6月病とは何か?原因は?対策と予防について調べてみた

6月病とは何か?原因は?対策と予防について調べてみた

6月病って何メニュー

6月病とは何か?原因は?

6月病の原因対策と予防

6月病とは何か?原因は?対策と予防まとめ

6月病とは何か?原因は?

6月に起きる体調不良や心身、精神的に不調によるを総称して、
最近、言われ始めている病気とか・・・

身体がだるいのもその一つです。

5月病というのはよく聞いたことがあると思いますが、
5月には、新生活が始まる4月の春から不慣れなことが多く、
引っ越しや仕事からプライベートなことまでバタバタし、
心身の疲れやゴールデンウィークの長期休暇による遊び、旅行などの
いろんな疲れが5月にでるのが5月病で、たまには休みたくなりますよね~

5月の疲れとゴールデンウィークの疲れが伸び、
6月に現れるのが、6月病なのです。w

6月病の原因としては、5月病と似て、
仕事の変化、だるさや気の滅入り、
イライラ、不安や焦り、めまい、食欲不振など
いろいろあります。

6月はこれといって3連休などもないので、
5月のゴールデンウィークとのギャップから休みたくなるものです。

さらに6月は暑くなってくる季節でもあり、
梅雨入りする季節でもあります。
季節的な節目にあたるかも知れません。

梅雨になると
むしむし、ジメジメなどから
心身乱れ、体調を崩したり、
低気圧や梅雨の影響により、
自律神経の乱れ、頭痛なども発症する可能性もあります。

エアコンによる、寒暖差による自律神経の乱れも注意が必要です。

自律神経が乱れると
便秘や不眠、冷や汗、めまい、動機、不安など
ストレスになることが多く、心身ともダメージが多くなるので
注意が必要です。



6月病の原因対策と予防

6月病にならにための対策の基本としては
睡眠と食事、運動と言われいます。

睡眠は、早寝、早起きが基本、
「早寝、早起きは三文の徳」とも言われ、損得だけでなく、
体のリズムを整えるという効果もあるのです。

特に睡眠不足は、仕事にも影響がでます。
自律神経が乱れ、睡魔、イライラ、不安、焦り、
仕事の人間関係が悪化してしまうなど
ストレスの原因になるのが多いので、睡眠不足には注意しましょう。

次に食事ですね。
食事は、エネルギーの補給だけでなく、脳にも影響します。
エネルギー不足になるとイライラ、不安、焦りにもなってきますし、
仕事のやる気にも影響します。
好きなご飯を食べるだけでもストレス発散になりますし、
活力も湧いてくると思います。

運動は、ストレス発散と自律神経の乱れを整える効果もあるとのこと
ダイエット効果もありますし、一石二鳥、いや三鳥、いや四鳥、いや五鳥
になる可能性もあります。

運動することにより、血のめぐりもよくなり、
体力もつきます。体力がつくと疲れにくくなるので、
運動は効果バツグンだと思います。

そのほかにも、自分のテンションの上がることをするのもいいでしょう。
好きな音楽をきいたり、好きなアニメや映画、テレビを見たり、
ゲームをしたり、自分の好きなことをして楽しみましょう。

周りに合わせると逆に疲れやすくなるので、
そういったときは、断りましょう。
断る勇気も大事ですよ。

体調がすぐれない人や長引く方はお医者さんに相談されるのが一番です。
不安な気持ちは溜めこまず、相談することで
気持ち的にも精神的にも安心、スッキリすることでしょう。

薬なども処方してもらえる可能性もあるので、
お医者さんに相談することも大事だと言えます。

6月病とは何か?原因は?対策と予防まとめ

・6月病とは6月に起きる体調不良や心身、精神的に不調によるを総称して、
最近、言われ始めている病気とか・・・
5月の疲れとゴールデンウィークの疲れが伸び、6月に現れるのが、6月病なのです。w
6月病の原因としては、5月病と似て、仕事の変化、だるさや気の滅入り、イライラ、不安や焦り、めまい、食欲不振などいろいろあります。
6月はこれといって3連休などもないので、5月のゴールデンウィークとのギャップから休みたくなるものです。

・6月は暑くなってくる季節でもあり、梅雨入りする季節でもあります。
季節的な節目にあたるかも知れません。
梅雨になるとむしむし、ジメジメなどから心身乱れ、体調を崩したり、低気圧や梅雨の影響により、自律神経の乱れ、頭痛なども発症する可能性もあります。
自律神経が乱れると便秘や不眠、冷や汗、めまい、動機、不安などストレスになることが多く、心身ともダメージが多くなるので注意が必要です。
エアコンによる、寒暖差による自律神経の乱れも注意が必要です。

・6月病にならにための対策の基本としては睡眠と食事、運動と言われいます。

・睡眠は、早寝、早起きが基本、「早寝、早起きは三文の徳」とも言われ、損得だけでなく、体のリズムを整えるという効果もあるのです。
特に睡眠不足は、仕事にも影響がでます。
自律神経が乱れ、睡魔、イライラ、不安、焦り、仕事の人間関係が悪化してしまうなど、ストレスの原因になるのが多いので、睡眠不足には注意しましょう。

・食事は、エネルギーの補給だけでなく、脳にも影響します。
エネルギー不足になるとイライラ、不安、焦りにもなってきますし、仕事のやる気にも影響します。
好きなご飯を食べるだけでもストレス発散になりますし、活力も湧いてくると思います。

・運動は、ストレス発散と自律神経の乱れを整える効果もあるとのことダイエット効果もありますし、一石二鳥、いや三鳥、いや四鳥、いや五鳥、になる可能性もあります。
運動することにより、血のめぐりもよくなり、体力もつきます。体力がつくと疲れにくくなるので、運動は効果バツグンだと思います。

・自分のテンションの上がることをするのもいいでしょう。
好きな音楽をきいたり、好きなアニメや映画、テレビを見たり、ゲームをしたり、自分の好きなことをして楽しみましょう。
周りに合わせると逆に疲れやすくなるので、そういったときは、断りましょう。
断る勇気も大事ですよ。

・体調がすぐれない人や長引く方はお医者さんに相談されるのが一番です。
不安な気持ちは溜めこまず、相談することで気持ち的にも精神的にも安心、スッキリすることでしょう。
薬なども処方してもらえる可能性もあるので、お医者さんに相談することも大事だと言えます。



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1870/trackback

PAGE TOP