きましょう。

生命に関わる事が多いので、すぐに病院へ行くことをオススメします。

 

基本的に吐血だけで、生命に関わることは少ないのですが、吐いた本人の状態がおかしいときは、救急車を呼んでも良いと思います。すぐに病院へ行きましょう。

また、少量でも、何回かに分けて吐くときは、命に関わる場合があるので、早急に病院に急ぎましょう。

胃潰瘍といっても命に関わることは少なく、通院や数日間だけの入院で治ることもあるので、胃が変だと思ったら病院へ検査して治療するようにしましょう。

 

胃潰瘍が治っても、しばらくは無理をしないように生活をする事がとても大切です。

胃潰瘍の原因として、ストレスによることが多いので、ストレスが多い人は、出来るだけ早く解消する事をおすすめします。

 

いくら胃潰瘍を治しても、ストレスが原因で、何度も繰り返してしまう可能性があるのでストレスをためないように、運動したり、趣味などでストレス発散することをオススメします。

胃潰瘍は基本的に悪化させなければ、そこまで怖いものではないので、ストレスに気をつけて、毎日楽しい生活を過ごすようにしましょう。

 

 

スポンサードリンク


歌舞伎俳優の尾上菊五郎、胃潰瘍で大量吐血で入院ニュース

3月に胃潰瘍で休演した歌舞伎俳優の尾上菊五郎(73)が、都内で東京・歌舞伎座の5月公演「團菊祭」の取材会を行い「あと1回吐いてたら、分からなかった」と生死にかかわる大量吐血をしていたことを明かした。

家族も心配するほど病状は深刻だった。

「胃に穴開いて。血を一升瓶(1・8リットル)以上吐いた。真っ黒いのが、ドバーッと。
もう1回吐いてたら(命が)分からなかった、と医者が言っていた」。菊五郎はショッキングな場面を淡々と振り返った。

大量吐血は2月27日に自宅で起きた。

その直後に帰宅した妻で女優の富司純子(70)もびっくりする中、病院に行くことを拒み、自宅にとどまった。

翌日何とか3月公演の稽古へ向かったが、顔面そう白の状態。
29日に病院に行くと即入院の診断を受け、一時休演を余儀なくされた。

「食あたりで悪い血が全部出たのかと。
ホットドッグ食べて胃カメラしたから、最初ちゃんと撮れなかったんだ」と反省。

療養で胃壁も修復。
精密検査でもがん細胞は見つからなかった。
医師からは「酒も晩酌程度なら」と忠告されたそうだが「俺の晩酌の量を知らないだろうに。治って銀座に行ったのまだ1回。節制? 全然しない! それでくたばるなら、役者やめた方がいい」と全快アピール。たばこを吸う余裕も見せた。

<ヤフーニュース:スポーツ報知より>

 

胃潰瘍のコーヒーについて

胃潰瘍はストレスが原因である場合が多いのですが、飲み物も気をつけなくてはならないものがあります。

その一つがコーヒーなのです。

コーヒーに含まれているカフェインが、胃の消化を良くしてくれるので効果があるのと思う人がいると思われますが、それは食後のコーヒーだけであって、空腹時に飲むコーヒーは胃にあまり良くなく、胃潰瘍になる原因の一つといっても過言ではないと言えます。

 

胃に何も入っていない状態で飲んでしまうとカフェインが胃酸を多く分泌してしまい、胃の粘膜を傷つけて、それが原因で、胃潰瘍になってしまうのです。

なので空腹時のコーヒーは、あまりオススメできないと言えるので、コーヒーは、控えるようにしましょう。

 

また、コーヒー以外の胃潰瘍の場合、ストレスとピロリ菌との関係があるので、気をつけなければいけません。

その他にも、お酒も良くないので、ほどほどにしておく事が胃や肝臓の負担の軽減にもなるでしょう。

飲みすぎや飲むタイミングに気をつけて、程よく付き合うのが良いと言えます。

それさえ守れば、コーヒーやお酒も怖い飲み物ではありません。

 

胃潰瘍になってしまっては、その後の治療や通院が大変です。

中には、入院の必要もあるので普段からストレスと飲み物に気をつけて、生活するのが一番良いと言えます。

いつまでも元気で楽しい生活を送るようにしましょう。

 

まとめ

お腹が痛くて吐血した場合は、胃潰瘍を疑うことが必要です。

それにともない、上記の胃潰瘍の吐血の特徴や吐血の色、量など、気になる方は、すぐに病院へ行き検査しましょう。

 

重度化する前に、軽い治療で治すこともできます。
今は、薬だけで治すこともできるみたいなので、胃やお腹に違和感がある人は、病院での検査をオススメします。

あと、空腹時のコーヒーだけは気をつけるようにしましょう。

 

胃の病気は、食事に直結するので、好きなものが食べれなくなる可能性もあるので、消化器系は、特に注意するようにして、自分の体を労わるようにしましょう。

それも毎日、楽しく健康で美味しいものを食べれる健康体でいましょう。

 

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/686/trackback

PAGE TOP