花粉症、対策、時期と治療法について詳しく知ろう

花粉症 対策

発症して見ないとその辛さが分からない花粉症ですが、日頃の花粉症 対策を行うかどうかでその症状は大きく緩和することが可能となります。

 

基本的な花粉症 対策としては出来るだけ外出しないことが重要となりますが、毎日家の中に閉じこもっておくと言うことはまず不可能ですし、仕事などで通勤などをする必要も出てくるため、花粉症 対策としては花粉を吸いこまない、付着させない、持ち込まないの3つが重要となります。

 

花粉を吸いこんでしまうとどうしても花粉によるアレルギー症状が引き起こされますので、マスクや花粉症対策用のメガネ等を利用して花粉を体内に取り込まないことが重要になります。

 

付着させないことも大事で、花粉が皮膚などに付着したままだと花粉湿疹と呼ばれる湿疹が出る場合もありますし、服などには大量に花粉が付着してしまいますのでそれを払い落とすことが対策として必要になります。

  

スポンサードリンク


 
 

払い落とすことは持ち込まないことにも繋がりますので出来る限り室外で花粉を落とすことも花粉症の症状を発症させないためには必要です。

 

仮に室内に持ち込んでしまった場合には空気清浄器などを利用して花粉を除去することと、乾燥を防ぎある程度の湿度を維持することで花粉が舞わず床に落ちますので、花粉症の症状を大幅に緩和できます。

 

室外でも室内でも対策をしっかりと取ることが症状をあっかっせないために必要なことです。

それと花粉症用の点鼻薬や目薬、アレルギー緩和薬なども利用すると更に対策は万全になるでしょう。

 

花粉症 時期

花粉症はスギなどの花粉により引き起こされるものですが、基本的には春だけではなく夏や秋にも花粉症の症状は確認されています。

 

そのため花粉症 時期は11月~1月を除く春から秋の間は全てが花粉症 時期といえ、飛んでいる花粉も季節ごとに異なります。

 

1月下旬から6月くらいまでの間はスギやヒノキ、カバノキ科の花粉が飛びますし、4月から10月頃にかけてはイネ科の植物などの花粉も飛ぶことになります。

 

7月から11月頃まではブタクサやヨモギ、アサ科の植物の花粉が飛んでいますので、基本的には常に何かしらの花粉が飛んでいるため花粉症が発症する可能性は常に考えておく必要があります。

 

多くの人は春か秋の花粉症が発症する場合が多いですが、アレルギー体質の人はそれ以外の花粉にも敏感に反応して花粉症の症状が発症しますし、花粉が本格的に飛散する時期よりも前に少しの花粉で花粉症の症状が出る場合もあります。

 

夏の時期のイネ花粉に関しては、かなり花粉が飛ぶ期間が長いため春の花粉症から継続して症状が続く場合もありますし、イネの花粉症が治まったら今度は秋のブタクサなどの花粉症で症状が継続するといった場合も十分に考えられます。

 

その為花粉症の時期は植物が活動する時期は全て花粉症の時期だと考えたほうがよく、住んでいる地域によっても飛散する花粉が異なるため、自分の住んでいる場所でどのような花粉が飛んでいるのかを正確に理解しておく必要があるでしょう。

  

花粉対策 の決定版!【お得な135粒】スプリングサポートサプリ/ハーブ/サプリメント/フリーズ…
 

花粉症 治療法

花粉症と言うのは体が花粉を異物だと認識して過剰に防衛反応を起こすことで発症する症状です。

その為、花粉症を完全に治す治療法はなく症状を緩和させるための治療を行うことになります。

 

基本的な治療法としては抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を服用して症状を緩和するというのが一般的な治療法で、それ以外にも免疫力を高める治療法などもあります。

 

近年話題となっているのは舌下治療法と呼ばれる方法で、スギなどの花粉エキスを舌下に垂らし少しずつ花粉に体を慣れさせていき症状を緩和させるという治療法です。

 

この治療法の場合、治療の効果が出るまでに2年程度時間がかかりますが、花粉に体が慣れることで確実に花粉症の症状は緩和されることになります。

 

以前は保険対象外でしたが現在は保険適用可能になりましたので舌下治療も治療の選択肢の一つとして選択することが可能になりました。

 

花粉症 治療に関しては完治させることはまず不可能ですので、いかに早い段階から治療を行ない花粉に備えるかが重要になりますので、花粉が飛散し始める前に治療薬を服用し始めるなどの対策を行うことが重要になります。

 

治療薬は症状に合わせて量を調整できるので症状が酷い場合は通常通りに、軽い場合は少なめにすると体への負担も軽くなるでしょう。

  

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/553/trackback

PAGE TOP