ビタミンB12の食品、サプリ、薬、野菜についてダイエットや貧血予防に必要

ビタミンB12について

ビタミンB12はコバラミンとも呼ばれるビタミンの一種で体の健康を保つためには欠かせない栄養素の一つと言えます。

ビタミンB12を摂取することで血液中の赤血球の形成に影響を与えるため、赤血球を形成するためにはビタミンB12は必ず必要となりますし、ビタミンB12が欠乏した場合には悪性貧血と呼ばれる貧血を引き起こしやすくなります。

 

体の神経にも多大な影響を与えるのがビタミンB12で、神経を形成するためのたんぱく質やリン脂質などの合成にもビタミンB12は必要不可欠となります。

そのためビタミンB12が不足してしまうと神経に影響を与えてしまうことになり、痺れなどの症状が出やすくなって今します。

ビタミンB12を正しく摂取することで体の健康を保つことが出来るわけです。

 
 
スポンサードリンク



 

ビタミンB12が摂取できる食品について

ビタミンB12が摂取できる食品は、基本的に動物性食品に多く含まれる栄養素となっており、野菜には含まれないビタミンとなります。

ビタミンB12が豊富に含まれている動物性食品としては貝類や魚、肉やレバーといったものにはどれにも豊富に含まれているため、毎日の食事でしっかりと動物性食品を摂取していればビタミンB12が欠乏すると言うことはまずありません。

 

特に貝類には魚や肉に比べてビタミンB12の含有量が飛びぬけて多く、特にシジミやはまぐり、あさりや赤貝といった貝類には100グラム当たり50ug~60ugものビタミンB12が含まれています。

牛肉や豚肉、鳥肉などの場合にはレバーにとても多くビタミンB12が含まれているため、肉そのものよりもレバーを食べたほうが効率よくビタミンB12の摂取が可能になります。

海藻類にもビタミンB12が含まれていますので肉が苦手な場合でも海草をしっかりと摂取すればビタミンB12の欠乏症は防止できるでしょう。

 

ビタミンB12 サプリについて

ビタミンB12の1日に必要な摂取量に関しては、成人の場合は1日あたり2ugの摂取が必要となっています。

その為最低でも2ugのビタミンB12を摂取しなければビタミンB12欠乏症になる可能性が出て来ることになります。

 

ビタミンB12が欠乏した場合には貧血が非常に起きやすくなりますので、貧血によるめまいや立ちくらみといった症状なども併発し易くなります。

本来であれば食品から摂取するのが望ましいビタミンB12ですが、忙しくて食事が不規則な場合はなかなかビタミンB12の摂取がままならないということも考えられます。

 

その場合にはビタミンB12のサプリを使用すれば効率よくビタミンB12の摂取が可能になります。

基本的にビタミンB12の1日の摂取上限は2.4ugと決まりがあるため、それ以上の摂取は控えたほうが良いでしょう。

 

摂取しすぎても尿で排出されるため大きな副作用はないと言えますが、ビタミンB12サプリの場合は大量に摂取してしまうとサプリを構成している外材の成分が下痢などを引き起こしやすくなると言う調査結果もありますので、出来るだけ容量を守って摂取するほう良いでしょう。

  

 

ビタミンB12の野菜について

ビタミンB12は動物性食品に豊富に含まれている栄養素のため、野菜にはほぼ含まれていない栄養素となっています。

そのためダイエットなどで肉や魚などを摂取せずに野菜だけを食べている場合には、ビタミンB12欠乏症になりやすくめまいや立ちくらみなどを引き起こしたり神経を傷つけてしまい痺れなどの症状が出やすくなってしまいます。

 

ダイエット中に貧血に鳴る人が多い訳はビタミンB12が欠乏している場合が多いため、野菜だけを食べて生活するのは非常に危険を伴う食生活と言えるでしょう。

その為も野菜中心の生活にするのであれば、海草類を必ず取り入れるといった工夫や、肉や魚はダメでも貝類を摂取するように心かがけるとビタミンB12の欠乏症を防止することが出来ます。

 

ベジタリアンの場合は特にビタミンB12欠乏症になりやすいと言えますので、食事の工夫も必要になるでしょう。

現在はビタミンB12を含んだ野菜の開発も行われていますので、それを摂取するのもビタミンB12を体に取り入れる方法としては有効ではないでしょうか。

 

ビタミンB12の薬について

ビタミンB12は体を健康に保つためには欠かせないわけですが、ビタミンB12は薬としても使用されている非常に重要な栄養素となっています。

ビタミンB12が使用される薬に関しては、末梢神経障害の緩和に主に使用されますが、それ以外にも筋肉痛や味覚障害、臭覚障害、めまいや立ちくらみの改善、耳鳴りや睡眠障害といった症状にもビタミンB12を含む薬を使用することがあります。

 

ビタミンB12を含む薬に関しては、医療機関での医師からの処方により使用が可能になるため、証する容量や用法が定められています。

ただビタミンB12は水溶性のビタミンのため、仮に多く摂取しても尿から排出されてしまうため体の中には残らないようになっています。

 

その為薬を飲みすぎた場合でも副作用は起きることはほぼ無いですが、稀に胃腸の不快感などを感じることもあるため、副作用が無くても用法容量を正しく守って使用する必要がビタミンB12の薬にかんしてはあると言えます。

  

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/522/trackback

PAGE TOP