大動脈解離の症状と原因、前兆、両澤千晶の死因ガンダムSEED脚本

大動脈解離の症状と原因、前兆、両澤千晶の死因ガンダムSEED脚本

大動脈解離の症状について

大動脈解離の症状は大動脈の外膜と内膜に亀裂が生じることで解離することにより、激しい胸の痛みと苦しさを発症することになります。

 

この大動脈解離の症状は突然症状が現れることも多く、発症してしまうと突然死に至るケースも多いため、自分で気づいた時にはすでに手遅れと言うことも非常に多いのが特徴です。

 

症状としては胸の痛みや苦しさだけでなく、大動脈が解離することにより全身に血液が流れなくなってしまいますので、手足などにもしびれや痛みと言った症状が現れる場合もあります。

 

通常は亀裂が急激に大きくなり解離してしまうため激しい痛みなどが襲ってくるのですが、この亀裂が小さく外膜と内膜の解離がそれほど大きくない場合には激しい痛みではなく軽い痛みと胸の息苦しさといった症状が出る場合もあり、この場合は早急に手当をすれば突然死を回避することも可能になります。

 

しかし少しの痛みの場合はなかなか大動脈解離の症状だと気づかない場合も多く、そのまま放置していて症状が悪化すると言うケースも非常に多いのが特徴です。

 

痛みに関しては耐え難い痛みを伴うため、症状が発症してしまうと自分ではどうにもできなくなる場合が多いですし、解離が進行すると痛みも異動しながらその範囲を広げていく為、時間が経てば経つほど症状が重篤になってしまうことになるため、違和感を感じた場合には早急に対処する必要があります。

 

亀裂が入ることにより大出血してしまう場合もあるので注意が必要です。

スポンサードリンク


 

『サイバーフォーミュラ』『ガンダムSEED』脚本家の両澤千晶さん死去

アニメ『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』シリーズや『機動戦士ガンダムSEED』シリーズなどで知られる脚本家の両澤千晶さんが2月19日、大動脈解離のため56歳で亡くなったことがわかった。アニメ『機動戦士ガンダム』シリーズのポータルサイト「GUNDAM.INFO」で2月22日、発表された。
<yahooより>

大動脈解離の原因

大動脈解離の原因となるのは動脈硬化などによる血管自体の老朽化が原因となります。

 

基本的に血管自体が健康で弾力性がある場合には大動脈解離を引き起こしにくく、血管自体が裂けてしまうことも少ないといえますが、動脈硬化により血管自体が硬くなっていると血液の流れにより血管に亀裂が生じてしまいそれが大動脈解離の原因となってしまいます。

 

高血圧の人も大動脈解離を発症する可能性が極めて高く、高血圧になると血液の流れが大幅に変化してしまい、その変化に血管が耐え切れない場合にも大動脈解離を引き起こしやすくなります。

 

そのため動脈硬化と高血圧の両方の症状を併せ持つ人は大動脈解離になり易い土壌が整っていることになるため、非常に危険な状態となります。

 

動脈硬化の原因となるのは生活習慣に問題がある場合が多く、ストレスを溜めている人や生活自体が乱れている人などは血管が弱ってる場合が多く、その場合にはそういった生活習慣を改善しない限り大動脈解離の危険性から逃れることが出来ないことになります。

 

それと高齢になればなるほど血管の状態は放っておいてもどんどん劣化していきますので、高齢者になるほど大動脈解離になり易くなってしまいます。

 

その為動脈硬化にならないように血管年齢を若く保つことが大動脈解離を回避するためには必要不可欠となりますし、高血圧にならないような生活習慣も大動脈解離を発症してしまう原因を作り出さないためには必要なことと言えます。

 

【プロポリス】大増量版プロポリスのど・はな飴 240g(約60個入り)今だけの数…

大動脈解離の前兆について

大動脈解離を発症した場合高確率で死に至るため大動脈解離の前兆を知ることが大動脈解離での突然死を回避することに繋がります。

 

しかし大動脈解離はこれといった目立った前兆がなく、いきなり動脈に亀裂が入り解離が進行してしまうためなかなかその予測が難しい病気となっています。

 

基本的には何事もなく仕事に行ったのに会社で突然大動脈解離を発症すると言うケースも多く、見た目には全く健康な状態でもいきなり症状が現れるため非常に注意が必要な病気となっています。

 

ただし軽い大動脈解離の場合は胸がチクチク痛むとか、背中や肩が何となく痛いといった症状から始まる場合もあるため、そういった場合にはその痛みが大動脈解離の前兆である可能性も高くなります。

 

しかし狭心症などの症状とも似ているためなかなか判断するのが難しく、そのまま放っておくと解離が進行してしまい取り返しのつかないことになる場合も多いといえます。

 

そのため少しでもいつもと違う違和感を感じた場合や、胸に小さな痛みを感じた場合、その痛みが長時間続く場合には早急に医療機関を受診して詳しい検査を行って貰う必要があります。

 

急激に解離が進行するケースの場合とは違い、亀裂が小さい場合は大動脈解離を食い止めることが出来ますので、これくらいは大丈夫と言った勝手な判断をしないようにすることと、痛みを感じた場合には我慢せずにすぐ医療機関に連絡をすることが回避のためには重要なポイントとなるでしょう。

 

スポンサードリンク


2 件のコメント

  1. おじゃま虫says:

    皆が言うようにこの病気は死亡解剖して初めて分かるほど自分では気が付かない事が多い。私も危うくご臨終するところだったが、普通とは違う息苦しさで救急搬送されすぐに緊急手術になり今生きてる。
    とにかく普通と違う事が起きたらすぐに救急車。これしか生き残る方法はない。

    • おじゃま虫さん、コメントありがとうございます。

      異変に気づいたらすぐに救急車を呼んで、対処したところが良かったのかも知れません。大変でしたね。

      九死に一生を得るって、そういうことなのかもしれませんね。

      日ごろからの注意が必要だと感じます。
      健康あってからの人生ですものね。

コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/586/trackback

PAGE TOP