ダイエット方法で一番のオススメは、水泳?!

ダイエットにおける水泳の役割とは?

ダイエットを検討中の方の中には、
水泳をやってみようかな、と思っていらっしゃる方も
多いと思います。

確かに、
ダイエットには水泳がよい、という話は
よく耳にしますし、水泳をすることで
効果的な減量に成功した、という方も多いようです。

しかし、

実際のところ、ただ何となく水泳をやっていて
ダイエットに成功するというのは、
少し期待薄なところもあるのです。

 

そもそもダイエットというのは体重を落とすために
やるものですが、体重が増えている原因は
カロリーのとり過ぎです。

ですから、ダイエットを行なうにあたっては、
カロリーの量を減らすことと、
運動してカロリーを消費することの両方を、
同時に行なわなくてはなりません。

このうち、運動にあたるのが水泳です。

ですので、ただ水泳を行なうだけでは不十分で、
カロリーの量を減らすこともいっしょにやることで、
ダイエットの効果が出やすくなるのです。

効果的なダイエットのためには
水泳と食事の両方に気を配ることが重要です。

 

 

スポンサードリンク


 

 

ダイエットのための運動に水泳がおすすめな理由とは?

ダイエットのための運動に
水泳がおすすめな理由はいろいろありますが、
中でも代表的なものは、浮力と水の抵抗です。

まず浮力についてですが、
浮力とは読んで字のごとく、浮かせる力のことです。

水に軽いものを乗せると、
下に沈んで行かずにそのまま浮いていますが、
これは水に浮力があるからです。

 

もちろん、鉄の塊などの重いものを乗せると、
そのまま沈んで行ってしまいますから、
浮くか浮かないかは乗せるもの次第です。

ですが人体は鉄などよりもはるかに軽く、
普通にしていれば水に浮くようになっています。

さて、この浮力がなぜ重要なのかと言いますと、
体への負担を軽くし、
怪我を防いでくれる効果があるからです。

 

ダイエットのための運動としては
ジョギングやウォーキングなどがありますが、
これらの運動では何キロも移動する間、
自分の体の重さを自分の足腰で
支えなくてはなりません。

それに比べますと水泳や水中ウォーキングでは
、浮力が自分の体を浮かせてくれますので、
地面の上を歩いたり走ったりする時のような負担は、
足腰にはかかりにくくなっています。

 

これは当然、怪我の予防にもつながりますし、
また、運動の際に感じるしんどさも変わってきます。

また、もうひとつの水の抵抗についてですが、
水というものは空気とちがって、
その中を動く時にある程度の
手応えのようなものがあります。

 

そのため、空気の中を動く時よりも
少し動きにくくなっているのですが、
この動きにくさの原因となっているのが水の抵抗です。
この水の抵抗があることによって、
水泳や水中ウォーキングの際に、
体全体にゆるやかに負荷がかかります。

分かりやすく言いますと、
普通に空気の中を動く時よりも
少しだけ体の力が必要になってくるということです。

その分、体全体の運動量も自然と増えてきますので、
よりダイエットの効果が出やすくなるのです。

 

 

 

ダイエットのための水泳を、より効果的に行なう秘訣とは?

ダイエットのために水泳を行なう場合、
まず注意しておきたいのは、泳ぐ前と泳いだ後です。

まず、泳ぐ前ですが、
最初にストレッチをすることです。

そしてその後で、体全体をほぐすような感じで、
手足を大きく使いながら泳ぎます。

この時に泳ぐ距離は200メートル程度で十分です。
これをウォームアップと言います。

 

そうして体をある程度、
暖めてから本格的な泳ぎを始めると、
効果が出やすくなります。

また、泳ぎ終わった後にも、
忘れずにストレッチをしておきましょう。
これをクールダウンと言います。

クールダウンによって、
水泳の疲労が体に残りにくくなります。
筋肉痛の予防にも効果的ですよ。

 

次に、肝心の水泳の中身についてです。

水泳にはいろいろな泳ぎ方がありますが、
まず押さえておかなければいけないのは、
以下の2点です。

 

ひとつは、自分にとって無理のない内容であること、
そしてもうひとつは、
できる範囲でそこそこハードに、ということです。

このふたつは一見、矛盾するもののように見えますが、
実は両方そろっていないと、
ダイエットとしての効果は出にくいのです。

 

まず、無理のない内容ということについてですが、
ダイエットのための水泳には、
ある程度の時間、きちんとしたフォームで
泳ぎ続けることが必要です。

ですから、まずは自分にとってやりやすく、
続けやすいものから始めましょう。

 

やりやすさということからいえば、
いちばんのおすすめは水中でのウォーキングです。

次が平泳ぎ、そしてその次がクロールとなります。

バタフライなどもありますが、
長時間、きちんとしたフォームで
泳ぎ続けるのはなかなか大変ですので、
以上の3つがおすすめです。

 

次に、できる範囲でそこそこハードに、
ということですが、やはり運動ですので、
しんどさを上げた方が効果が出やすいのです。

効果を上げることを重視する場合でしたら、
いちばんのおすすめがクロール、次に平泳ぎ、
その次が水中ウォーキングとなります。

また、スピードを上げて距離を重視して
泳ぐというのも、おすすめです。

もちろん、負担が大きくなり過ぎない方限定です。

 

結論としましては、
ウォームアップとクールダウンをきちんと行ない、
自分ができる範囲の運動を、
できる範囲でそこそこハードにやる、というのが、
水泳で効果的なダイエットを目指すにあたっての
ポイントとなってきます。

 

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/330/trackback

PAGE TOP