夏、なぜ暑い、原因と理由と頭痛について

夏、なぜ暑い、原因と理由と頭痛について

夏、暑いのなぜ?メニュー

なぜ、夏は暑いのか?原因と理由について

夏、暑い頭痛する

なぜ、夏は暑いのか?原因と理由、暑い頭痛まとめ

なぜ、夏は暑いのか?原因と理由について

夏はなぜ暑いのかと言うと、
その原因は地球が太陽の周りを回転する公転の軌道に対して、
地球自身が回転している自転の地軸が傾いているからです。
その地軸の傾きによって、
7月から9月にかけては太陽に近づくことになり北半球で夜明けから日没までの時間が長くなり日照時間が長くなり暑くなります。
逆に地軸の傾きによって、
太陽から遠ざかり南半球は夜明けから日没までの時間が短くなり日照時間が短くなり寒くなる訳です。

そして12月から翌年の2月にかけて、
北半球は太陽から遠ざかり日照時間が短くなるので寒くなります。
南半球は太陽に近づき、
日照時間が長くなるため暑くなる訳です。

また日が照っている間も、
地軸の傾きによって日差しに対して地面が正面になる時間帯が多くなり夏の時期は太陽の日差しが真上から差し込みやすくなるので、
日差しが強くなりさらに暑くなります。
冬の時期は地軸の傾きにより日差しに対して地面が正面に来なくなってしまうので斜めからしか日差しが差し込まず、
日差しの強さが弱まってしまうため更に寒くなる訳です。

地軸の傾きは一定で変動することはないので毎年同じ時期に暑くなり、
同じ時期に寒くなります。
1年間は地球が、
ちょうど太陽の周りを1回転する期間に相当するため周期は一定です。

スポンサードリンク


夏、暑い頭痛する

頭痛は、
脳にある血管が広がって引き起こされる血流型の痛みと頭や肩、
首の筋肉が張って硬くなることによって引き起こされる緊張型の痛みがありますが、
夏の暑い時期に起こる頭の痛みは、
どちらにも当てはまるので多少やっかいです。
エアコンで部屋の中を冷やし過ぎてしまうと、
身体の筋肉が縮まり血液の流れが悪くなり、
緊張型の痛みを引き起こしてしまう原因になってしまいます。

その上に、
冷やされた部屋から暑い外に移動すると、
気温の大きな差が生まれ血流型の痛みを引き起こすことがある訳です。
そして、
脳が夏の強烈な日差しで刺激を受け、
これが血流型の痛みを引き起こす原因になる場合もあります。

それ以外にも、
血液が汗をかき水分が足りなくなり血液の流れが悪くなり、
頭痛を引き起こしてしまう場合もあるので注意が必要です。
水分が足りなくなると、
熱中症を起こす可能性も高いので注意する必要があります。

夏に引き起こされる頭痛を抑えるためには、
まずエアコンの利用方法を工夫するのが良い方法です。
設定温度を多少上げて、
直接身体に冷たい風を当てないようにするなど、
冷やし過ぎないようにします。
昼間に外出するときには、
サングラスをかけると目に差し込む光が抑えられるので脳に刺激を与えないことが可能です。

スポンサードリンク


なぜ、夏は暑いのか?原因と理由、暑い頭痛まとめ

・夏はなぜ暑いのかと言うと、その原因は地球が太陽の周りを回転する公転の軌道に対して、地球自身が回転している自転の地軸が傾いているからです。
その地軸の傾きによって、7月から9月にかけては太陽に近づくことになり北半球で夜明けから日没までの時間が長くなり日照時間が長くなり暑くなります。
逆に地軸の傾きによって、太陽から遠ざかり南半球は夜明けから日没までの時間が短くなり日照時間が短くなり寒くなる訳です。
そして12月から翌年の2月にかけて、北半球は太陽から遠ざかり日照時間が短くなるので寒くなります。
南半球は太陽に近づき、日照時間が長くなるため暑くなる訳です。

・頭痛は、脳にある血管が広がって引き起こされる血流型の痛みと頭や肩、首の筋肉が張って硬くなることによって引き起こされる緊張型の痛みがありますが、夏の暑い時期に起こる頭の痛みは、どちらにも当てはまるので多少やっかいです。
エアコンで部屋の中を冷やし過ぎてしまうと、身体の筋肉が縮まり血液の流れが悪くなり、緊張型の痛みを引き起こしてしまう原因になってしまいます。
その上に、冷やされた部屋から暑い外に移動すると、気温の大きな差が生まれ血流型の痛みを引き起こすことがある訳です。
そして、脳が夏の強烈な日差しで刺激を受け、これが血流型の痛みを引き起こす原因になる場合もあります。

・血液が汗をかき水分が足りなくなり血液の流れが悪くなり、頭痛を引き起こしてしまう場合もあるので注意が必要です。
水分が足りなくなると、熱中症を起こす可能性も高いので注意する必要があります。

・夏に引き起こされる頭痛を抑えるためには、まずエアコンの利用方法を工夫するのが良い方法です。
設定温度を多少上げて、直接身体に冷たい風を当てないようにするなど、冷やし過ぎないようにします。
昼間に外出するときには、サングラスをかけると目に差し込む光が抑えられるので脳に刺激を与えないことが可能です。

スポンサードリンク


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1914/trackback

PAGE TOP