うつ病、症状と診断内容とチェック方法について

うつ病 症状について

うつ病は誰にでも身近な病気であり年々増加傾向にあります。

うつ病 症状は気分が乙混んでいる状態や、意欲が出ないなどの状態をいうわけではなく、これ以上の状態であり自分自身で原因が分からないまま苦痛、苦しい症状が断続的または継続的に2週間以上も続いてしまいます。

 

周囲からはやる気がないなどと思われがちですが、気持ちの問題ではありません。

脳の働きに問題を抱えている事があり、適切な治療が必要です。

 

また、うつ病というと心の病とも言われるため、精神的な面にクローズアップしがちで心の症状が主な症状と捉える方も多いです。

 

しかし、うつ病は心の症状ばかりではなく、体の痛みにも現れます。

頭痛、腹痛、肩、腰の痛みなどです。

 

このような体の症状によって寝付けないなど睡眠、休息にも症状が現れてしまいます。

 

実際にうつ病を経験した方などでみられる症状では、突然部屋でボーっとしていたり、周囲の対人関係でも自分が避けられている、嫌われているなどの感じるようになるなど、マイナスな感情に襲われ、気分が勝手に落ち込んでしまう事があります。

 

睡眠や日頃の活動に影響が出るようになると、仕事を続けるのが困難になるケースもあります。

 

食欲や胃腸などにも影響があると、免疫力の低下によって他の病気を招きやすい状態にもなります。

  

スポンサードリンク


 

うつ病 診断内容について

うつ病は本人では気づきにくい場合もありますが、日常生活に支障が起こる前には、できれば適切な医療機関での診察を受ける事が理想です。

状態を放置すれば自傷行為、自殺行為も引き起こすためです。

 

そこで気になるのは医療機関での診断、診断愛用の告知はどのように行われるのか?と言う点です。

うつ病の診断は、本人だけではなく家族への細かな問診によって診断の基本としています。

 

診断を受ける際に問診で必ず聞かれる内容は、症状が始まった時期、過去も含めてどのような症状がみられるのか、社会生活や日常生活への支障はどのくらいあるのか、症状が現れてたキッカケや予想できる出来事などです。

 

また、過去にもうつ病になった履歴があるかどうかや、生まれながらに持っていると思われる性格、性分などです。

 

もちろん自分自身で把握できていない場合もありますので、客観的な視点として家族の方への確認も行われる場合があります。

 

そうは言っても、うつ病は精神科医など専門医であっても診断は最も難しい病気とされています。

 

そして、うつ病という診断を行うものの、中には診断書を悪質に乱用する者がいます。

 

長期病気による休職者となったり、失業手当、傷病手当金給付者を増加させてしまう原因になりかねません。

 

また、未熟な医師による御診断が起これば、適応障害であるにもかかわらず、うつ病の診断を下されたために長期に渡って休職する状態になり、家庭、仕事までも失ってしまうという事態に陥ってしまった方も実際に存在しています。

 

うつ病の診断内容によっては患者の人生に大きな影響を与え、人生が狂ってしまう事も稀ですが起こる事ですので、うつ病の診察に訪れる際にはこのような情報は知っておくべきことの一つです。

  

図解やさしくわかるうつ病からの職場復帰 [ 山本晴義 ]
 

うつ病の症状チェック

うつ病の症状なのかどうかについて、下記の診断チェックをおこなってみましょう。

 

・直近2週間の間、ほとんど1日中憂鬱に過ごしていて、それが毎日続いている。

 

・直近で2週間以上、1日中憂鬱な気持ちが続いていてほぼ毎日である。

 

・食事による治療を行っていないはずが、体重が5%以上増減が怒っている。

 

・直近2週間の中で1日中何もしたくない、何をしてもつまらないと感じるようになってしまう。

 

・日頃の睡眠では寝付けない、早朝に目が覚めてグッスリ眠れない、毎日寝すぎている、夜中に目が覚めてしまうなどのいずれかが毎日ある。

 

・直近2週間、ほぼ毎日疲れやすいと感じて、気力も湧いてこない。

 

・直近2週間、ほぼ毎日、世の中に価値のあるものはないと感じる、または若干の罪悪感も感じている。

 

・直近2週間、ほぼ毎日、集中力を発揮できない、思考力が乏しいと感じるため、自分で物事の決断を下せない。

 

・直近2週間、気分が晴れ晴れとした状態になったり、活動などで楽しいと思う事がほぼない。

 

・様々なうつ病の症状がみられて言いますが、苦しい仕事や家の事をするのに困ってしまうほど辛い。

 

・愛する人をう失った後、2か月以上間、継続しています。

 

・体の不調が目立つが、体調不良による薬、薬物乱用などの影響ではなく、日ごろの付き合いでつまづくことが多く、仕事をするのも困難な状況になります。

上記の内容当てはまる方がいらしたら、診療内科を受診するか、又は、知り合い、家族、相談できる人、誰でもいいので、話を聞いてもらいましょう。

  

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/557/trackback

PAGE TOP