花粉症の検査は何科?オススメの病院、検査内容

花粉症の検査は何科?オススメの病院、検査内容

花粉症の検査って、どうすればいいの?

花粉症って、自分には関係ないと思う人もいるかも知れませんが、花粉症というのは、突然なっている可能性が高いものなのです。

 

最近、目がかゆい、鼻がムズムズするなどといった症状があった場合は、花粉症になっている可能性があるといえます。

他にも、花粉症の初期症状と風邪の症状と似ており、風邪と花粉症を勘違いしてしまう人が多いと思われます。

また、最初から花粉症だと自分で決め付けるのもよくありません。

 

花粉症と思い病院へいくと、風邪だったということもあるので、気になる方は病院などの医療機関へ受診することをオススメします。
病院などで、ちゃんとした検査を受けた方がストレスも感じなく過ごすことができますし、対策もできるので検査することをオススメします。

 

花粉症の検査といっても、何科を受診どうしたらいいのか、よく分からないという方もいらっしゃると思います。

花粉症の検査について、簡単にまとめましたので、参考にしていただければ幸いです。

  

スポンサードリンク



 

花粉症の検査は何科の担当?

花粉症の検査を受けるときに困るのが、何科に行けばいいの?と疑問に思う方も少なくないと思います。

実は、どこかひとつの科と決まっているわけではありません。
そのため、一層、分かりにくくなっている面もあります。

まず基本的なこととして、花粉症の検査はさまざまな科で受けることができます。

例えば、アレルギー科、眼科、耳鼻咽喉科などです。

 

花粉症の症状は目や鼻など、いろいろなところに出ますから、一番症状が出ている部位の科を選ぶのがオススメです。

花粉症でなかった場合にも、何が原因なのか、突き止めやすくなるからです。

 

ただし、

実際にその病院の眼科などで、花粉症の検査を行なっているかどうか、あらかじめ病院の公式サイトなどで確認しておくことが大事です。

病院へいって、「うちでは花粉症の検査を行っていません。」と言われて、他の病院を探したり、移動で時間のロスしてしまい大変です。

 

病院へ行くときは、あらかじめ、。花粉症の検査をしているか確認して、Webサイトでそのような記載がないときは、直接電話するのが良いでしょう。
また、花粉症の検査は何科で行なわれているのかチェックして病院へ行くようにしましょう。

 

花粉症の検査を受ける病院の選び方は?

花粉症の検査を受ける際には、病院の選び方にも気を配りたいところです。

まず大前提としまして、大きな病院で検査を受けるのは、あまりオススメできまん。

 

それは、なぜかというと、法律の改正に伴い、ベッドの数が200床以上の大病院だと、紹介状なしで初診を受けた場合、診察料金とは別に選定療養費というものを払わなければならなくなったからです。

病院によって金額に差はありますが、選定療養費だけで何千円もの出費になるケースもあります。

ですから、大きな病院は避けられた方が良いでしょう。

また、できれば交通の便がよくて、自宅から近い場所がオススメです。

 

花粉症の検査の後は、花粉症の治療に移るケースが多いですから、通院が負担になるようなところでは、あまり、良いとは言えません。

主婦の方などの場合、帰りに買い出しを済ませられるようなところを探してみられるのも良いかと思います。

 


 

花粉症の検査だけ受けて帰るわけにはいかないって本当?

花粉症の検査といいますと、「ただ単に検査だけ済ませて、すぐに帰ることができるだろう」と思われる方もいらっしゃるのですが、実際には検査だけというわけにはいきません。

 

花粉症の検査の前に医師による問診があり、実際に検査を受けるのは問診を済ませてから、ということになります。

問診では、症状の状態などについての質問の他に、ご自身やご家族にアレルギーがあるかなどについても質問されますので、あらかじめ確認しておかれる方がよいでしょう。

こういった問診は、医師が正確な判断を下すために必要なものですので、面倒でもきちんと回答されるのがおすすめです。

 

花粉症の検査って、どんなことをやるの?

花粉症の主な検査としましては、血液検査があります。

花粉症はある種のアレルギー反応なのですが、血液検査によって、何が原因でアレルギー反応が出ているのかが分かります。

 

たとえば、スギ花粉が原因でしたらスギ花粉症ということになりますし、ヒノキの花粉が原因でしたらヒノキ花粉症ということになります。

このように、ひとくちに花粉症と言いましても原因になっているものはさまざまですので、それぞれの原因に合った治療法を行なわなくてはなりません。
ちなみに、ヒノキ花粉症の方はスギ花粉症も併発しておられるケースが非常に多いです。

 

また、花粉に対するアレルギーではなく、ダニやハウスダストなど、花粉以外のものに対するアレルギーだった場合も、血液検査で原因が判明します。

しかも単に原因が判明するだけではなく、アレルギーの強さも分かりますので、より適切な治療が行ないやすくなります。

 

花粉症の検査にはこの他にも、皮膚反応検査や鼻粘膜誘発テストといった、アレルギー反応を確認するための検査や、鼻の視診や鼻水の顕微鏡検査といった、目で行なう検査があります。

このうち、皮膚反応検査と鼻粘膜誘発テストは、花粉のエキスを実際に皮膚や鼻に付けて反応を調べるものです。

鼻の視診は鼻や鼻水の状態を目で見て確認するもの、鼻水の顕微鏡検査は鼻水を顕微鏡で拡大して見ることで、アレルギーになっているかどうかを確認するというものです。

  

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/629/trackback

PAGE TOP