胃腸風邪 子供で流行のウイルス感染と細菌性胃腸炎

風邪はいろいろな種類や症状があります。

鼻水や鼻づまり、喉の痛み、発熱、頭痛、咳、
くしゃみ、筋肉痛などいろいろな症状が出ます。

 

風邪はウイルスが体内に
入って引き起こされる病気です。

咳やくしゃみなどで唾液が飛ぶ飛沫感染で
人から人に感染し、季節の変わり目や
乾燥した冬には流行することがあります。

 

特に子供の場合は免疫力が低いうえに
学校や保育所などの狭い空間で
大勢で生活をしているので、
誰かが風邪をひけば
次々と移っていくことはよくあることです。

また、お腹の症状を引き起こす風邪があります。

  

スポンサードリンク


  

一般的に胃腸風邪といわれていますが、
風邪のウイルスがお腹に来て下痢や吐き気、
腹痛、食欲不振などの症状を引き起こします。

 

胃腸風は正式には
ウイルス性胃腸炎や感染性胃腸炎といい、
ロタウイルスやアデノウイルス、ノロウイルスなどの
ウイルスが原因です。

 

このようなウイルスに感染すると
米のとぎ汁のような水様便が一日に何回も大量に出たり
何度も激しく嘔吐をしたりします。

また、発熱を伴うこともあります。

 

学校の教室や保育所などで
知らないうちにノロウイルスなどに
感染していた子供が吐いたり、
使ったトイレではウイルスが蔓延し
飛沫感染して他の子供たちにも移る可能性が高いです。

 

大人でも移るので
嘔吐したものやトイレの始末をするときには
マスクやゴム手袋、ゴーグルなどをして
処理をする必要があります。

 

そして
時間がたってもウイルスはなかなか消えないので
塩素系の漂白剤で消毒しておくことをおススメします。
そして
大人も子供も手洗いとうがいをしっかりして
口から体内にウイルスが入ってこないように
することが大切です。

 

もしかかってしまったら無理に食事はしない方が良く、
脱水症状が起こらないように
水分の補給だけは必ず行うようにします。

子供鵺高齢者の場合は水分量が少なく
脱水症状になりやすいのです。

 

水分を取っても
すぐに吐いてしまったり、
利尿が出ていないようなら脱水症状が疑われるので、
すぐに病院に行く必要があります。

 

それ以外の大人も脱水症状にならないように
水分補給だけはしっかりして
食事は回復してきてから
重湯から始めるなどして、
ウイルスをすべて出し切るために
急性期には食事を摂らない方が
早い回復が期待できます。

 

また
胃腸風邪だと思っていたら
細菌から起こる胃腸炎もあります。

それは夏に多く
細菌性胃腸炎や食中毒といわれるものですが、
サルモネラ菌や腸炎ビブリオ、カンピロバクターなど
口に入れたものについていた細菌が
激しい下痢やおう吐、高熱を引き起こします。

 

その場合も
細菌を出してしまうことが回復になるので、
水分の補給だけはしっかりして
食事はとろうと無理をしない方が良いでしょう。

 

細菌性胃腸炎の場合は感染することはありませんが、
同じものを食べた人が
同時に発症するということはよくあります。

 

感染して移るウイルス性の胃腸風邪なら、
1日から2日の潜伏期間を経て
次々と発症する人が出てきて、
食中毒による細菌性の胃腸炎なら
同じものを食べた人が
同時くらいにに発症するので判別がつくのです。

 

食事も十分に気をつけないといけません。

これから寒くなるので風邪には注意して
生活するようにしてください。

  

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/461/trackback

PAGE TOP