咳が止まらない夜 寝れないつらいときはこれ!!

夜に咳が止まらないと十分に寝れないので、
睡眠障害に陥り日常生活にも影響が出ます。

夜に寝れないほど咳が出るのは、
副交感神経が優位になっていることが原因です。

寝る前はリラックスしているので、
交感神経よりも副交感神経の方が活性化されます。

 

しかし、
副交感神経が優位になると気管や気道が狭くなるので、
ホコリや菌に敏感になってしまいます。

咳は本来ホコリや菌の異物を
体外に排出する働きを持つので、
夜は咳が出やすくなります。

加えて狭い気管や気道からは異物も詰まりやすいので、
何度も咳をしないと除去されません。

咳が止まらなくて寝れない時は、
3つの対処法が有効です。
まず喉を乾燥から防ぐことです。

 

寝る前は必ずぬるま湯を飲みます。

冷たい飲み物は気管を刺激するので
咳を引き起こす原因になるので、
ぬるま湯などの温かい飲み物が喉に優しいです。

 

寝室は加湿器を設置して湿度を
コントロールすると良いです。

またマスクも喉を潤す効果があります。
マスクをすると口の中の水分が減りにくく、
呼吸をすることでスチームを浴びているのと
同じ状況になります。

加湿器が自宅のない時は、
濡らしたタオルなどを部屋にかけるだけで、
乾燥を防げます。

マスクの素材は吸湿性や
水分の保持力の高い綿100%が適しています。

 

咳にはレンコンが良い

次に咳を抑制する食べ物を夕食に食べることです。
レンコンに粘り気があるのは、
ムチンという成分を含んでいるためです。

ムチンは粘膜を強化する効果があり、
喉の粘膜を保護するのでホコリや菌に対して過剰に反応するのを防ぎます。

またレンコンに豊富に含まれているタンニンには、
強い止血作用と炎症を抑制する働きがあります。

 

 

スポンサードリンク


 

 

ショウガも良い

さらに昔からショウガを噛むと
咳が止まると言われています。
咳の妙薬であるショウガは、カリウムは亜鉛、
銅などのミネラルを多く含んでいます。

漢方薬にも用いられており、
風邪のひき始めにショウガを食べると
悪化するのを防いで、咳の頻度も減ります。

ショウガは大根とも相性が良いため、
それぞれ同じ分量のショウガと
大根を入れた大根湯を食後に飲むと良いです。

 

パイナップルもオススメ

咳止めシロップを飲むより5倍も効果的なのが、
パイナップルです。

パイナップルにはブロメラインという
抗炎症作用のある酵素が存在します。

この酵素がバクテリアを消滅させて感染症を防止します。

より新鮮なパイナップルジュースでは、
喉の炎症を抑制して
痰が外に出るのをサポートするので、
何度も咳を繰り返す必要がありません。

そして寝る時の姿勢を変えてみることです。

もし仰向けで寝ているならば、
横向きになるだけで改善する余地があります。

仰向けは気道を狭めるため、
副交感神経が優位になった夜に不適切な姿勢です。

エビのように丸くなって寝ると
気道が確保されて呼吸が楽になります。

また枕を少し高くしたり、
どうしても咳が止まらなくて寝れない場合は、
体を起こしたり
30度に傾けた座椅子に移動したりすれば、
呼吸が安定して再び眠りにつくことができます。

睡眠は大事です。
夜練れないのは誰でもつらいと思います。

みなさんも体調管理には気をつけてください。

 

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/264/trackback

PAGE TOP