膀胱がんの症状と治療と原因、松原徹さんの死因について

日本プロ野球選手会事務局長の松原徹さんの
死因の膀胱がんについて、症状と治療と原因について
しらべてみました。

膀胱がんと言うがんは、
がんの進み具合を示すステージによっても異なるものの、
比較的、生存率の高いがんになっていると言う事が
言えるがんになっています。

 

早期発見の生存率は、95%にもなっており、
やはり、早期発見が第一条件になっています。

そんな、膀胱がんの症状は、
わかりやすいとも言われています。

 

主な症状としては、頻尿や排尿痛、
残尿感などと言った排尿に関する違和感と
言ったものが主な症状になっています。

そんな症状を感じたら、迷わず、
泌尿器科を受診する事が生存率を
上げる第一歩になっているのです。

 

 

膀胱がんの原因

膀胱がんになる原因としては、
喫煙が大きな原因の一つだと言われており、
禁煙者に比べ、約2~4倍膀胱がんになりやすいと
言うデータがあるほどです。

その他の原因としては、
塗装業者や印刷業者に膀胱がんが多いと言う事から、
化学物質が原因の一つだとも言われています。

 

その他にも、膀胱内に結石ができている人も
確率が高いとも言われており、

やはり、
尿に関する違和感などを感じた場合は、
すぐに受診し検査する事が
一番だと言う事が言えると思います。

 

比較的、早期発見を行いやすいがんと言う事で、
自己管理を行う事で早期発見につながり、
生存率を上げる事ができるがんになっています。

年間10万人に15人前後の割合で
発生すると言われている膀胱がん、
男性や喫煙者は特に発病率が高くなっています。

 

他の全ての病気と同様に、
早期発見、早期治療が大切です。

ではこの膀胱がんの具体的な4つの治療法に注目してみましょう。

 

 

スポンサードリンク


膀胱がんの治療法や手術について

膀胱がん:外科的治療

外科的治療とは、薬のように内部から治療するのではなく、
手術を行い治療する方法です。

膀胱がんの外科的治療は、大きく分けて2種類あります。

1つ目は内視鏡手術です。
内視鏡と呼ばれる体内を観察、
写真撮影出来る器械を尿道から挿入し、
電気メスで腫瘍を切除します。

2つ目は膀胱を全て摘出してしまう手術です。
がんがかなり進行している際に必要となります。

 

膀胱がん:放射線療法

がん細胞に放射線を照射し、がん細胞を破壊したり、
増殖を抑制する治療法です。

外科的治療とは異なり身体を切らないので、
身体への影響が大きくありません。

放射線により正常な細胞もダメージを受けますが、
がん細胞とは異なり自己修復が可能です。

 

膀胱がん:化学療法

抗がん剤を投与し、がん細胞の増殖を抑制、殺傷します。

抗がん剤は注射などの形で体内に入り、
がん細胞を攻撃します。

外科的治療と併用される事が良くあります。

 

膀胱がん:膀胱内注入療法

膀胱内に抗がん剤を注入する治療法です。
外来による治療が可能です。

こうした4つの方法により、膀胱がんの治療が可能です。

膀胱を摘出しない限り膀胱は存在し、
再発のリスクがあります。

治療後も定期的に通院し、
検査を受ける事が重要でしょう。

 

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/236/trackback

PAGE TOP