インフルエンザA型、B型、C型の各症状と流行について

インフルエンザは、
日本においては毎年12月から3月頃に流行する病気で、
感染力が非常に強く、短期間のうちに大勢の人に感染します。

普通の風邪とは違い、「インフルエンザウイルス」によって感染し、
その症状は38度以上の高熱、頭痛、関節痛、全身の倦怠感などが突然起こり、
風邪のような症状を伴いながら、重症化すると危険な状態になることもあります。

インフルエンザの種類は、
大きく3種類の分けられ、A型、B型、C型があります。

 

スポンサードリンク


 

日本において流行しやすいものは
A亜型、香港型と呼ばれるA亜型、B型の3種類で、

 

A型は人間が体内で作り上げた抗体に
対抗するかのようにウイルスの抗原性を小さく変化させながら、
毎年季節性のインフルエンザとして流行しています。

 

C型は感染したとしても症状が軽く済み、
あまり流行もしないため心配はありません。

毎年A型とB型が主に猛威を振るっています。

A型に感染した際の症状としてまず挙げられるのが、
38度以上の高熱が突然でることです。

 

日中のあいだ、まるで元気そのものだったのにもかかわらず、
夜にはなぜか高熱が出てしまったというような場合には、
感染を疑う必要があります。

悪寒、頭痛、その他には全身の筋肉痛や関節痛があらわれ、
さらには、咳や痰と、のどの痛みなどの
呼吸器系にもあらわれることが多いのが特徴です。

B型に感染した際の症状としては、
A型のような高熱が出ることもありますが、
微熱で済んでしまう場合もあります。

 

微熱がずっと続いていたり、
微熱の後に高熱が出たりと風邪に似ていることがあるため、
家庭での判断は難しくなります。

B型はA型の症状である呼吸器系統に加えて、
消化器系にもあらわれ、
腹痛や下痢などが起こりやすくなるのが特徴です。

また、
季節性のA型、B型とは別に近年では
新型インフルエンザの蔓延が時々みられますが、

これは、抗原性が季節性のものとは大きく違い、
ほとんどの人が免疫を持っていないため、
発症すると感染が多くの人に広がりやすいのが特徴です。

 



インフルエンザA型、B型、C型の各症状と流行について

 

感染経路は通常のインフルエンザと同じで、
保菌者が咳やくしゃみとともに放出さしたウイルスを、
近くにいた人が吸い込むことによっておこる飛沫感染や、
ウイルスそのものが付着したものをふれた後に、
手洗いをしないで目、鼻、口などを触ってしまうことが原因で、
粘膜などを通じて感染する接触感染があります。

 

感染してもほとんどは回復しますが、
糖尿病や喘息、腎機能障害、免疫機能不全などの
基礎疾患がある方は重症化することもあるため注意が必要です。

 

2015年度は、例年よりも早く学級閉鎖の報告があり、
8月の終りに長野県で報告されたものを最初に、
9月には全国的に学年閉鎖や学級閉鎖の報告がされています。

通常は11月から12月頃からはやり始めますが、
件数は少ないものの、
時期としては少し早いものとなっています。

 

ウイルスが数種類あるため、
同じシーズンに2度、
感染してしまうケースも少なくありません。

感染を予防する有効な方法としては、
ワクチンを接種する、
感染経路である飛沫感染を防ぐためマスクを着用する、
手のひらで咳やくしゃみを受け止めた時はすぐに手を洗う、
外出した後には流水、石けん、アルコールなどで
手洗いをすることを心がけます。

 

また、
空気が乾燥すると気道粘膜機能が低下するため、
感染しやすくなるので、
加湿器などで適度な湿度を保ったり、
十分な休息を取ることを心がけます。

予防接種ワクチンは、
毎年流行するのではないかと思われるタイプの
ウイルスに対して製造され、
接種しても
絶対に感染しないというものではありませんが、

発病する可能性を低減させる効果があり、
仮に感染した場合には
重症化することへの防止となり、
予防に充分な免疫を保つためには
毎年ワクチンの接種を受けた方がよいとされています。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/476/trackback

PAGE TOP