がん治療、医療費と控除について

がん治療、医療費と控除について

がん治療の医療費、控除メニュー

がんに掛かる治療・医療費について

がん治療の医療費、控除について

がん治療の医療費、控除まとめ

がんに掛かる治療・医療費について

もしも癌になってしまった場合、何にどのような費用がかかるのでしょうか。

治療に掛かる費用には、血液検査や生検などをはじめとする検査費用、
診察と手術代に薬代、抗がん剤治療のための薬代や入院費用です。

ほかにも定期的に病院に通うとなれば、交通費や入院時のベッド代や食事代、
さらに生命保険などに加入していれば診断書や証明書にもお金が必要になります。

健康保険に加入していれば、
診療報酬点数で算出される医療費を支払います。
もちろん入院時にも適用されますが、
入院基本料などが掛かることを覚えておきましょう。

もしも健康保険に加入していなかったり、
先進医療などで健康保険が適用されない場合には、
医療費の全額負担をしなければなりません。

先進医療というのは保険適用外の先進的な医療技術などを、
保険が適用できる診療との併用を大臣により認められたものです。

ですから入院費や検査など通常の範囲であれば保険が適用され、
先進医療に関しては患者の全額負担になるわけです。

健康保険に加入している場合に実際に支払うのは、
年齢や所得で異なりますが3割から1割となっています。

ただあまりに高額になると支払えない人が増えるので、
そのために高額療養制度が設けられています。

この制度は病院や薬局で一定額を超えた場合に、
超えた分の金額の払い戻しが行われるため、
自己負担の軽減ができるという制度です。

高額療養制度にも所得や年齢による違いがありますので、
申請の際はよく確認してください。

また、対象となる医療費と対象にならないものがあります。

1か月間で複数の医療機関を受診したり、
同世帯に住む人が複数人医療機関で受診した場合など、
さらに医療費の自己負担を軽減できることがあります。

1年間で公的な医療保険と介護保険を併用した場合にも、
負担額が減ることがありますから、
ご自身が対象となるかわからないときには、市役所などで聞いてみましょう。

ただこの高額療養費には時効があり、
診察を受けた月の翌月の初日から2年が経つと、
払い戻しを受けられなくなるので注意が必要です。




がん治療の医療費、控除について

通常前年の1月から12月までの1年間に10万円以上の医療費を支払った場合、
確定申告により医療費控除が受けられ税金が戻ってきます。

がんに掛った場合には長期にわたる抗がん剤治療や薬代など、
多額の医療費が掛かることが考えられます。

そのようなときには世帯全員の医療費を合算することにより、
少しでも多く取り戻せる可能性が高いです。

がん治療のための費用だけでなく、
ほかの病気での診察代や薬代、交通費なども忘れずに申請することが大切です。

自己負担額から高額療養費や保険会社からおりた保険金を除き、
10万円を超える場合か所得が200万円以下であれば所得の5%を超えることで控除を受けられます。

申請する場所は税務署か市役所などで行いますが、
あらかじめ機器をそろえて手続きを行っていればインターネットからでも可能です。

しっかりと控除を受けたいなら診療明細書や領収書、
各種レシートなどをすべて保存しておく必要があります。

申請可能なのは病気とケガ、歯の治療に掛かった費用などです。

家族でそれぞれ違う医療保険に加入していても、
あるいは別々に居住している場合でも、
仕送りしているなどの家族がいればすべて合算できます。

また障害者認定を受けているがん患者の方は、障害者控除を受けられます。

これは納税者本人か配偶者あるいは扶養家族が所得税法上の障害者に当てはまれば、
一定金額の所得の払い戻しが可能です。

障害者1人につき27万円までと決まっていますが、
特別障害者であれば40万円までです。

ほかにも細かい適用項目がありますから、
ご自身や配偶者などが該当するか確認しておきましょう。

忘れてはならないのが、付添人へ支払った費用や食事代なども対象となることです。

どれが対象となるのか判断が難しい場合には、
税務署の担当者に聞いてみると確実です。

治療や薬代だけでも高額になりますから、
