花粉症、遺伝するって本当、確率、遺伝子について

花粉症、遺伝するって本当、確率、遺伝子について

花粉症、遺伝メニュー

花粉症は遺伝するのか?遺伝子について

花粉症、遺伝する確率について

花粉症、遺伝、遺伝子、確率まとめ

花粉症は遺伝するのか?遺伝子について

花粉症は生活環境や住環境で発症しますが、
実は遺伝的な要因も無視できない要素だといえます。

正確には、
花粉症の最大要因にあたるアレルギー体質の遺伝で、
遺伝子にこの要素があれば発症しやすくなります。

つまり、
家族に花粉症を患っている人がいれば、
その子供も遺伝する可能性があるというわけです。

ただ、
共通の遺伝子があっても親子間で症状が出たり出なかったりするケースもあるので、
必ず発症するとは断言できないです。

遺伝子はあくまでも要因の1つと考え、
他の要因にも気をつけて生活することが大切だと考えられます。

勿論、
今は大丈夫でも将来的に発症する可能性はありますから、
早い内に検査を受けてリスクを調べておくのも良いでしょう。

親子で体質が似ていても、
アレルギーの原因物質や症状は違ったりするので、
医療機関で検査をすることは有用です。

小さな子供は特に、
花粉に触れる機会が多いと将来的に発症しやすくなりますから、
なるべく遠ざけたり触れさせないようにすることが大切です。

親子間に体質の引き継ぎがなくても、
同じような環境で一緒に生活しているとやはり発症のリスクが高まるので、
生活環境の見直し改善をしていくことが大切だと思われます。

スポンサードリンク


花粉症、遺伝する確率について

花粉症はアレルギー体質によるものなので、
親子のアレルギー体質によって遺伝する確率が決まります。

遺伝にはアトピーや喘息など様々ありますが、
遺伝する確率はほぼ決まっているといえるでしょう。

花粉症だけではないものの、
一般的には片親がアレルギー体質だと約40%、
両親がアレルギー体質なら60%の確率です。

両親共にアレルギーを持っていない場合、
アレルギーの発症率は20%となります。

このように、
花粉症は両親がアレルギー体質か否かによって、かなり本人の発症率が違ってきます。

要因の1つだといっても、
数字で比較してみると結構な違いですから、
改めて両親にアレルギー体質がないかチェックしてみることをおすすめします。

両親が共に発症している場合は、
半分以上の割合で子供も同様の症状に罹患する可能性があります。

片親のみなら半分以下にまで低下しますが、
それでも半分近いリスクを抱えることになるのは確かです。

どちらもアレルギー症状を持っていなくても、
20%のリスクは持つことになりますから、
油断しないように気をつけたいところです。

生活環境と住空間やストレスも関わってくるので、
リスクの引き金を引かない生活を心掛けることが肝心です。

花粉症、遺伝、遺伝子、確率まとめ

・花粉症は生活環境や住環境で発症しますが、
実は遺伝的な要因も無視できない要素だといえます。

正確には、花粉症の最大要因にあたるアレルギー体質の遺伝で、遺伝子にこの要素があれば発症しやすくなります。
つまり、家族に花粉症を患っている人がいれば、その子供も遺伝する可能性があるというわけです。ただ、共通の遺伝子があっても親子間で症状が出たり出なかったりするケースもあるので、必ず発症するとは断言できないです。
遺伝子はあくまでも要因の1つと考え、他の要因にも気をつけて生活することが大切だと考えられます。

・花粉症はアレルギー体質によるものなので、
親子のアレルギー体質によって遺伝する確率が決まります。
遺伝にはアトピーや喘息など様々ありますが、遺伝する確率はほぼ決まっているといえるでしょう。
花粉症だけではないものの、一般的には片親がアレルギー体質だと約40%、両親がアレルギー体質なら60%の確率です。
両親共にアレルギーを持っていない場合、アレルギーの発症率は20%となります。
要因の1つだといっても、数字で比較してみると結構な違いですから、改めて両親にアレルギー体質がないかチェックしてみることをおすすめします。
両親が共に発症している場合は、半分以上の割合で子供も同様の症状に罹患する可能性があります。
片親のみなら半分以下にまで低下しますが、それでも半分近いリスクを抱えることになるのは確かです。
どちらもアレルギー症状を持っていなくても、20%のリスクは持つことになりますから、油断しないように気をつけたいところです。

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1828/trackback

PAGE TOP