花粉症、アレルギー検査は何科がいいのか?検査の料金まとめ

花粉症、アレルギー検査は何科がいいのか?検査の料金まとめ

花粉症、アレルギー検査メニュー

花粉症、アレルギー検査は何科を受診すればいいの?

花粉症、アレルギー検査の料金について

花粉症、アレルギー検査は何科を受診、料金まとめ

花粉症、アレルギー検査は何科を受診すればいいの?

春を迎えると鼻水の分泌量が増えてしまう方は花粉症もしくはアレルギーのどちらが原因であるのかが不明瞭であるため、耳鼻科もしくは耳鼻咽喉科を受診し医師の診断を受けると最適な処置と薬剤が得られます。

アレルギーの検査のみを考えた場合は内科や皮膚科、眼科も選択肢に入るものの花粉症自体がアレルギー性鼻炎である事例が多く、検査後に花粉が原因であると診断が下された際には花粉に特化した診察が再度行われ、薬剤が処方されるという様子になります。


そのため、花粉の時期に鼻水の分泌量が増えたり涙が止まらなくなり何科を受診すべきか判断できない時は、当初から耳鼻科もしくは耳鼻咽喉科を受診すると円滑です。

そして、医療機関を受診した際には血液検査もしくは皮膚テストのどちらかの方法で診察が進められていき血液を対象にした診察ではRISTとRAST、MASTの3つに分類されており皮膚テストもスクラッチテストとパッチテスト、皮内テストの3つに分類されています。

血液を用いた確認では体内に存在している物質の中で症状を発症させる原因物質を見つけ出す事が可能であり、院内に設備が備わっていれば1時間で結果を知る事が可能です。

一方、皮膚テストでは皮膚のごく一部を採取し皮膚に存在しているアレルゲンにエキスを吸い込ませ、反応を見せた物質が原因物質であるという方法で特定します。

スポンサードリンク


花粉症、アレルギー検査の料金について

医療機関で検査を受ける際は受診時の症状により保険の適用もしくは適用外が決められ、現時点で花粉症を発症していて症状が見られる事例では保険適用条件内となり、発症していないもののアレルギーに反応する体質であるのか知りたいという事例では保険適用外となります。

行われる方法が血液を用いた方法もしくは皮膚テストの2つに分けられるため各々で検査料金にも差異があり、血液を用いた方法では13の項目に分けられた診察を受けた場合1万4300円となり、保険適用条件内であれば3割分の負担で4290円です。

一方、皮膚テストは行われる診察項目の1つずつに保険適用条件内の3割負担をした上での金額である420円が追加されていきます。


そして、皮膚テストでは口腔アレルギーの検査を行う際に食べ物を口にし、医師が反応を見て診断を下すという項目があり、料金の中に診察に要する食べ物の費用も含まれているのですが、前もって自分自身で食べ物を用意しておくと1項目が160円になります。

こうした料金に合わせて訪れた医療機関により定められている診察料が加算され、診察が行われた結果医師の判断により再診料を受ける必要があると判断された時には、合わせて再診料も支払います。

花粉症、アレルギー検査は何科を受診、料金まとめ

・花粉症もしくはアレルギーのどちらが原因であるのかが不明瞭であるため、耳鼻科もしくは耳鼻咽喉科を受診し医師の診断を受けると最適な処置と薬剤が得られます。

・アレルギーの検査のみを考えた場合は内科や皮膚科、眼科も選択肢に入るものの花粉症自体がアレルギー性鼻炎である事例が多く、検査後に花粉が原因であると診断が下された際には花粉に特化した診察が再度行われ、薬剤が処方されるという様子になります。


・花粉の時期に鼻水の分泌量が増えたり涙が止まらなくなり何科を受診すべきか判断できない時は、当初から耳鼻科もしくは耳鼻咽喉科を受診すると円滑です。

・医療機関で検査を受ける際は受診時の症状により保険の適用もしくは適用外が決められ、現時点で花粉症を発症していて症状が見られる事例では保険適用条件内となり、発症していないもののアレルギーに反応する体質であるのか知りたいという事例では保険適用外となります。
行われる方法が血液を用いた方法もしくは皮膚テストの2つに分けられるため各々で検査料金にも差異があり、血液を用いた方法では13の項目に分けられた診察を受けた場合1万4300円となり、保険適用条件内であれば3割分の負担で4290円です。


・皮膚テストは行われる診察項目の1つずつに保険適用条件内の3割負担をした上での金額である420円が追加されていきます。
皮膚テストでは口腔アレルギーの検査を行う際に食べ物を口にし、医師が反応を見て診断を下すという項目があり、料金の中に診察に要する食べ物の費用も含まれているのですが、前もって自分自身で食べ物を用意しておくと1項目が160円になります。

こうした料金に合わせて訪れた医療機関により定められている診察料が加算され、診察が行われた結果医師の判断により再診料を受ける必要があると判断された時には、合わせて再診料も支払います。

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1854/trackback

PAGE TOP