咳喘息症状チェック、気になる咳に注意

咳喘息症状チェックメニュー

咳喘息症状チェック1

咳喘息症状チェック2

咳喘息症状チェックまとめ

咳喘息症状チェック1

気管支が狭くなってしまう喘息は、アレルギー性の炎症を原因とする病気で、慢性的な炎症が辛い症状を長引かせます。

大人になってからの喘息は増加傾向にあって、30年の間で約3倍も患者数が増えているペースです。

痰が出て余計に気管支が狭くなり、呼吸困難になるのが喘息ですが、近年は咳に留まる咳喘息も増えています。

チェックポイントとしては、息苦しさや咳き込むことが多くなったり、呼吸時に喉から音が出る点が挙げられます。

また、夜になると症状が現れやすい、あるいは朝に咳が出るといった点も要注意です。

走ったり運動した後に普段よりも息苦しいようであれば、咳喘息の疑いはより強くなるでしょう。

夜間から朝に掛けて症状が辛くなる、季節の変わり目や気温の変化で出方が変わる、これらも咳喘息のチェックポイントの1つです。

疲れている時や風邪気味の時に咳が強くなるのも、気をつけた方が良いチェック項目となります。

他にも、タバコやお線香の煙、もしくは強い臭気を吸い込んだ時に咳き込む場合も注意することをおすすめします。

このように、喘息といっても現れる切っ掛けは様々で、人によっては出方が弱かったり、逆に複数の辛さに悩まされるケースもあります。

スポンサードリンク


咳喘息症状チェック2

咳喘息の症状は痰が絡まない場合が多く、このタイプでは咳だけが出続けることが少なくないです。

風邪が治ったはずなのに咳だけが残る、しかも数週間と長期にわたるようなら咳喘息が疑われます。

チェックに役立つ項目は外部からの刺激で、タバコなどの煙だけでなく、ハウスダストやダニの多い部屋においても咳症状が強く出るか否かがポイントとなります。

寒い屋外から暖かい室内に入った時、反対に屋外に出た時の温度差で長い咳が出る人も疑いが濃厚です。

更に、ストレスで症状が強くなるのも咳喘息の特徴ですから、この点もチェックした方が良いでしょう。

長引く咳は2週間から3週間続く傾向で、風邪を引いた時に併発するケースが大半です。

割合は男性よりも女性が多めですから、そこも踏まえてチェックするのがおすすめです。

何度も繰り返しやすいのも特徴なので、一度治まっても再発するのであれば、速やかに医療機関を受診するのが賢明な判断となります。

慢性的な咳の内、日本では3割以上の人が喘息に原因があるとされ、誰もが気がつかずに発症している可能性があります。

呼吸器科や耳鼻咽喉科に、アレルギー科でも診察してもらえますから、気になる心当たりがあるなら要相談です。

咳喘息症状チェックまとめ

・気管支が狭くなってしまう喘息は、アレルギー性の炎症を原因とする病気で、慢性的な炎症が辛い症状を長引かせます。
大人になってからの喘息は増加傾向にあって、30年の間で約3倍も患者数が増えているペースです。
痰が出て余計に気管支が狭くなり、呼吸困難になるのが喘息ですが、近年は咳に留まる咳喘息も増えています。

・チェックポイントとしては、息苦しさや咳き込むことが多くなったり、呼吸時に喉から音が出る点が挙げられます。
また、夜になると症状が現れやすい、あるいは朝に咳が出るといった点も要注意です。
走ったり運動した後に普段よりも息苦しいようであれば、咳喘息の疑いはより強くなるでしょう。

・夜間から朝に掛けて症状が辛くなる、季節の変わり目や気温の変化で出方が変わる、これらも咳喘息のチェックポイントの1つです。
疲れている時や風邪気味の時に咳が強くなるのも、気をつけた方が良いチェック項目となります。
・咳喘息の症状は痰が絡まない場合が多く、このタイプでは咳だけが出続けることが少なくないです。

・チェックに役立つ項目は外部からの刺激で、タバコなどの煙だけでなく、ハウスダストやダニの多い部屋においても咳症状が強く出るか否かがポイントとなります。
寒い屋外から暖かい室内に入った時、反対に屋外に出た時の温度差で長い咳が出る人も疑いが濃厚です。
更に、ストレスで症状が強くなるのも咳喘息の特徴ですから、この点もチェックした方が良いでしょう。

・割合は男性よりも女性が多めですから、そこも踏まえてチェックするのがおすすめです。
何度も繰り返しやすいのも特徴なので、一度治まっても再発するのであれば、速やかに医療機関を受診するのが賢明な判断となります。

・呼吸器科や耳鼻咽喉科に、アレルギー科でも診察してもらえますから、気になる心当たりがあるなら要相談です。

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1726/trackback

PAGE TOP