よく風邪を引く人におススメ【5つの風邪予防法】

よく風邪を引く人におススメ【5つの風邪予防法】

よく風邪を引く人におススメ【5つの風邪予防法】

よく風邪を引く人におススメ【5つの風邪予防法】

よく風邪を引く人におススメ【5つの風邪予防法】まとめ

よく風邪を引く人におススメ【5つの風邪予防法】

よく風邪を引いて困る人は、 風邪予防法の実践がおススメで、 主に5つの方法に取り組むと予防に期待できます。

 

風邪の根本的な原因は、 体内への細菌の侵入ですから、 マスクをして吸い込む菌の数を減らすのが1つ目のポイントです。

ただ、 マスクは正しく着用してこそ意味があるので、 隙間なく装着する方法を覚えましょう。 また一度外したものは表面に細菌が付着していますから、 吸い込む恐れのある再装着は止めた方が良いです。 基本的には使い捨てとして、 外出前に装着、 帰宅前に捨てて家に着いたら念入りな手洗いが正解となります。

 

風邪予防法の2つ目は、 体温を上げたり高く維持して免疫力を高めることです。 免疫力は体温に合わせて上下しますから、 身体が冷えないように暖かくすることが大事です。

具体的には汗を掻かない程度に厚着をして、 冷たい空気に触れるのを避けます。 袖は長めで首にはマフラー、 足首には必要に応じてレッグウォーマーと、 組み合わせて対策するのがベストです。

身体を暖かくするといえば、 お茶やショウガ湯、 はちみつレモンなどで水分補給するのも風邪予防法です。 お茶はカフェインが入っていると、 利尿作用で逆に体内の水分が減るので、 カフェインレスのお茶をおススメします。 ショウガ湯は血行を促進するのに有効ですし、 はちみつレモンは喉の粘膜を保護するのにも役立ちます。




 

風邪予防において大切なのは、 身体を温めつつ水分不足を防いだり、 粘膜に潤いを与えることだといえるでしょう。 体温や免疫力といった身体の機能は、 十分な栄養があって初めて働きますから、 忙しくても食事を欠かさないようにしたいところです。

 

4つ目の風邪予防法は勿論食事で、 それも消化が良好で栄養バランスに優れるものが理想的です。 暴飲暴食は胃腸に負担を掛けたり、 消化にエネルギーを使ってしまうのでNGです。

特にビタミン類は免疫力の維持に有効ですから、 肉やほうれん草に卵、 ブロッコリーやかぼちゃといった食材を中心に食べましょう。 いくら気をつけていても、 疲労感やストレスがあると引いてしまうのが風邪なので、 健康維持の基本中の基本、 十分な睡眠の確保が大切です。

 

風邪予防法の5つ目は睡眠で、 疲れた身体をしっかりと癒やしたり、 細胞の働きを高めて上げることです。 埃を溜め込んだ布団や汚れたカバー、 シーツ類は風邪予防を妨げますから、 こまめに取り替え清潔な寝具で眠ることが肝心です。 お部屋の空気の汚れや乾燥も大敵なので、 おやすみ前に換気をしたり、 空気の乾燥に合わせて加湿器を使うのもおススメです。

よく風邪を引く人におススメ【5つの風邪予防法】まとめ

・風邪の根本的な原因は、体内への細菌の侵入ですから、マスクをして吸い込む菌の数を減らすのが1つ目のポイントです。 マスクは正しく着用してこそ意味があるので、隙間なく装着する方法を覚えましょう。 また一度外したものは表面に細菌が付着していますから、吸い込む恐れのある再装着は止めた方が良いです。 基本的には使い捨てとして、外出前に装着、帰宅前に捨てて家に着いたら念入りな手洗いが正解となります。

 

・体温を上げたり高く維持して免疫力を高めることです。 免疫力は体温に合わせて上下しますから、身体が冷えないように暖かくすることが大事です。 具体的には汗を掻かない程度に厚着をして、冷たい空気に触れるのを避けます。 お茶やショウガ湯、はちみつレモンなどで水分補給するのも風邪予防法です。 お茶はカフェインが入っていると、利尿作用で逆に体内の水分が減るので、カフェインレスのお茶をおススメします。 ショウガ湯は血行を促進するのに有効ですし、はちみつレモンは喉の粘膜を保護するのにも役立ちます。 風邪予防において大切なのは、身体を温めつつ水分不足を防いだり、粘膜に潤いを与えることだといえるでしょう。 体温や免疫力といった身体の機能は、十分な栄養があって初めて働きますから、忙しくても食事を欠かさないようにしたいところです。

 

・消化が良好で栄養バランスに優れるものが理想的です。 暴飲暴食は胃腸に負担を掛けたり、消化にエネルギーを使ってしまうのでNGです。 特にビタミン類は免疫力の維持に有効ですから、肉やほうれん草に卵、ブロッコリーやかぼちゃといった食材を中心に食べましょう。

 

・疲労感やストレスがあると引いてしまうのが風邪なので、健康維持の基本中の基本、十分な睡眠の確保が大切です。 睡眠で、疲れた身体をしっかりと癒やしたり、細胞の働きを高めて上げることです。 埃を溜め込んだ布団や汚れたカバー、シーツ類は風邪予防を妨げますから、こまめに取り替え清潔な寝具で眠ることが肝心です。 お部屋の空気の汚れや乾燥も大敵なので、おやすみ前に換気をしたり、空気の乾燥に合わせて加湿器を使うのもおススメです。



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1966/trackback

PAGE TOP