インフルエンザで学校閉鎖と登校について

インフルエンザを発症した生徒が再び登校を
開始する条件は学校によって異なります。

学校で明確なルールを設け、
その条件を満たす事が登校の条件になる所もあります。

 

一方、学校の教師等が保護者、医師、本人と
コミュニケーションを取り、
登校させても本人の健康や
周囲の人間の健康に問題がないと
判断した時にそれを認めるケースもあります。

明確なルールや基準がないため対応に差があります。

 

インフルエンザからの復帰は
医師の判断を尊重するケースが多いです。

教師や教育委員会が混乱するので
インフルエンザからの復帰する時の明確な基準や
ルールを決めた方が良いです。

 

それを決めていれば
それに従ってスムーズに行動する事が出来ます。
また、教育現場がパニックにならずに済みます。
インフルエンザからの回復時間や症状は千差万別です。

登校条件に関するルールを設けると
様々な動きに迅速に
対応する事が出来ないというリスクもあります。

 

しかし、

ある程度のルールや基準を設けていなければ
どうすれば良いかわからず
本人や周囲の人間が苦しい思いをします。

それを設け、それで対応する事が出来る部分は対応し、
対応が難しい部分は現場で臨機応変に動く事が重要です。

インフルエンザの問題は生徒や児童だけではなく、
教師も直面する可能性があります。

 

大人用と子供用のルールと基準を設けていれば
学校の誰がそのような問題に直面しても
スムーズに対応する事が出来ます。

 

 

スポンサードリンク


 
 

全国で簡単に活用する事が出来るルールや
基準があれば教育現場が混乱や疲弊は生じないです。

登校条件を設けなければ
十分に状態が回復しないままで学校に行き、
さらに患者を増やす可能性があります。

 

本人、保護者、学校関係者だけの力では
問題にうまく対応する事が出来ないです。

ルールや基準を設ける時は
医療機関や保健機関と連携する事が重要になります。

彼らの協力があれば
より多くの問題に迅速に対応する事が出来ます。

 

登校条件を設ける時は
校内にさらなるインフルエンザを
生みださない事を
最優先に考えた方が良いです。

 

問題への取り組み方によっては
患者個人の事ばかりが重視され学校や
周囲の人間の事が軽視される危険性があります。

そこに所属しているすべての人間の健康を
守る事を重視したものでなければならないです。

 

全国で統一したルールや
基準があれば現場のスタッフも動きやすいです。

そのルールや基準で対応が難しい時は
個別に対応すれば特に問題はないです。

生命と健康の保持を最優先に考えるべきです。

 

明確なルールや基準がなければ
学校の業務がスムーズに行われず
子供達の学びに悪影響を及ぼす危険性があります。

子供が元気に学べる環境を維持するためにも
ルールや基準を設ける事は重要です。

 

ルールや基準を設けても
スムーズに行動出来ないケースは
たくさんあります。

そのような時は
個別に動けるようにしておいた方が良いです。

個を認める環境がなければ
問題に直面した時にパニックが
生じる危険性があります。

 

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/202/trackback

PAGE TOP