子供のインフルエンザと予防接種の料金

インフルエンザは普段の風邪の症状と
似ている場合もありますが、
感染する恐れのある怖い病気です。

特に小さな子供や高齢者の場合は処置が遅れると
合併症や重症化を招く危険性があるので、
早めの対処が必要になります。

 

風邪と違うのは、接触感染や
飛沫感染でのリスクが高いことが挙げられます。

症状もインフルエンザは喉の痛みや
鼻水が出るといった症状が出るよりも、
急に38~40度の高熱が出るとか
関節痛があるのが特徴です。

 

でも、
中には微熱でも
インフルエンザと診断される場合があるので、
流行している冬の間は微熱や
頭痛、関節痛などの気になる症状があれば、
早めに医療機関を受診して判断した方が良いでしょう。

 

スポンサードリンク


 

インフルエンザの潜伏期間

潜伏期間は1~3日で、
症状があるの3~5日になりますが、

子供の場合は症状が出てなくても
1週間ほどは学校への出席停止になります。

子供の場合、怖いのはその合併症です。

 

医療機関を受診する前に
自己判断で解熱剤を使用したりすると、
インフルエンザ脳症を
引き起こしてしまう恐れがあります。

脳に後遺症が残ったり死に至る可能性もあるので、
誤った自己判断は絶対にやめましょう。

医療機関に行く前に、
いつから症状が出たなどの経過記録と
食欲の有無も記録しておくと、
診察の際にスムーズになります。

 

ちなみに
症状が出てからま12時間が経過しないと
インフルエンザの検査反応が出ないので、
焦らずに症状をきちんと見ておきましょう。

他にも、
中耳炎や熱性けいれん、肺炎や気管支炎などを
引き起こす恐れがあることも覚えておきましょう。

感染することを防ぐ為には、
やはり基本的には手洗いうがいです。

あとはアルコール消毒も効果的です。

 

出掛け先から帰った時や食事の前、
料理の前や咳やくしゃみで手を押さえた後などは、
手洗いうがいとアルコール消毒をするようにしましょう。

後は出掛ける際にはマスクをする、
人混みには極力出掛けないことを心掛けましょう。

 

なので、

学校などの集団生活をしている子供は
インフルエンザの予防接種は、
必ずした方が良いです。

予防接種をしたかは
感染しないわけではありませんが、

感染した場合の症状が重症化するのを防ぎます。

 

ちなみに13歳未満の子供の場合は、
予防接種を2回受けることになっています。

これは免疫増幅効果で、
1回目よりも高いが免疫力がついて、
数ヵ月間持続することが理由になります。

2回打つのが難しい方は、
受ける意味がないわけではないので
1回でも受けておいた方が良いでしょう。
 

 

インフルエンザ:子供の予防接種 料金

子供の予防接種の料金は1回3000円が目安ですが、
シーズン中の2回目の予防接種だと
医療機関によっては
2000~2500円と料金が安いところもあるようです。

地域によっては補助金が出ている場合もありますし、
人気がある医療機関などは予約制の場合があります。

受診する前に確認しておくと良いでしょう。

予防接種の料金が安い医療機関では、
やはり人気が高くて9月頃から早めに
予約を開始しているところもあるので、
逃さないように注意が必要です。

寒くなってきたので、
予防対策は十分にしたほうが今後のためです。

気をつけて過ごしましょう。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/470/trackback

PAGE TOP