風邪を治すのにお風呂は大丈夫?

風邪をひいたとき、
お風呂には入らない方がいいという意見や
逆に入った方が良いという意見があり、
どうしたらよいかとまどうことがありますね。

昔はお風呂場は外や家の隅にあったこともあり、
入浴後冷たい風にあたることにより
湯冷めをし余計にひどくなる、
といったことがありました。

脱衣所も寒かったのでどうしても、
冷たい風にあたる時間が多かったのです。

 

 

ですが、

近代では部屋自体が暖かいことが多く、
お湯の温度も急激にさがることはありません。

浴室も暖かくなる機能がついており、
お湯の温度も自由に設定ができます。
そのため、こういった意見が出てきているのです。

お風呂には体を温める効果だけでなく、
リラックスするといった癒しの効果があり、
正しく入浴するとお風呂の効果がより高まります。
その効果を利用しての風邪の治し方があります。

風邪の治し方は正しく入浴することにあります。

入浴するメリット

入浴するメリットとして

体の隅々まで血が巡り血行が良くなる、
筋肉がほぐれ血管を広げる、
鼻づまりの場合は鼻の通りが良くなる、
湯気により喉が保湿される、といったことがあります。

また、体を洗うことにより、
皮膚が清潔になり発汗作用を促すことができます。
お湯につかると体温があがりますが、
体は熱を下げようとするので
解熱剤をしようするよりも、
ゆるやかに体温を下げることもできます。

ウイルスは熱に弱いので
体を温めた方がより早く治ります。

次に風邪を引いたときにお風呂に入って良いかですが、
37.5度くらいの体温でしたら入浴しても構いません。
ただし、
入浴することにより体が冷えてしまったり、
長湯をすることにより体力を消耗したりすると
風邪がひどくなることがあるので、
体を冷やさず体力が落ちないうちにあがる、
というのが一番良いでしょう。

 

スポンサードリンク


微熱程度の風邪の治し方

微熱程度の風邪の治し方は
事前に脱衣所や浴室を温めます。

お湯の温度は適温とされる温度にし、
汗をかく少し前に上がるようにします。

湯冷めしないよう、しっかりと拭き、
すぐに布団に入るようにします。
シャンプーはしても構いませんが、
良く乾かさないと冷える原因になるので
ドライヤーなどでしっかりと乾かすように気を付けます。
ポイントはお風呂に入る前から部屋や浴室を温め、
湯冷めしないようにすばやく体をふく、
しっかり水分補給をしたのち、
布団で休む、ということです。

なお、入浴しない方が良い時もあります。

熱が38度以上ある時、嘔吐してしまったり、
ひどく下痢をしてしまっている時、
悪寒を感じるとき全身にひどい倦怠感がある時です。

めまいや頭痛の場合も控えた方が良いでしょう。

もちろんインフルエンザと
診断された場合も入浴は控えます。

体を温めると免疫力が上がり、
細菌をやっつけるリンパ球が活発になります。

そういった体の力を利用すると
早めに症状が軽くなります。
なお、
具合が悪い時は長湯をすると余計に疲れます。

入浴剤を入れると長く入っていたくなるので、
具合が悪い時は入れずにほど
よく温まってから出るようにしましょう。

以上のことから風邪を治すのにお風呂入った方が
良いが、お風呂の入り方と症状によって
気をつけて、お風呂に入ってください。

身体の体調管理はしっかりしていきましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/273/trackback

PAGE TOP