ライザップ体験談とコンビニ食事でOK

ライザップ 体験

痩せたいけれど痩せられない、ダイエットをしたけれどどうしても長続きしないと悩んでいる人も多いと思いますが、そんな中注目を集めているのがライザップでのダイエットです。

 

ライザップは2ヶ月間と言う決められた時間の中でトレーニングや食事制限を行ない確実に痩せることが出来るダイエットジムです。

 

このライザップでのダイエットは基本的にトレーナーとのマンツーマンで行われる形となり、トレーナーの指示の元効率よくトレーニングを行っていきます。

 

トレーニングに関してはスタンダードコースの場合は1回50分、週二回のトレーニングでOKですので、自分で毎日トレーニングジムに通い必死にダイエットを行うと言ったことは無く、1回のトレーニングで効率よく筋肉を鍛え痩せやすい体を作るといったトレーニング方法を採用しています。

 

トレーニング後には筋肉を回復させるための休息日数も必要ですので、その為の週二日のトレーニングになっています。

ライザップのダイエットの特徴としてはトレーナーによる徹底した食事制限が挙げられ、この食事制限と週二回のトレーニングが合わさることで初めてダイエットの効果が出てくることになります。

 

ライザップ 体験をした人の写真や動画を見ると、明らかに別人のような風貌に変化していますが、これはその人が特別なわけではなくライザップのトレーニングを行なえば誰もが変わることが出来る姿となります。

 

自分でダイエットを行う際に失敗しやすいのが食事制限ですので、それをトレーナーがきちんと管理してくれる点は非常に優れたダイエット管理だと言えます。

 

どうしても自分一人だとどこかで甘えが出てしまい易いのですが、トレーナーとマンツーマンで目標向かって進んでいると考えればやる気も出ますし、自分の甘えもトレーナーがきちんと指摘して修正してくれますので、ライザップのダイエットは失敗がないわけです。

 

仮にトレーニングでの効果がなかなか出なかった場合には30日間全額返金サービスも利用できますし、週二回という少ないトレーニング日数ですから空いた時間にトレーニングを行うことが出来るため忙しい人でも効率よくダイエットが出来ます。

 

入会前には現在の状態を知るためのカウンセリングもしっかりと行われますので、そのカウンセリングで納得できなければ無理な入会も行う必要がありません。

その為納得してトレーニングを行うことが出来ますので、ライザップのダイエットは失敗が少ないといえます。

 

 

スポンサードリンク


ライザップ 食事 コンビニ

ライザップのダイエットで最も重要と言えるのが厳しい食事制限です。

ライザップ 食事制限はダイエットを行うためには欠かせないものですし、食事制限をしながら余分な脂肪を無くし鍛えた筋肉の維持を行うためただ単にライザップでトレーニングを行なえば誰でも痩せると言うわけではないといえます。

 

ライザップの場合、トレーニングの効果を最大限に引き出すための食事にこだわっており、太る原因となる糖質をカットし、筋肉を維持し痩せやすい体を作るためのたんぱく質の摂取を推奨しています。

 

その為ライザップでは野菜中心の食事制限をお勧めしていませんし、全く食べないダイエットも行うべきではないと考えています。

 

 

ダイエットに必要なのはいかに体に付いた脂肪を燃焼させて無くしていくかですので、その為の基礎代謝を上げるためのトレーニングであり食事制限で有るわけです。

基本的に食事に関してはカロリーよりも糖質カットを主な目的とした制限を行っており、炭水化物など糖質の多い食材は一切摂取しない形のメニューを推奨しています。

 

その為、お米や麺類、パンと言った炭水化物の摂取はライザップの食事では禁止となりますが、それ以外のものであれば食べても問題ないものが多いと言えます。

 

例えば、コンビにで販売されている食べ物に関しても、食べても問題ないものは非常に多いと言えます。

どのコンビニでも売られている、サラダチキンに関しては、トレーニングによって鍛えた筋肉を維持するためのたんぱく質が豊富に含まれています。

その為、サラダチキンはいくら食べても問題の無いメニューとなります。

 

実はコンビニ定番のおでんに関しても摂取しても大丈夫なものが多く、大根や白滝、こんにゃくなどはライザップの食事制限にひっかからないメニューと言えます。

 

たまごを使用したコンビニメニューも食べても大丈夫なものですし、魚に関してもコンビニで売られているサバ味噌などは摂取OKのメニューです。

 

パンに関しても最近ではコンビニで、「ふすまパン」と呼ばれるパンが登場していますので、それに関しては糖質が大幅に少ないため食べても大丈夫なパンとなります。

 

麺類も低糖質麺がコンビニで売られていますので、それを使用したメニューで有れば問題なく食べることが出来ます。

 

もちろんトレーナーの人の意見も参考にしながらコンビニで買えるダイエット食のチョイスは必要となりますが、意外とコンビニでも食べられるものは多いのでそれほどストレスにはならないでしょう。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/374/trackback

PAGE TOP