叶美香入院アナフィラキシーショックの症状の対応と治療方法について

叶美香さんが入院した原因でもある

アナフィラキシーショック。

アナフィラキシーショックの原因は、
免疫の反応による全身に現れるもので、
代表的な原因は、

多くの場合、食物アレルギーなどが原因で
起こると言われています。

 

 

 

その他にも、
蜂に刺されて起こるアナフィラキシーショックも
非常に恐ろしいものだと言われており、

日本国内では、
蜂に刺されたアナフィラキシーショックで年間、
数十人の人が亡くなっているとも言われています。

どういった症状が現れるかというと、
全身性というのが特徴で、
全身に蕁麻疹や高潮などの
皮膚症状が起こるのが代表的な例です。

 

下痢や嘔吐、腹痛、他にもめまいや
意識障害、他にも
呼吸困難や血圧低下を引き起こし、
最悪命を落とす可能性があります。
 
 
スポンサードリンク


  

アナフィラキシーショックの症状

「アナフィラキシー」は、とても短い時間のうちに
全身性にアレルギー症状が出る反応のことです。

主にアレルゲン物質を
食べたり飲んだりなどして体内に取り込むと、
「アナフィラキシーショック」として発症します。

 

アナフィラキシーショックは、
じんましんやかゆみなどの「皮膚症状」、
咳が出たり息が苦しくなる「呼吸器症状」、
腹痛や吐き気などの「消化器症状」、
目のかゆみや唇が腫れるなどの
「粘膜症状」などの複数に及んで症状が出ます。

 

血圧の低下や意識障害なども引き起こされる場合があり、
ときには生命維持が出来なくなるほど
危険な症状になることもあります。

主な食べ物のアレルゲン物質としては、
卵・牛乳・小麦・ナッツ類などがあります。

 

スズメバチなどに刺されて引き起こされる
蜂毒アナフィラキシーショックもあります。

薬物によるアナフィラキシーショックもあり、
風邪薬などの一般的なものでも
発症する場合があります。

 

稀にですが、
運動している最中に起きる
運動性アナフィラキシーショックもあります。

この場合は運動を止めて
休息を取ることでおさまることが多いです。

 

アナフィラキシーショックの症状を
起こした人がいた場合は、
早急に適切な対処が必要です。

食べ物による症状の場合は、
口から原因の食べ物を取り出し、
触れた場合は水で洗い流してください。

 

ショック症状が酷いときは、
アドレナリン自己注射を素早く用いてください。

それから直ぐに病院へ搬送しましょう。

  

アナフィラキシーショック 対応について

そんな、アナフィラキシーショックを起こした場合、
周りにいる人は、どのような対応を行えば良いのでしょうか?

もちろん、すぐに救急車の手配や
病院に連れて行くと言った事が必要になってきますが、
それまでの時間に対応する事は可能になっています。

 

アナフィラキシーショック対応:食べ物

食物でのアナフィラキシーショック対応の場合、
口にその食物が残っている場合は、
すぐに取り除くようにします。

出来れば、取り除いたうえで、
水で洗浄するようにします。

 

アナフィラキシーショック対応:蜂

蜂の場合、
出来れば針を取り除く事が望ましいですが、
無理は決してせず、そのままの状態で
医師にお願いするほうが良いと言われています。

無理に針を取り除こうとする事で、
針が奥まで入ってしまったり、
細菌を奥まで入ってしまったりと
言った危険がある為です。

このような応急処置する対応を
しっかりと行ったうえで、医師による的確な診察を
行う事が大切になってくるのです。

 

アナフィラキシーショック対応:嘔吐

嘔吐などがひどいような場合は、
喉に詰まる事を防ぐ為、
身体を横にすると言った対応も行う事が大切になってきます。

  

アナフィラキシーショック治療について

アナフィラキシーショックになったら
どのような治療をするかというと、
とにかく緊急を要すので、
すぐに病院で治療を行わなければいけません。

まずは、エピネフリンを注射し、
下がっている血圧を引き上げます。

また、収縮している器官を拡張して
呼吸機能を回復させます。

 

そして、

全身の抹消血管収縮作用によって
全身のショック症状を回復させます。

他には、抗ヒスタミン薬や
ステロイド薬を使用して炎症を抑えたり、
グルカゴンを使用して血糖値を上昇させ、
ショック状態を回復させたりします。

病院に行くとこのような治療をして回復させます。

 

しかし、

一番の治療法は
アナフィラキシーショックにならないように、
予防をする事です。

アレルゲンとなる物質を摂取して
体に取り込まない事が一番安全です。

アナフィラキシーショックは
命にかかることなので、原因になるような
食べ物は気をつける必要があります。

 

特に、小さい子供ですと、
食べ物にアレルギーがあったとしても
気づかず食べてしまう可能性があるので
親は良く観察して
口に入れないように気をつけましょう。

予防すれば怖い病気ではないので、
気をつけて生活をする事が大事です。

  
スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/220/trackback

PAGE TOP