窃盗症とは何か?なる人の特徴と原因、原裕美子女子マラソン代表

窃盗症の原因、特徴メニュー

窃盗症とは何か?

窃盗症になる人の特徴とは

窃盗症になる原因とは

窃盗症になる人の特徴と原因まとめ

窃盗症とは何か?

窃盗症とは別名クレプトマニアと呼ばれ、金銭的な利益を求めるわけではなく、窃盗そのものを目的とする精神障害のことです。

病的窃盗という言い方をすることからも分かるように、病的な衝動に基づいて犯罪行為をするのが特徴です。

一般的に窃盗といえば、経済的困窮などを理由に物やお金を盗るイメージがあります。

しかし、窃盗症には全くそういう動機や理由がなく、純粋に物などを盗んでしまうのが大きな違いとなっています。

勿論、一切切っ掛けがないわけではなく、見付からないようにするスリルや興奮など、緊張感を味わうケースが多いです。

更に一度窃盗に成功すると、再び同じ気持ちが味わいたくなり、反復的に再犯を繰り返す場合が少なくないです。

その為、窃盗症を患う人は複数の犯罪を犯している割合が高く、見付からなければ長期にわたって続けてしまう傾向にあるといえます。

現場で見付からないように行動する緊張感と、その場を離れた開放感が引き金となりますから、盗る物の金額や重要性は低く、高額品でも捨ててしまうことは珍しくないです。

ただ、ついでに欲しい物を手に入れるつもりで、その商品を狙うケースはあります。

自分自身で衝動を抑えることが難しく、エスカレートしやすい特徴を併せ持っているので、捕まるまで辞められないのがこの症状の問題点です。

また心理的な要因が原因に変わるので、回復には精神面の医療的なケアが必要となります。

 

スポンサードリンク


窃盗症になる人の特徴とは

窃盗症は誰もがなるわけではありませんし、窃盗犯だからといって病気とも限らないです。

いわゆる病的な盗み癖を発症する人は、統計的に男性よりも女性の割合が圧倒的で、摂食障害を抱えている人に多いのが特徴です。

過食症や拒食症などの摂食障害は、ストレスや不安定な精神と関連しているので、窃盗症も同様に精神状態が不安定な人が陥りやすい傾向です。

摂食障害もまた男女比の割合が1対10から20と、女性の方が発症しやすいことが分かっています。

注目に値するのは、摂食障害の約7割の人が窃盗症を発症しており、ストレスなどの原因との関連性が疑われることです。

家庭環境においては、家族と間でトラブルを抱えており、心の中の不安や苛立ちが大きくなっているケースも当てはまります。

過去に一度発症している人は、再発しやすく繰り返しやすいので再犯率が高めです。

元々器質的に責任を感じやすかったり、言いたいことを言えずに我慢するなど、1人で抱え込むタイプの人にリスクがあります。

完成した性格が簡単には変えられないように、器質的な部分もほぼ一生変わらないので、こういう条件が揃えば誰が発症してもおかしくないです。

何か熱中できる趣味を持っていない人も要注意で、自分のことより他人を優先する場合も、気持ちが満たされているか客観視する必要があるでしょう。

 

