乾燥かゆみ、ぶつぶつの原因と対策まとめ

乾燥かゆみメニュー

乾燥かゆみの原因と対策について

乾燥かゆみ、ぶつぶつの原因と対策について

乾燥かゆみ、ぶつぶつの原因と対策まとめ

乾燥かゆみの原因と対策について

冬になると湿度が下がり乾燥しやすくなるので、肌の乾燥かゆみが発生しがちです。

その原因は水分で、肌から水分が失われ潤いが減ってしまい、表面を守るバリアーが薄くなってしまうからです。

結果として傷付きやすくなったり、外部からの刺激でかゆみが引き起こされるわけです。

かゆみは掻くことで収まりますが、爪で肌を傷付けてしまいますから、傷ができて悪循環に陥ります。

しかも、無意識の内に掻いてしまうこともあるので、冬の時期は中々症状が収まりにくいものです。

対策方法の基本は保湿で、水分が失われやすい入浴後や、お休み前にクリームなどを使用するのが有効です。

ムラがあるとそこから水分の蒸発を許しますから、乾燥しやすい部分を中心に、満遍なく塗って肌を守ることが大切です。

対策は他にも、余計な傷を増やさないようにゴシゴシ洗いを避けたり、水分を奪うアルコールを含む化粧品は使わない点です。

原因を遠ざける対策を行えば、次第に失われる肌の水分量は減って、刺激に弱い状況も落ち着く結果に至ります。

どうしても掻くことを止められない場合は、抗ヒスタミンを含む保湿剤に切り替えて、肌のケアを行うようにするのが1つの手です。

食事の偏りや熱いお湯の入浴も良くありませんから、これらも必要に応じて見直しましょう。

スポンサードリンク


乾燥かゆみ、ぶつぶつの原因と対策について

乾燥でかゆみが生じ、更にぶつぶつが発生する場合は、乾燥性の湿疹が疑われます。

原因は勿論水分不足で、肌の表面に細かなシワが生じると、表面積が増えてもっと水分が失われる悪循環に進みます。

皮脂欠乏性とも呼ばれることからも分かるように、水分とそれを守る皮脂が不足する結果、乾燥が起こりかゆみやぶつぶつに発展します。

部位は摩擦が起こりやすい背中や腰に、スネの周りにも起こることがあります。

対策は体の洗い過ぎを防ぎ、ゴシゴシと洗う習慣は避けるようにするのが原則です。

加えて、かゆみが強い時は抗ヒスタミンの保湿剤を使い、炎症が生じているならステロイドも検討する必要があります。

加齢が進むと肌の保湿力が低下しますから、ある程度は自然に発生しても仕方がないといえるでしょう。

しかし、原因を取り除けば改善に導けるので、複数の対策に並行して取り組むことをおすすめします。

入浴は体温を上げ、肌の水分が損なわれてしまいますから、ぬるめかつ短時間を心掛けるのが理想的です。

部屋の湿度が低いなら加湿器を使い、60%前後に保つことが症状の改善に繋がります。

また、化繊の衣類は繊維が強く、摩擦によって水分を奪ってしまうので、綿タイプに切り替えるだけでも違ってきます。

木綿製の衣類を1枚肌着として身につければ、肌を摩擦から守る相乗的な対策になります。

・冬になると湿度が下がり乾燥しやすくなるので、肌の乾燥かゆみが発生しがちです。
その原因は水分で、肌から水分が失われ潤いが減ってしまい、表面を守るバリアーが薄くなってしまうからです。
結果として傷付きやすくなったり、外部からの刺激でかゆみが引き起こされるわけです
かゆみは掻くことで収まりますが、爪で肌を傷付けてしまいますから、傷ができて悪循環に陥ります。

・対策方法の基本は保湿で、水分が失われやすい入浴後や、お休み前にクリームなどを使用するのが有効です。
ムラがあるとそこから水分の蒸発を許しますから、乾燥しやすい部分を中心に、満遍なく塗って肌を守ることが大切です。

・どうしても掻くことを止められない場合は、抗ヒスタミンを含む保湿剤に切り替えて、肌のケアを行うようにするのが1つの手です。

・乾燥でかゆみが生じ、更にぶつぶつが発生する場合は、乾燥性の湿疹が疑われます。
原因は勿論水分不足で、肌の表面に細かなシワが生じると、表面積が増えてもっと水分が失われる悪循環に進みます。

・皮脂欠乏性とも呼ばれることからも分かるように、水分とそれを守る皮脂が不足する結果、乾燥が起こりかゆみやぶつぶつに発展します。
部位は摩擦が起こりやすい背中や腰に、スネの周りにも起こることがあります。

・かゆみが強い時は抗ヒスタミンの保湿剤を使い、炎症が生じているならステロイドも検討する必要があります。
加齢が進むと肌の保湿力が低下しますから、ある程度は自然に発生しても仕方がないといえるでしょう。

・入浴は体温を上げ、肌の水分が損なわれてしまいますから、ぬるめかつ短時間を心掛けるのが理想的です。
部屋の湿度が低いなら加湿器を使い、60%前後に保つことが症状の改善に繋がります。
また、化繊の衣類は繊維が強く、摩擦によって水分を奪ってしまうので、綿タイプに切り替えるだけでも違ってきます。
木綿製の衣類を1枚肌着として身につければ、肌を摩擦から守る相乗的な対策になります。

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1722/trackback

PAGE TOP