アスペルガー症候群の特徴、有名人と東大生ニュース、大人・・・

アスペルガー症候群について

アスペルガー症候群とはハンス・アスペルガーが1944年に発表した論文にちなんでアスペルガー症候群と呼ばれます。

自閉症の1つのタイプとされています。

主な症状として、他人と社会的関係を築くことができない。

コミュニケーションがうまくいかない。

想像力と創造性に問題を抱えているなどがあります。

 

この結果、他人の気持ちを理解できず、自分勝手に見られてしまったり、コミュニケーション能力がないように見られてしまうこともあるが、コミュニケーション障害とは違うのです。

また、高機能自閉症、高機能広汎性発達障害などの症状ともよく似ており、実際に別の病院へ行くと病名が変わってしまうというケースも多くあり、わかりづらい病気なのです。

そんなこともあって、この病気は近年まで注目されず、放置されていましたが、1981年にローナ・ウィングというイギリスの精神科医が自閉症と診断されていない人の中にこのアスペルガー症候群の人がいるということに気が付き、ハンス・アスペルガーの論文を広く紹介したことから、再評価され、アメリカや国連の病気の基準にもこの病気が登録され、成人の発達障害が注目され始めると更に理解が進むようになった。

また、パーソナリティ障害などとの関連性も強くうつ病など二次障害になることもあるのです。

  

スポンサードリンク


  

アスペルガー症候群 有名人について

アスペルガー症候群 有名な人物として、ネット上では、イチロー・中村 俊輔・落合 博満・石井 慧・ジミー大西・眞鍋 かをり・山口 達也・草彅 剛・YOU・GACKT・宮崎 哲弥・さかなクン・鳥居みゆき・織田 信長・スティーヴン・スピルバーグ・アインシュタイン・トーマス・エジソン・ビル・ゲイツ・レオナルド・ダ・ヴィンチなどと言われています。

 

アスペルガー症候群であると公表している有名人も多くいるみたいです。

細かい所にこだわるや同じことをひたすら繰り返すなどの行動が多く、物をコレクションする等の行動に走りやすい傾向にあります。

また、このアスペルガー症候群の人は機械的記憶能力が非常に優れている為、学校の全員の名前と誕生日を覚えているなどということがあります。

さらに、非常に真面目で融通がきかない事が多く、一度決めたことをひたすら何があっても繰り返し行うなどの特徴があります。

 

このような特徴から、ただひたすらに練習を繰り返したり、覚えたり、成功するまで実験を続けるなどの行動が得意であるため、ひたすら素振りをするなどの努力を続けプロ野球選手になったり、毎日どんな雨の日でも壁に向かってボールを打ち続けてテニスプレイヤーになるなどチームプレイがそこまで必要ではないスポーツやひたすら研究に没頭して、失敗しても何度もやり直して成果を残し科学者になるなど多くの有名人を排出しています。

 

また、独創的な感覚を持っていたり、音に対して敏感だったり、モノマネが得意などという特徴がある為、歌手やモノマネ芸人、芸人、美術家やアーティストなどエンターテーメントの世界にも多くアスペルガー症候群の人が存在しますし、そうではないかと言われる人も多く居ます。

また、この特徴からアスペルガー症候群ではないかと言われる有名人も多くいます。

 

他にも感覚刺激に敏感であったり鈍感であったりと人によって一定の感覚神経が優れて敏感だが他の感覚神経は鈍感などという特徴や計画を立てることが苦手などという特徴や大人になっても治らないため、その特徴を活かして活動を続け有名になっているというケースも多く、様々な分野で実はアスペルガー症候群であるという有名人が多く存在していると言われています。

  

  

東大生もアスペルガー症候群ニュース

東大は「東京アスペ大学」と呼ばれても仕方がない――。

東京大学の大学院に在籍していたという男性が寄せたこんな趣旨のツイートが、ネットで波紋を広げている。

彼によれば、東大生の25%に「発達障害の疑いがある」というのだ。

アスペルガー症候群(アスペ)は自閉症の一種で、他人とのコミュニケーションや周りの空気を読むことを苦手とする一方で、高い集中力や優れた記憶力を持つ例も多いといわれる。
<J-CASTニュース 2月4日より>

 

アスペルガー症候群の特徴

アスペルガー症候群の特徴としては、独特の社会性や思考性があり、人の気持が理解できないという症状に出ることが多くあります。

また正直者などという特徴もありその特徴があいまって普通であれば言わないようなことを平気で言ってしまうことがあります。

例えば太っているねやニキビが多いねなどと年頃の女の子に言ってしまったり、勉強についていけない子に頭が悪いなどと平気で言ってしまうなどという事になってしまいます。

 

更に積極的すぎるという傾向もあり、好きな子に突然好きと叫んでキスをしたり、抱きつくなどという行動を取ってしまいます。

本来であれば相手が嫌がるかもしれないや羞恥心などでやらないのですが、羞恥心が育つもの遅い傾向にありこのような行動を取る言われています。

その結果常に集団で浮いてしまう事が多く孤立し、一人でいることが多くなってしまいます。

そして、小さいことは一人遊びをすることが多いのですが、徐々に他の子に興味を示します。

ところが同年代の子どもと一緒に遊ぶことが苦手です。

 

年上の人にリードされながらあそんだり、年下の子供を集めて指図して遊ぶことが多くあります。

特に人に指図をする傾向が強く、その場を仕切りたがります。

計画性はあまりないためうまく行かず、一人で遊ぶ事に戻ってしまうと言うことも多くなってしまいます。

 

更には曖昧なままにして置く事を嫌がり、非常に細かいことにこだわる傾向やしゃべり方が回りくどい、小さい頃から大人びた言い回しや難しい言い回し、言葉を使うなどの傾向があります。

また、相手のことを考えず一方的に話すなどの特徴も見られるのです。

以上の特徴から頭は良いんだけど何を言っているかわからないや融通の効かない真面目すぎる秀才などと思われることが多いようです。

  

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/507/trackback

PAGE TOP