ノロウイルスに罹らないための対策とは

ノロウイルスは主に秋から冬にかけて
流行する急性胃腸炎を
引き起こすウイルスの事を指します。

 

ノロウイルスは乳幼児だけでなく、
大人や高齢者も罹ることが多く、
大変感染力が強いウイルスです。

 

主に腸の中で増えていき、
乾燥にも強くほんの少しのウイルスでも増殖し、
感染させていくことができます。

  

スポンサードリンク


  

ノロウイルスは体の中に入ると
1日から2日ほどで激しい嘔吐や下痢をします。

 

こういった症状に付随して頭痛や発熱、
筋肉痛をともない、
ひどい場合は脱水症状になることもあります。

 

噴水のように嘔吐し、
水溶性の下痢をするのが特徴となっています。

 

ノロウイルスは他のウイルスと比べて
小さいため手のしわに入りやすく、
アルコール消毒も効果がありません。

 

ですが、

ノロウイルスの対策として、
手洗いしか方法がなく、
手洗いも2度ほどしっかり洗う必要があります。

 

その際、
手首や親指といった部分を
洗い忘れることがあるので
まんべんなく洗うことが大切です。

 

その他の対策としては、
ノロウイルスは
人の便や嘔吐物から感染していくことが多いので、
感染した人がいた場合は
便器のふたを閉めておく、
嘔吐物の処置をする際は
マスクや使い捨てエプロン、
手袋を使うといったことが大事になってきます。

2枚貝からも感染することがあるので
食品の加熱処理にも気を配るようにします。

  

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/572/trackback

PAGE TOP