花粉症に良い薬と咳と頭痛について

花粉症に良い薬

花粉症は様々な症状を引き起こすため、それを抑えるための薬の服用は必要不可欠となります。

 

花粉症に良い薬として最も多く利用されているのが抗ヒスタミン薬と呼ばれる薬で、花粉症はこのヒスタミンが原因で引き起こされる症状のため、それを抑えることが出来る抗ヒスタミン薬は非常に有効な薬と言えます。

 

ヒスタミンがH1受容体と結びつくことで花粉症の症状は引き起こされるのですが、抗ヒスタミン薬を服用することでこのH1受容体との結びつきを阻害することが可能になりますので、花粉症の様々な症状を全て緩和することが可能になります。

 

医師が処方してくれる花粉症の薬はこの抗ヒスタミン薬が非常に多く、近年では医師の処方する薬と同等の効果がある薬も薬局などで販売されています。

  

スポンサードリンク


 
 

その為処方なしでも効き目の強い薬が購入出来るようになっています。

 

抗ヒスタミン薬は鼻水などの症状だけでなく花粉症による肌の痒みなどにも効果がありますので、抗ヒスタミン薬を服用していれば花粉湿疹などの症状にも効果があります。

 

抗ヒスタミン薬の場合、花粉症の症状が発症してからでも服用すれば症状を抑えることが出来ますので予防のために飲んでもOKですし症状が現れてから飲んでも効くという非常に優れた特性を持つ薬となっています。

 

ただし強い効き目のある抗ヒスタミン薬は服用することにより眠気を誘発することがありますので、車の運転前などには服用を避ける必要があるでしょう。

 

花粉症 咳について

花粉症の症状として咳の症状が出る場合も考えられます。

 

これは花粉がのどに対して影響を与えてしまうことによりアレルギー性咽頭炎やアレルギー性気管支炎などを引き起こしてしまうためです。

 

この場合の咳はアレルギー性のものですので風邪などのようなウィルスとは違い、花粉を吸いこまないようにしないと症状が改善しない咳となります。

 

アレルギー性気管支炎などは気管支やのどに入った花粉を外に追い出そうとして起きる症状ですので体が起こす防衛本能と言うことになります。

 

その為花粉症による咳を抑えるためにはいかに花粉を吸いこまないようにするかの対策が重要になります。

 

基本的に人間は息をしないと生きられませんので、鼻や口でどうしても外の空気を吸い込んでしまうことになります。

 

そうすると必然的に空気中に漂う花粉を吸いこんでしまうことになるため、自分では意識しなくても花粉を取り込み花粉症による咳がでてしまうことになります。

 

それを抑えるためには花粉をカットできるマスクを外出時などには使用して花粉を吸いこまないようにすることと、室内においても空気清浄機などを使用して花粉を除去することと、湿度を一定に保ち花粉を舞い上がらせないようにすることも重要になります。

 

それと抗ヒスタミン薬などを服用してアレルギー自体が起きないようにすることも花粉症で引き起こされる咳を防ぐためには必要な対処法となります。

 

咳が出始めた場合でも薬を飲めば症状を抑えられますし、うがいや鼻洗浄を行い花粉を洗い流すことも重要になるでしょう。

  

【定形外郵便送料無料】 花粉メガネ 花粉症 メガネ スカッシー スマート2 レギュラータイプ …
 
 

花粉症 頭痛について

花粉症の症状には頭痛という厄介な症状もあります。

 

この花粉症による頭痛は二次症状と呼ばれる症状で、花粉症により鼻などの粘膜がアレルギー症状で腫れることにより酸素の取り込み量が少なくなりそれにより頭痛が引き起こされることになります。

 

それとアレルギーにより神経が圧迫されそれによっても頭痛が起きる場合もあります。

 

粘膜の腫れが長時間続いた場合、脳に送られる酸素量が著しく減少してしまうことになりますので、頭痛と同時に頭がボーっとするという症状も出てくる場合があります。

 

この症状は花粉症で粘膜が腫れていれば継続的に起きつづけますので、花粉症の症状が酷い場合は慢性的な頭痛が続くことになります。

 

花粉症による頭痛を防止するためには鼻の粘膜などを花粉により腫れさせないことが重要になりますし、花粉を吸いこむことで体全体でアレルギー症状が起きてしまえばそれが原因の頭痛が起きる恐れもありますので、花粉を出来るだけ体内に取り込まないようにすることが頭痛を抑えることにも繋がります。

 

特に粘膜の腫れによる酸素量の減少に関しては、鼻づまりの症状が緩和されなければ酸素の取り込み量も増えませんので、腫れを抑えることが出来る花粉症の薬の服用や、鼻うがいを行ない鼻の中の花粉を洗い流しアレルギー症状を起こさせないようにすることが頭痛緩和にも繋がりますので、日々の対策を怠らないようにしてもし症状が出た場合には速やかに薬を服用するようにすることも頭痛を抑えるために必要な対策となるでしょう。

  

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/560/trackback

PAGE TOP