少しでも多く費用を軽減するために、領収書の保存と申請を忘れないようにしましょう

がん治療の医療費、控除まとめ

・もしも癌になってしまった場合、何にどのような費用がかかるのでしょうか。
治療に掛かる費用には、血液検査や生検などをはじめとする検査費用、診察と手術代に薬代、抗がん剤治療のための薬代や入院費用です。
ほかにも定期的に病院に通うとなれば、交通費や入院時のベッド代や食事代、さらに生命保険などに加入していれば診断書や証明書にもお金が必要になります。
健康保険に加入していれば、診療報酬点数で算出される医療費を支払います。
もちろん入院時にも適用されますが、入院基本料などが掛かることを覚えておきましょう。

・もしも健康保険に加入していなかったり、先進医療などで健康保険が適用されない場合には、医療費の全額負担をしなければなりません。
先進医療というのは保険適用外の先進的な医療技術などを、保険が適用できる診療との併用を大臣により認められたものです。
ですから入院費や検査など通常の範囲であれば保険が適用され、先進医療に関しては患者の全額負担になるわけです。
健康保険に加入している場合に実際に支払うのは、年齢や所得で異なりますが3割から1割となっています。
ただあまりに高額になると支払えない人が増えるので、そのために高額療養制度が設けられています。
この制度は病院や薬局で一定額を超えた場合に、超えた分の金額の払い戻しが行われるため、自己負担の軽減ができるという制度です。
高額療養制度にも所得や年齢による違いがありますので、申請の際はよく確認してください。

・対象となる医療費と対象にならないものがあります。
1か月間で複数の医療機関を受診したり、同世帯に住む人が複数人医療機関で受診した場合など、さらに医療費の自己負担を軽減できることがあります。
1年間で公的な医療保険と介護保険を併用した場合にも、負担額が減ることがありますから、ご自身が対象となるかわからないときには、市役所などで聞いてみましょう。
ただこの高額療養費には時効があり、診察を受けた月の翌月の初日から2年が経つと、払い戻しを受けられなくなるので注意が必要です。

・通常前年の1月から12月までの1年間に10万円以上の医療費を支払った場合、確定申告により医療費控除が受けられ税金が戻ってきます。
がんに掛った場合には長期にわたる抗がん剤治療や薬代など、多額の医療費が掛かることが考えられます。
そのようなときには世帯全員の医療費を合算することにより、少しでも多く取り戻せる可能性が高いです。

・がん治療のための費用だけでなく、ほかの病気での診察代や薬代、交通費なども忘れずに申請することが大切です。
自己負担額から高額療養費や保険会社からおりた保険金を除き、10万円を超える場合か所得が200万円以下であれば所得の5%を超えることで控除を受けられます。

・申請する場所は税務署か市役所などで行いますが、あらかじめ機器をそろえて手続きを行っていればインターネットからでも可能です。
しっかりと控除を受けたいなら診療明細書や領収書、各種レシートなどをすべて保存しておく必要があります。
申請可能なのは病気とケガ、歯の治療に掛かった費用などです。

・家族でそれぞれ違う医療保険に加入していても、あるいは別々に居住している場合でも、仕送りしているなどの家族がいればすべて合算できます。

・障害者認定を受けているがん患者の方は、障害者控除を受けられます。
これは納税者本人か配偶者あるいは扶養家族が所得税法上の障害者に当てはまれば、一定金額の所得の払い戻しが可能です。
障害者1人につき27万円までと決まっていますが、特別障害者であれば40万円までです。
ほかにも細かい適用項目がありますから、ご自身や配偶者などが該当するか確認しておきましょう。
忘れてはならないのが、付添人へ支払った費用や食事代なども対象となることです。
どれが対象となるのか判断が難しい場合には、税務署の担当者に聞いてみると確実です。
治療や薬代だけでも高額になりますから、少しでも多く費用を軽減するために、領収書の保存と申請を忘れないようにしましょう




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1933/trackback

PAGE TOP