スポンサードリンク


窃盗症になる原因とは

窃盗症の主な原因は多大なストレスで、解消できない気持ちが大きく膨れ上がると、発散の為に窃盗に手を出す結果となります。

根本的に上手なストレスの発散が難しい人は、ストレスが溜まる度に窃盗を繰り返す、そういった行動パターンが出来上がってしまいます。

趣味があれば日常が忘れられますし、仲間とワイワイ楽しむことも可能なので、ストレスを溜め込まずに済みます。

その点、何かと1人で過ごすことが多かったり話し相手がいなければ、全てを1人で抱え込むので窃盗症発症のリスクが高まるわけです。

逆に依存体質の人も、上手く依存できないことを切っ掛けとして、窃盗に手を出してしまうパターンがあります。

不安から意識をそらしたり、寂しさで空いた穴を埋めるなど、窃盗症は窃盗をこれらの目的で行います。

最初は抵抗感があるので簡単には手を出しませんが、魔が差すと衝動的に窃盗を働いてしまい、その結果常習的な窃盗に手を染めます。

当然ながら、直ぐに常習化するわけではないものの、最初と同じような心理状態で2回3回と繰り返せば、次第に抵抗感が薄れて日常的の行動の1つに変わります。

原因は勿論人によって違いますし、条件に当てはまれば発症するというものでもないです。

ところがリスクが高まるのは間違いないので、ストレスを上手く解消できない人は注意したり、相談相手を見付けて話をするのが得策です。

窃盗症とは?原因、特徴まとめ

・窃盗症とは別名クレプトマニアと呼ばれ、金銭的な利益を求めるわけではなく、窃盗そのものを目的とする精神障害のことです。

・窃盗症を患う人は複数の犯罪を犯している割合が高く、見付からなければ長期にわたって続けてしまう傾向にあるといえます。
現場で見付からないように行動する緊張感と、その場を離れた開放感が引き金となりますから、盗る物の金額や重要性は低く、高額品でも捨ててしまうことは珍しくないです。
ただ、ついでに欲しい物を手に入れるつもりで、その商品を狙うケースはあります。

・自分自身で衝動を抑えることが難しく、エスカレートしやすい特徴を併せ持っているので、捕まるまで辞められないのがこの症状の問題点です。また心理的な要因が原因に変わるので、回復には精神面の医療的なケアが必要となります。

 

・いわゆる病的な盗み癖を発症する人は、統計的に男性よりも女性の割合が圧倒的で、摂食障害を抱えている人に多いのが特徴です。
過食症や拒食症などの摂食障害は、ストレスや不安定な精神と関連しているので、窃盗症も同様に精神状態が不安定な人が陥りやすい傾向です。

・注目に値するのは、摂食障害の約7割の人が窃盗症を発症しており、ストレスなどの原因との関連性が疑われることです。
家庭環境においては、家族と間でトラブルを抱えており、心の中の不安や苛立ちが大きくなっているケースも当てはまります。
過去に一度発症している人は、再発しやすく繰り返しやすいので再犯率が高めです。

・過去に一度発症している人は、再発しやすく繰り返しやすいので再犯率が高めです。
元々器質的に責任を感じやすかったり、言いたいことを言えずに我慢するなど、1人で抱え込むタイプの人にリスクがあります。

・完成した性格が簡単には変えられないように、器質的な部分もほぼ一生変わらないので、こういう条件が揃えば誰が発症してもおかしくないです。
何か熱中できる趣味を持っていない人も要注意で、自分のことより他人を優先する場合も、気持ちが満たされているか客観視する必要があるでしょう。

 

・窃盗症の主な原因は多大なストレスで、解消できない気持ちが大きく膨れ上がると、発散の為に窃盗に手を出す結果となります。
根本的に上手なストレスの発散が難しい人は、ストレスが溜まる度に窃盗を繰り返す、そういった行動パターンが出来上がってしまいます。

・何かと1人で過ごすことが多かったり話し相手がいなければ、全てを1人で抱え込むので窃盗症発症のリスクが高まるわけです。
逆に依存体質の人も、上手く依存できないことを切っ掛けとして、窃盗に手を出してしまうパターンがあります。
不安から意識をそらしたり、寂しさで空いた穴を埋めるなど、窃盗症は窃盗をこれらの目的で行います。

・最初は抵抗感があるので簡単には手を出しませんが、魔が差すと衝動的に窃盗を働いてしまい、その結果常習的な窃盗に手を染めます。
当然ながら、直ぐに常習化するわけではないものの、最初と同じような心理状態で2回3回と繰り返せば、次第に抵抗感が薄れて日常的の行動の1つに変わります。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1708/trackback

PAGE TOP