敗血症の症状と原因 「ちゅらさん」おばぁ役 平良とみさん死去の原因

沖縄芝居やテレビ、
映画で幅広く活躍した
女優の平良とみ(たいら・とみ 本名トミ子)さんが
6日午前4時27分、
敗血症による呼吸不全のため亡くなった。
87歳。那覇市出身。

 

石垣島にいた13歳の時に翁長小次郎一座に入団。
役者の夫進さんと共に劇団ときわ座などで活躍した。
1999年に映画「ナビィの恋」、
2001年に
NHK朝の連続テレビ小説「ちゅらさん」に出演し、
全国的な人気者になった。

98年に県文化功労者に表彰された。
県指定無形文化財「琉球歌劇」保持者。
2014年に旭日双光章を受章。

<琉球新報より>


 

平良とみさんの原因:敗血症の症状と原因について


 
敗血症とはどんな病気なのか、何が原因でおこるのか、
その症状は、などわかりやすく解説します。

敗血症は血液のなかに細菌が入り込み
さらに全身をめぐることによって
重篤な症状を引き起こします。

単に血液中に
細菌が入り込んだだけでは敗血症とはいえず、
全身にわたってその症状が出ているなどして
はじめて敗血症と言われます。

通常、感染症への身体の反応は
感染した特定の部位に限られますが、
敗血症の場合は全身に反応が及ぶことが特徴的です。

 

スポンサードリンク


 

敗血症は特定の細菌が侵入することで感染します。
院内感染も多く存在します。

原因になる細菌の種類は多岐にわたり、
レンサ球菌や大腸菌、肺炎菌などが知られています。

感染症が起こっている部分から細菌が入り込み、
さらに血流に入ることで
敗血症へとつながっていきます。

引き金になる感染症は風邪、
中耳炎や抜歯、腎盂腎炎など
さまざまな感染症がきっかけになりえます。

また

細菌によって生み出された毒素が
敗血症の原因になることもあります。

特に免疫力が低下している場合は
敗血症のリスクは高くなり、
重篤な症状を引き起こす恐れが高くなります。

リスクが高くなるのは、
新生児、妊婦、高齢者、糖尿病などの
慢性疾患をもっている方、
化学療法などで免疫系を
抑制する医薬品を服用している方、
エイズ等の疾患により
免疫力が低下している方などです。

主な症状には悪寒、ふるえ、脱力、
異常な体温の上昇または低下、
心拍数や呼吸数の増加、
高血糖、低酸素血症、意識障害などが起こります。

また、

腎不全や呼吸不全などの症状を引き起こすことがあり、
迅速な対応が求められます。

血液や尿のなかの細菌を
確認することによって
敗血症の診断は行われます。

敗血症が疑われた場合には、
速やかに抗生物質を投与する、
免疫力を回復させるなどの治療が行われます。

また、

敗血症が原因になって引き起こされる低血圧症を、
敗血症ショックといい、
非常に危険な状態になります。

治療を行っても
敗血症による死亡率は約15%程度となっています。

さらに敗血症ショックに至った場合には
死亡率は約40%となっています。

なんとも怖い病気ですね。

みなさんも健康や体調に気をつけて
毎日を過ごしましょう。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/48/trackback

PAGE TOP