【喉の違和感】痰や咳、ゲップがでる原因は?病気のサインかも

【喉の違和感】痰や咳、ゲップがでる原因は?病気のサインかも

【喉の違和感】痰や咳、ゲップがでる原因は?病気メニュー

【喉の違和感】痰や咳、ゲップがでる原因について

【喉の違和感】痰や咳、ゲップと病気の関係について

【喉の違和感】痰や咳、ゲップがでる原因と病気の関係まとめ

【喉の違和感】痰や咳、ゲップがでる原因について

咳や痰、ゲップなど、健康な人でもこれらの症状が続くことがあります。

何れも共通していることは喉の違和感ですが、その原因はさまざまです。

咳や痰が続く原因としては、花粉やハウスダストなどのアレルギーがまず考えられます。

これらのアレルゲンが体内に侵入してアレルギー物質を作るため引き起こされるもので、それらの影響のない場所に移動すると症状は治まります。

花粉は春や秋などの決まった季節に現れることが多く、ハウスダストはその根本となるものを除去しない限り長く症状が続くことがあります。

ゲップはそのほとんどが食事の際に食べ物と一緒に飲みこんだ空気ですが、食後でなくても続く場合は唾液と一緒に空気を飲みこむ量が増えて起こる腹部の膨満感が原因と考えられます。

また、近年では歯を噛みしめることも原因のひとつと言われています。

通常リラックスしているときは上下の歯は数ミリ空いているものですが、特に奥歯を噛みしめると舌が上あごに付くため唾液が喉の奥へと流れやすくなり、そのときに一緒に空気を飲みこむことが多くなります。

前かがみの姿勢になると自然にこのような状態となるため、パソコンやスマートフォンの使用時間が長い場合によく起こる症状です。




【喉の違和感】痰や咳、ゲップと病気の関係について

咳や痰が長期間続く場合は、アレルギーではなく病気の可能性もあります。

目安となるのは2週間前後で、これを超える場合に最も考えられるのが「咳ぜんそく」です。

気管支ぜんそくの初期症状と考えられており、そのまま放置しておくと5人に2人の割合で気管支ぜんそくに行こうすると言われています。

元々は花粉やハウスダストなどのアレルギーや風邪がきっかけとなりますが、疲労やストレスが原因の場合もあります。

また、鼻づまりが原因の場合もあり、鼻呼吸ができずに口呼吸になることで喉が乾燥し、その乾いた空気が体内に入ることで鼻や喉が炎症を起こしやすくなります。

痰は病気の原因や前触れになるケースは少ないためあまり心配は要りませんが、喉の違和感から痰を切りすぎて咳払いをすると粘膜を痛めてしまうため、こまめな水分補給で改善することが多くなっています。

ゲップも同様で病が原因でない場合が多いですが、病気の場合は「逆流性食道炎」の可能性が高くなります。

胃液が食道に逆流して食道が炎症を起こした状態で、老化や食事の内容、ストレスなどで胃酸の分泌が促進されることで発症します。

何れの場合も2週間を目安として、改善が見られない場合は早めに専門機関で診察を受けることが大切です。




【喉の違和感】痰や咳、ゲップがでる原因と病気の関係まとめ

・咳や痰が続く原因としては、花粉やハウスダストなどのアレルギーがまず考えられます。
これらのアレルゲンが体内に侵入してアレルギー物質を作るため引き起こされるもので、それらの影響のない場所に移動すると症状は治まります。
花粉は春や秋などの決まった季節に現れることが多く、ハウスダストはその根本となるものを除去しない限り長く症状が続くことがあります。

・ゲップはそのほとんどが食事の際に食べ物と一緒に飲みこんだ空気ですが、食後でなくても続く場合は唾液と一緒に空気を飲みこむ量が増えて起こる腹部の膨満感が原因と考えられます。
また、近年では歯を噛みしめることも原因のひとつと言われています。
通常リラックスしているときは上下の歯は数ミリ空いているものですが、特に奥歯を噛みしめると舌が上あごに付くため唾液が喉の奥へと流れやすくなり、そのときに一緒に空気を飲みこむことが多くなります。
前かがみの姿勢になると自然にこのような状態となるため、パソコンやスマートフォンの使用時間が長い場合によく起こる症状です。

・咳や痰が長期間続く場合は、アレルギーではなく病気の可能性もあります。
目安となるのは2週間前後で、これを超える場合に最も考えられるのが「咳ぜんそく」です。
気管支ぜんそくの初期症状と考えられており、そのまま放置しておくと5人に2人の割合で気管支ぜんそくに行こうすると言われています。
元々は花粉やハウスダストなどのアレルギーや風邪がきっかけとなりますが、疲労やストレスが原因の場合もあります。

・鼻づまりが原因の場合もあり、鼻呼吸ができずに口呼吸になることで喉が乾燥し、その乾いた空気が体内に入ることで鼻や喉が炎症を起こしやすくなります。
痰は病気の原因や前触れになるケースは少ないためあまり心配は要りませんが、喉の違和感から痰を切りすぎて咳払いをすると粘膜を痛めてしまうため、こまめな水分補給で改善することが多くなっています。

・ゲップも同様で病が原因でない場合が多いですが、病気の場合は「逆流性食道炎」の可能性が高くなります。
胃液が食道に逆流して食道が炎症を起こした状態で、老化や食事の内容、ストレスなどで胃酸の分泌が促進されることで発症します。
何れの場合も2週間を目安として、改善が見られない場合は早めに専門機関で診察を受けることが大切です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1929/trackback

PAGE TOP