冬の健康管理は感染症と血圧に注意が必要

冬の健康管理が大事な理由とは?

夏は熱中症などに注意が必要ですが、実は冬の健康管理も非常に重要です。

理由はいくつかあるのですが、まず大前提として、冬の寒さが挙げられます。

冬はぐっと冷え込むことが多く、人間の体にとっては決して過ごしやすい環境ではありません。

 

そのため、普段よりも体力を使いやすくなり、結果、知らず知らずのうちに体力が低下しがちなのです。

体力が低下した状態で病気などになると、思いのほか長引いたり、重症化することがありますので、注意が必要だというわけです。

また、冬の乾燥した空気も、建康にとっては大敵です。

 

呼吸の際に乾燥した空気が鼻やのどなどの粘膜に触れますと、粘膜が本来持っている抵抗力が低下します。

元々、のどなどの粘膜には、ばい菌に対する抵抗力があって、少々のばい菌がついたとしても平気なのです。

しかし、乾燥した空気によって抵抗力が落ちてしまいますと、いつもなら平気な程度のばい菌でも、病気になりやすくなってしまいます。

そういった意味でも冬の健康管理には要注意なのです。

 

 

スポンサードリンク


冬の健康管理で特に気をつけておきたいのは感染症

冬の健康管理ではさまざまなことに注意が必要ですが、中でも特に気をつけておきたいことのひとつが、感染症です。

この場合の感染症とは、インフルエンザや風邪などのことです。

特にインフルエンザは冬場に大流行することが多く、しばしばテレビのニュースなどでも取り上げられています。

 

冬の感染症対策としておすすめなのは、以下の3つです。

ひとつは、室内の温度や湿度を適切な状態に保つことです。

確かに我慢は美徳ではありますが、冬の寒さを我慢し過ぎていると、気持ちは大丈夫なつもりでも、体力は自然と落ちていきます。

 

その結果、ご自分の体が感染症にかかりやすい状態になってしまいますので、注意が必要です。

屋外の気温はこちらではコントロールのしようがありませんので、せめて室内は適度に暖かくしておきましょう。

20度前後がひとつの目安です。

また、湿度に関してですが、乾燥し過ぎますと感染症にかかりやすくなりますので、加湿器などもご利用いただきつつ、50~60%より上の湿度を保っていただければと思います。

 

次に生活習慣の面についてですが、手洗いとうがいを手を抜かずにきちんと行なうことが大切です。

これらは基本中の基本なのですが、感染症対策としてはかなり効果的です。

しっかりやれば、その分、体を守ってくれます。

最後は食事や睡眠に関することです。

 

元々、人間の体には免疫力という、病気を治してしまう力が備わっています。

しかし、食事の栄養が足りなかったり、睡眠不足になっていますと、免疫力が低下してしまい、普段なら自然に治っているはずのものが治らずに、そのまま重症化したりします。

免疫力を高めるために、日ごろから栄養のあるものをしっかり食べて十分な睡眠をとるということが、感染症対策ではとても重要なのです。

 

 

冬の健康管理では血圧に注意すべし!

冬の健康管理では血圧にも注意が必要です。

日ごろから血圧が高めな方は、特にご注意ください。

まず、なぜ冬場は血圧に注意が必要なのかということについてですが、これは冬の寒さと関係があります。

血圧は血管の状態と深い関わりがあるのですが、血管というものは気温が低いと縮まってしまう性質を持っています。

 

そうなりますと、普段より縮まった血管の中を血液が通っていくことになり、結果、血圧が高くなってしまうのです。

このように寒さによって血圧が高くなりますと、脳出血などが起こりやすくなります。

ちなみに脳出血とは、昔でいうところの脳溢血のことです。

これを防ぐためには、体が急激に冷えたりしないように気を配ることです。

 

たとえば寒い中に薄着で出ていくと、体も冷えてしまいますよね? ある程度の厚着をしておけば、寒いところに出ていっても体は急激には冷えませんから、血圧にはそれほど影響は出ない、ということになるわけです。

お家の中でも、たとえば朝の台所などはとても寒くなっている場合が多いですから、暖かい服装をして暖房などでしっかり室温を上げてから朝ごはんの準備などをされるのがおすすめです。

 

 

冬の健康管理では、お風呂でのヒートショックに要注意!

これは血圧とも関係のある話なのですが、冬の健康管理では、入浴の前後に特に注意する必要があります。

既にお伝えしました通り、急激な温度変化というものは血圧には決してよくはありません。

しかし、この急激な温度変化が特に起こりやすくなっているのが、お風呂に入る前後なのです。

 

お風呂に入るため、暖かいリビングを出て、寒い脱衣所に行き、そして湯船に入って熱いお湯につかる。

そして、お風呂を済ませたら、また寒い脱衣所に行き、次に暖かいリビングや寝室に行く。

このように、入浴の前後には体の温度が急激に下がったり上がったりをくり返すことになりますので、血圧にはかなりの悪影響を及ぼすことになります。

 

また、入浴の際だけでなく、夜、起き出してトイレに行く時などにも同じことが言えますので、注意が必要です。

ちなみに、急激な温度変化によって体に悪影響が出ることをヒートショックと言います。

ヒートショックは心筋梗塞などにもつながりやすく、年間1万人以上の方がヒートショックが原因で亡くなられています。

特に高齢者の方に多いので、ご家族にいらっしゃる場合には十分注意してください。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/410/trackback

PAGE TOP