インフルエンザ ワクチン 予防接種と薬について

現代の日本社会においては衛生環境が確立され、
非常に健康的な生活を営むことができます。

しかし、

その一方でいまだにインフルエンザを代表とする
季節性の感染症の拡大を防ぎ切れていないのが現状です。

 

インフルエンザは毎年少しずつ形を変え、
今に生き延びるまで生き残ってきました。

毎年のようにマスメディアで
季節性の流行が取りざたされていますが、

その陰では医療関係者と
ウイルスとの壮絶な競争があるのです。

実際、
こうしたウイルスの流行に対して
私たちはいくつもの予防策を打ち立ててきました。

 

しかし、

それをすり抜けるような形でウイルスは感染します。

すなわち、進化しているのです。

そして、ウイルスの進化がワクチンの機能を超え、
箍が外れたとき爆発的な感染が起きます。

これがいわゆるパンデミックという奴で、
何度もドラマやマスメディアの特集のテーマとなりました。

 

現在はまだその兆しはありませんが、
新型ウイルスの発生は時間の問題で、
いかに綿らしいワクチンを
開発するかが現代医療の大きな目的の一つとなっています。

 

 

スポンサードリンク



 
 

インフルエンザ:薬とワクチンについて

インフルエンザウイルスのワクチンとは別に、
少し前にタミフルという薬が話題となりました。

ちなみに、

ワクチンというものは
毒性を弱めたウイルスを体内入れることで
抗体を体内に持たせて
一時的にウイルスに対する免疫作用を強化する、
いわゆる予防接種の事を指します。

 

予防接種は免疫を利用した自然な予防法で、
抗体は最も効率の良い
ウイルス除去の手段といえるでしょう。

 

一方、タミフルの様な薬は抗ウイルス剤と呼ばれ、
これらはウイルスの活動に制限をかける薬です。

タミフルやリレンザといったような
抗ウイルス剤の接種に、
発症後の時間制限があるのはこのためで、
あまりにウイルスが体内で増殖してしまうと
薬の許容範囲を超えてしまい、
免疫作用による抗体の機能に任せるほかありません。

 

このように
後退の機能は発症後も有効なので、
もしウイルスに感染した場合でも
症状を比較的軽度のものにとどめることができます。

 

ワクチンの種類としては、
不活化、弱毒性などがあり、
前者は所謂予防注射で
注射針を介して体内に注入するのですが、
後者は点鼻式であり、
針を体に刺すことはありません。

なので、
注射は苦手だ、という方にはおすすめの接種方法です。

 

しかし、
こうした方式は日本に於いてはまだ未承認であり、
自己負担、
自己責任の場合のみ受けることができるので、
事務的な手続きが非常に面倒であるという
デメリットが存在しています。

 

一方、
一般的な予防注射は知っての通り、
日本に於いても推奨されているので
金銭的な負担も非常に少ないというメリットがあります。

どちらのワクチン接種方法にしても、
幾つかの副作用が報告されています。

 

また、
これらの処置はインフルエンザになる事を
防ぐという目的のものではなく、
あくまでインフルエンザが体内に入っても
抗体が素早く対応できるように準備して置き、
重症化を防ぐことが目的なので
インフルエンザの予防に関しては、
やはりマスクなどの日常の行為が重要になっています。

 

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/199/trackback

PAGE TOP