薄毛予防対策に良い食べ物・食事とシャンプーが必要

押さえておきたい薄毛予防の基本とは?

薄毛予防の基本は、食べ物などの食生活と、シャンプーの種類、血行に関することです。薄毛には遺伝が影響するなんてこともよく言われていますが、上記の3つは場合によっては遺伝以上に薄毛に大きく影響します。

 

命には別条ないのだけれど、外見には大きく影響してしまう薄毛。
そんな薄毛の予防に頭を悩ませていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
薄毛予防で大切なのは、基本を把握して、それをしっかりと押さえることです。

そのため、無理なくできる範囲で上記の3点をきっちり押さえていくことが、薄毛予防の第一歩となります。

  

スポンサードリンク



  

薄毛予防のための食事・食べ物で注意しておきたいポイントとは?

薄毛予防のためには、頭皮の皮脂が多くなり過ぎないことが重要です。

頭皮とは頭の部分の皮膚のこと、そして皮脂とは皮膚からにじみ出る油のようなもののことです。

体質によって皮脂の多さには違いがありますが、どんなものを食べているのかということも、皮脂の量に大きく影響します。基本的には油っぽいものをとり過ぎますと皮脂が多くなる傾向にあります。

 

ですから、油を多く使った食べ物をとり過ぎるのは、薄毛予防のためにはマイナスとなる可能性が高いです。

また、食べる量にも気を配る必要があります。過度の飲み過ぎや食べ過ぎは、薄毛予防のためにはよくありません。つまり、暴飲暴食して、しかも油っぽいものをたくさん食べるような生活が、薄毛予防のためには一番よくない生活ということになります。

 

ちなみに薄毛予防にとってプラスの効果が期待できる食べ物としましては、緑黄色野菜や、大豆などのたんぱく質があります。また、亜鉛も重要ですので、忘れず、とるようにしましょう。亜鉛が多く含まれている代表的な食べ物としては、牡蠣や豚のレバーなどがあります。

 

薄毛予防のために知っておきたいシャンプーの種類とは?

薄毛予防には頭皮の状態が重要になってきますが、これに大きく影響するのがシャンプーです。

もちろん、シャンプーの仕方や髪の乾かし方なども影響してきますが、それ以前の問題として、どんなシャンプーを使うのかということがポイントになってきます。

 

薄毛予防のためにシャンプーに要求されている役割には2つあります。ひとつは不要な皮脂を取り除き、皮脂の量を適切な量に抑えることです。そしてもうひとつは、頭皮を必要以上に刺激しないということです。

 

シャンプーは使われている成分によって、高級アルコール系シャンプー、石けん系シャンプー、アミノ酸系シャンプーの3種類に大きく分けられますが、皮脂を取り除くための洗浄力と頭皮への刺激の強さが、それぞれで違っているのです。

 

ではどの種類のシャンプーが薄毛予防に効果的なのかということですが、これに関しましては大まかな傾向はありますが、実際には個別のケースによる、ということになります。

 

と言いますのも、同じ種類のシャンプーであっても、商品が違えば成分も微妙に違ってきます。また、それぞれの方の頭皮の状態によって、皮脂を強力に落とすタイプのシャンプーが向いているのか、あるいは洗浄力は低くても刺激が少ないシャンプーの方が向いているのか、ということも変わってきます。

 

ですから最終的には個人によって違う、ということになるのですが、それでは情報が少なすぎますので、以下に一般的な傾向をご紹介させていただきます。

 

一般的に、洗浄力が強いものは頭皮への刺激も強いため、薄毛予防にはあまり向かないとされています。ですから薄毛予防のためのおすすめ順としましては、アミノ酸系シャンプーが一番のおすすめで、次が石けん系シャンプー、そして最後が高級アルコール系シャンプーとなります。

 

ただし、

頭皮に皮脂が多い方の場合には、アミノ酸系シャンプーなどですと、洗浄力が弱過ぎて皮脂を十分に落とすことができず、薄毛予防にはあまり効果的とは言えない状態になってしまうことがあります。

 

ですからシャンプー選びに関しましては、皮脂を十分に落とすということを基本とした上で、できるだけ刺激の少ないものを使っていくというのがおすすめです。

  

  

薄毛予防のために血行が大事な理由とは?

血行とは血の巡り(めぐり)のことですが、薄毛予防のために重要なのは頭部の血行です。

もちろん、血行がよい(=血の巡りがよい)方が、薄毛予防にとってはプラスとなります。逆に血行が悪い場合には、薄毛予防に悪影響を及ぼします。

 

では、なぜ薄毛予防のためには頭部の血行が大切なのかということですが、これは、血の巡りと一緒に、髪に栄養が送られてくるからです。

 

頭部の血行が悪くなりますと、髪に送られてくる栄養が少なくなります。結果、髪は生えにくくなり、薄毛が促進されてしまうというわけです。

 

では、血行をよくするにはどうすればよいのか、ということになりますが、本来、人間の体というものは血行がよくなるようにできています。

 

ですから血行をよくするというよりは、血行によくないことをやめるという方が、薄毛予防には効果的です。

 

血行によくないこととしましては、喫煙や過度のストレス等が挙げられます。煙草を控え、ストレスを適度に解消することが、薄毛予防につながっていくというわけです。

 

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/429/trackback

PAGE TOP