鼻炎の悩み、アレルギー性鼻炎手術、症状、対策について

鼻炎の症状について

鼻炎に悩んでいる人はたくさんいるのではないでしょうか。

 

鼻炎になると一年中深いな症状が続きます。

 

では、鼻炎とは主にどのような症状があるか紹介します。

 

原因は様々ですが、近年は、ハウスダストや花粉などの患者さんが多くなってきています。

 

症状は、一年中くしゃみ、鼻水、鼻水が続く事です。

 

また、くしゃみは発作的に起こる事が多く、一度起こると立て続けに何度もくしゃみをする事があります。

 

季節に関係なく年中発祥するのでつねに鼻がむずむずしたりくしゃみが起きたり、とても辛いです。

 

他の症状としては目の充血やのどの痛み、皮膚炎の炎症などが起こることもあります。

 

そのため、普段の生活でも工夫する必要があり普通の人よりも鼻が敏感でちょっとした事にすぐに反応してくしゃみが出てしまいます。

 

ですので、部屋のそうじはこまめに行い、換気も定期的にする必要があります。

 

また、ダニやホコリがつきやすい寝具やクッションは入念に掃除する必要があり、ぬいぐるみなどもほこりがすぐにつくので要注意です。

 

さらに乾燥すると症状がひどくなるので冬などは加湿器を置いて湿度を常に50%以上になるように設定する事が大切です。

 

このように、花粉などのアレルギーの場合は花粉の時期が過ぎればぴたっと症状は止まるのですが、年中鼻炎の人は一年中鼻の症状で悩まされなければいけません。

 

鼻炎の症状が辛い人はこれらの事を工夫する事をオススメします。

 

そして、少しでも辛い症状を改善してください。

  

スポンサードリンク


 

アレルギー性鼻炎手術について

鼻炎がひどくて薬などでもなかなか良くならない場合はアレルギー性鼻炎手術があります。

 

手術と言うとすごく怖いイメージがありますが、意外と簡単に終わる事も多いです。

 

では、どのような手術があるか紹介します。

まずは、レーザー手術です。

 

これはアレルギー性鼻炎ではもっともポピュラーな方法で鼻の粘膜を薄く焼いて焦がし、アレルギー反応が出ないようにします。

 

また、手術を受けた人の80%に効果が見られ、効果の高い手術としてよく取り入れられています。

 

また、手術時間は45分と短く、手術自体は15分くらいですみます。

そして、次は、神経切断手術です。

 

名前を聞くだけでなんだか怖いイメージがありますが、レーザー手術で効果がなかった人が行う手術です。

 

これは全身麻酔を用いるので少し大変な手術になり、まだ治療を行える病院も少ないのが現状です。

 

また、この手術はだいたい1日~7日間の入院が必要になるので時間を確保する必要があります。

 

ですので、レーザー手術が効かなかった人が最終手段で選択する方法です。

そして、費用の方は、二つとも保険が効くので比較的安く行えます。

 

レーザー手術は1万円、神経切断手術は7万~10万くらいが相場のようです。

このように手術は2つあるのですが、出来るだけレーザーで改善すると良いのですが、どうしてもダメな場合は神経切断手術をする必要が出てきます。

 

こちらは費用も結構かかるので、どうしても行いたい場合は良く考えてからにすると良いです。

  

 

アレルギー性鼻炎 対策

アレルギー性鼻炎になると辛いので何らかの対策は必要です。

 

基本的には病院で薬を出してもらったり、最悪は手術などの選択をするのですが、やはり、出来るだけ病院を頼らずに改善したいとう人もいるのではないでしょうか。

 

なかには薬にはあまり頼りたくない人、手術が怖い人様々だと思います。

では、薬やアレルギー性鼻炎手術に頼らない自分で出来る対策を紹介します。

 

まずは、アレルギーは運動などをして体を丈夫にすれば良くなるケースもあります。

ですので、適度なスポーツをして体を丈夫にしましょう。

 

また、ビタミンやミネラルを多く含んだ食事を習慣付ける事も大切です。

 

また、冷たい飲み物やインスタント食品、ジャンクフード、アルコール類、唐辛子、コショウ、わさび、からしなど鼻炎に良くない食べ物を控えるようにしまよう。

 

さらにタバコの煙は鼻の粘膜の刺激になるのでタバコの煙には近づかないようにしましょう。

 

そして、自分の家をつねに掃除をして清潔にしたり、乾燥しすぎないようにしたり、枕カバーやシーツなどはこまめに洗濯してダニを発生させにくくしたりしましょう。

 

さらにどうしても犬などのペットを飼いたければ室内で飼うのは控えましょう。

 

これらの方法でアレルギー体質を改善したり、ほこりが少ない環境で生活する事を心がけましょう。

 

そうすれば薬を飲まない程度のアレルギーに抑えられたり出来る可能性があります。

 

もし、何も対策を考えていない人は是非工夫してみると良いです。

  

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/563/trackback

PAGE TOP