血糖値の下げ方は、水泳よりもウォーキングと食事?!

血糖値の下げ方について

血糖値の下げ方の2大要素とは、
ずばり食事と運動です。

日々の生活の中で食事に注意し、同時に適度で
適切な運動を取り入れることが、
血糖値を下げる上では非常に効果的なのです。

 

特に食事に関しては、
食べ物や飲み物の種類だけではなく、
食事の仕方そのものに気をつけることが、
血糖値を下げるためには重要になってきます。

ただ、食べ物や飲み物に気を配るだけでは
十分ではありませんので、注意してくださいね。

  

血糖値の下げ方 目次

血糖値の下げ方について
血糖値の下げ方(食事編)
血糖値の下げ方(運動編)
血糖値の下げ方(食材編)
 
 

スポンサードリンク



 
 

血糖値の下げ方(食事編)

ここでは血糖値の下げ方の中でも、
食事の仕方についてご紹介していきたいと思います。

まず、最初に申し上げておきたいのですが、
食事をすれば血糖値が上がってしまうのは、
ある程度は仕方ありません。

ですが、

食事の際に気を配ることによって、
血糖値の上がり方を少なくすることができるのです。

次に、具体的な注意点についてですが、
まずは食事の量についてです。

 

満腹になるまで食べてしまうのは、
血糖値を下げる上では絶対に避けたいことです。

極端に減らす必要はありませんが、
腹八分目を目安に、ある程度、
抑えるようにしてください。

次に、食事をする時のスピードについてです。

たとえ、同じ内容の食事をする場合であっても、
時間をかけてゆっくりと食べるのと、
パッパッと手早く食べてあっという間に
完食してしまうのとでは、
血糖値の上がり方が大きく変わってきます。

 

もちろん、

ゆっくり食べる方が血糖値は
上がりにくくなりますから、
普段は早食いの方であっても、
血糖値が気になる場合には、
できるだけゆっくりと食事をするよう、
心がけてください。

ちなみに食べる量やスピードだけではなく、
食べる順番にも気を配ると、
より血糖値が上がりにくくなります。

具体的には、最初に野菜、次に肉や魚、
そして、最後にご飯などの炭水化物という順番で
食べるのがおすすめです。

 

特に炭水化物と野菜では、
野菜の方を先に食べるよう、気をつけてください。

炭水化物を食べるとどうしても
血糖値が上がりやすくなるものですが、
野菜に含まれている食物繊維には
炭水化物の吸収を抑える効果があります。

ですから、炭水化物の前に野菜を食べておくと
効果的なのです。

 

野菜だけでなく、海藻やキノコ類にも
同じ効果がありますから、
野菜に飽きてしまった時には
海藻やキノコ類で
気分転換をしてみるのもおすすめです。

  


  

血糖値の下げ方(運動編)

ここでは運動による血糖値の下げ方について
ご紹介していきます。

食事の場合とちがって、
運動では直接的に血糖値を下げることができます。

血糖値の上がり方を抑えるのではなく、
血糖値自体を下げる効果がありますので、
積極的に取り組んでいきたいものです。

では、具体的にどのような運動をすればよいのかと
いう話になりますが、
血糖値を下げることが目的の場合には、
体に大きな負荷がかかるような、
きつくてしんどい運動は必要ではありません。

 

むしろ、体への負担が少なくて、
コツコツとコンスタントに続けられるような
運動の方がおすすめです。

血糖値を下げるための運動というものは、
とにかく続けるということが大切になってきます。

短い期間にガーッと集中してやって
何とかなるといったものではありませんので、
やる側にもそれなりの根気が求められます。

血糖値を下げるための運動として
特におすすめなのは、有酸素運動です。

 

有酸素運動とは、息を止めずにできるような運動や、
やっていて息が苦しくなり過ぎないような
運動のことです。

具体的にはウォーキングやジョギングなどが
挙げられます。

一方、

短距離走や重量挙げなどのように、
やった後、ぜえぜえと息が苦しくなるような運動は
無酸素運動と言います。

血糖値を下げるために効果的なのは、
無酸素運動ではなく、有酸素運動です。

ウォーキングやジョギングを例として挙げましたが、
エアロバイクなども効果的です。

 

ちなみに、水泳の場合には、頑張り過ぎたり、
間にちょこちょこと休憩を入れ過ぎたりすると、
有酸素運動ではなく
無酸素運動になってしまいますので、
注意が必要です。

確実に有酸素運動にしたければ、
水中ウォーキングにしてみるとよいでしょう。

なお、

血糖値を下げるために運動をする場合には、
食事の後、30分は経ってから
始めるようにしてください。

食後すぐに始めるのは、
あまりおすすめではありません。

回数は週3日以上、
1回あたり最低でも30分はやると
効果が出やすくなります。

  


  

血糖値の下げ方(食材編)

食材による血糖値の下げ方に関しては、
ポイントが2つあります。

ひとつは血糖値が上がりにくくなる食材を
選ぶということ、
そして、
もうひとつは血糖値が上がりやすい食材の量を
制限するということです。

まず、

血糖値が上がりにくくなる食材についてですが、

すでにご紹介しました野菜や海藻、キノコ類などの
他に、調味料として、酢やオリーブオイルなども
血糖値の上昇を抑える効果があります。

 

次に

血糖値が上がりやすい食材の量を
制限するということについてですが、
こちらの代表的なものは炭水化物です。

ご飯やパン、うどんなどが代表的ですが、
他にもかなりの食材に炭水化物が含まれています。

最近では、成分表示で
炭水化物の量を確認することができますので、
そちらを参考にしていただければと思います。

[炭水化物]の代わりに[糖質 食物繊維]という
形で表示されていることもあります。

  

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/309/trackback

PAGE TOP